ダイアリー 2013年11月

過去

2013年11月30日 

草津にて「不思議ボール」公演

今日は、会館の方の発案で後半プログラムに大道芸人の丸ちぇろさんとご一緒した。普段はマネージャーの誰か、とか、会館の誰かにしてもらう音の動きを見せるためのアクティビティを、丸ちぇろさんにしていただく。さすが大道芸人さん!使う道具も違います!
楽しい公演になりました!

大道芸をしてくれた丸ちぇろさん

オリジナルのペットボトル

2013年11月29日 

山梨甲府にてエンジンゼロワン公演、その後滋賀の草津へ移動

今日の総移動時間!七時間!
まずは甲府まで。こちらでは今日からエンジンゼロワン、文化戦略会議のそうそうたるメンバーの講座などが行われる。そのオープニングコンサートに出演させていただいた。クラシック、ボピュラー、演歌、宝塚などなど、幅広く凄いコンサート。それが500円で聴ける。
甲府へ向かう列車はこの日、100人単位の文化人、経済界の方、などなどでいっぱいだったことと思う。甲府駅には、事務局受付も出来、手厚いケアが。そういえば、この山梨甲府のコラニーホールへはまた二月にくるのでした。
私はコンサートド頭で弾かせていただき、そのまま、今度は、甲府から塩尻経由名古屋経由京都経由で滋賀の草津入り。
途中塩尻乗り換えでは、雪もちらつき、寒い寒い。そういえばここ塩尻へは12月に来るのでした。防寒ちゃんとしなくてはと予習しました。
そして草津に着いたのは12時半近く。何とも充実した?移動でした。

2013年11月28日 

ショパン取材、その後桐朋学園オーケストラとリハーサル

今日は雑誌ショパンの取材。良い耳とは、いい音とは!という難しいクエスチョン。
思うところいろいろお話させていただいた。
その後、桐朋にてリハーサル。学生オケって、青春ですね。若いってイイなあ。学生時代、自分が先生になって学校へ戻るなんて全く想像しなかったものでした。感慨深いです。

2013年11月27日 

チェンバロ到着!その後桐朋学園オーケストラとリハーサル

今度はチェンバロがうちに入りました。これは、購入したものではなく、お借りしたものなのですが。
みていると、欲しくなってしまう、、。ヤバイ!ことです。
来年の七月のソニー財団主催の公演のためこれから練習します。また通奏低音も学ぶつもり。
音楽の道は深いです。
そして夜には桐朋にて桐朋オケとのリハ。12月1日公演のため。指揮は沼尻竜典さん。
学生オケとの練習なので、時間もたっぷりかけてのリハーサル。

入りました、今度はチェンバロが!

中もこんなに綺麗

鍵盤周りも素敵!

2013年11月26日 

アクトシティ浜松で、リサイタル

遠州鉄道、遠鉄ストア、遠鉄百貨店、それぞれの周年記念公演。
昼の部は関係者のための公演。夜の部は、応募してくださった方々のための公演。
応募は何と!7000以上だったとか。そのなかの500名の方が当選.それぞれお知り合いをご一緒にどうぞ、 という公演ということだそう。たくさんのご応募、ありがたいことです。
地元、ふるさと!浜松は特別です。

主催者育成セミナー修了生の皆さん、遠鉄グループの皆さまと

2013年11月24日 

【今日のクレア】楽チンあご!

あごが楽ってー夢見ることーねー!

脱力顏

でも!これが本当のわ.た.し!よ。

2013年11月23日 

岩沼にて川井郁子さんとコンサート

三枝成彰さんプロデュースの公演。岩沼は宮城県。仙台空港の一部も岩沼市。震災被害の大きかったところ。でも、なぜか、他の市や町に比べて、岩沼という名前を聞く機会が少なかったような気もする、、のは私だけかしら?周知されたり報道で大きく取り上げられた地域とそうでないところへの認識の差、援助の差というのは大きいのではないだろうか?
今日は興味深い三枝さんのお話しもあり、充実したコンサートとなった。

2013年11月22日 

七ヶ浜汐見小学校にてアウトリーチ

今日は三クラス。
三日目となり、ワークショップも向上を目指し、ファシリテーターのみなさんと今日も頑張り。
その上、今日は七ヶ浜国際村ホールスタッフの鈴木さんがジャンベなど、パーカッションで参加くださり、ノリノリのリズム。生徒さんたちのテンションも上がるというもの!充実した一日となりました!

ワークショップファシリテーターをしてくれた櫻井しおりさん、千田陽子さん、伊丹学君と!みんな、GOODなファシリテーターです!

2013年11月21日 

七ヶ浜松が浜小学校にてアウトリーチ

今日は松が浜小学校。昨日、今日と学校の先生方にお話を伺うと、昨年から一年たって、子供さんたちはずいぶん元気になっている感じもあるが、実は、復興過程での生活環境格差があって、格差というのは、落ち着いてきているかとか、まだ不安定な状況か、とか、そんな違いなども含めて、で、ちよっとした意地悪なとが増えてきてもいるそうだ。
先生方のお話しでも、元気になってますよ!という方や、まだまだいろいろ大変です、という方、とても厳しくいらっしゃる方、頑張っていらっしゃる方、様々。生徒さんたちも様々な状況にいるとおもうけれど、先生方も様々な状況にいらっしゃる。震災の時には、避難してきた方達の対応で先生方は自分の家族のところへも帰ることもできず、学校にいらしたそう。
二年半たっていても、もどかしく苦しい二年半なのだと思うのです。

2013年11月20日 

七ヶ浜亦楽小学校にてアウトリーチ、ワークショップ。夜にはセブンはまーずピアニストコンサート

朝は早よから、七ヶ浜町の小学校にて鑑賞プログラムと、ワークショップ。
今年は言葉と音楽に重点をおいたプログラムを作ってみた。今回はクラシック事業協会で公募したファシリテーターさんたちも参加。もちろん、いつもアシスタントしてくれる白井さんや、最近メキメキこのフィールドで頑張っている櫻井さん、そして、仙台出身の桐朋卒業生の千田さんや、七ヶ浜出身で東京音大卒業の伊丹君、また、多賀城の多賀の城文化協会の佐藤さん、堀田さん鈴木さんなど、みなさんのお力をいただいての実施。これらのレポートを作成してくださる鈴木先生もご一緒。七ヶ浜ブロジェクトは、六年という長いプロジェクトなので、これからどのように変わったいくかなど、課題も多い。
そして、夜には国際村ホールにて、地元のピアノを習っている方たちの発表会、またまた舞台で私はワンポイントアドバイスと司会、そして、櫻井、千田、伊丹、の三名も演奏!そして最後に私も演奏!みんなでピアノを中心に盛り上がって楽しむという会!

セブンはまーずピアニスト!!

2013年11月19日 

宮城入り

娘の中学時代のクラスのお母様方と先生とのお食事会の幹事のため、その打ち合わせをし、タクシーで東京駅へ。東北入りのため新幹線に乗るのだ。ところが、日比谷公園手前から大渋滞、なかなか前へ進まない。ノロノロ進み、今日はどうしてなんだ!とヤキモキしていると、ピピっと、明治生命の角で通行止め!そんな殺生な!と思ったら、私のタクシーの前を優雅な馬車行列が!そう、ケネディ大使の馬車。角のところからたった二台目となった私のところからは、馬車の中までよーく見え、ケネディさんもしっかり見て、特等席での見物と相成ったのでした。見れば沿道には鈴なりの人々!この方たちは、ずいぶん前から場所取りしていらしたに違いない。ところが私は、運良く、ちょうど信号のところで、曲がる直前でストップ。狙っても叶わないベストポジションだったのだと、後から納得。しかし、その時は新幹線に遅れそうでヒヤヒヤドキドキ。そう、遅れたのです。でも、優しい車掌さんが、次のでも、自由席ではなくちゃんと座らせてくださいました。周りには幾人か、乗り遅れの人が。ミーンなきっと、馬車行列の渋滞による乗り遅れだったと推測。この場合、遅延証明はでないけど。

2013年11月18日 

桐朋にてマスタークラス

桐朋所有のプレイエルを使用しての講座。約100人の生徒さんたちがきてくれた。二時間の講座では、最初の半分で楽器の特性からくる解釈の可能性について、後半では、ショパンが言ったこと、ショパンの弟子や知人の証言を自筆譜もひもときながら、また、ブレイエルの特性も照らし合わせて考えてみるというもの。今日は資料なんかも、八枚も!作っちやって、学校の先生って感じ!!最後のページにはショパンが作ろうとした未完の教則本の抜粋も載せてある。しかし、最後に生徒さんたちにそのことを言い忘れた。家へ帰ってじっくり見て欲しいものだ。気がつく人は気がつくことであろう。気がつかずポイしてしまったら、気がつかないままだろう、、。

2013年11月17日 

レッスン、帰京、レッスン

神戸で一人レッスンをしてから帰京、帰宅して二人レッスン。レッスンはいつも延びてしまうので、三人で合計五時間!
本当に音楽漬けの毎日。

2013年11月16日 

神戸学院大学にてリサイタル

二月のサントリー公演と同じプログラム。初披露プログラムであった。
今日はそれ以上に、この神戸学院大学でのお客様無料招待コンサートシリーズを25年近くも関わっていらした名誉教授の上村先生がこのシーズンで離れられるとのことで、私にとっても感慨深い公演。私は1992年に初めて出させていただいてから、これまでに29回、舞台に立たせていただいた。ベートーベンのソナタ全曲を始めたのは、上村先生の"やってみませんか?"というお言葉がきっかけだった。それがなかったら今の私はないだろう。その後、ボッセ先生とのベートーベン協奏曲全曲シリーズ、そして私の人生初の弾き振り!それから、モーツァルトのソナタ全曲演奏。
私の音楽人生のステップアップはすべて神戸学院大学から始まった。暖かく支えてくださるお客様と、上村先生のおかげです。
なので、今日は、ぜひとも良いコンサートにしたい!と、意気込むと、これまた、からまわったりしちゃうのです!難しいものです。
でも、本当に感慨深い忘れられない公演となりました。

神戸学院大学グリーンフェスティバルでのリハーサル

大好評、恒例の質問タイム

上村先生の隣で、アンコールを弾き終えたところ

2013年11月15日 

神戸学院大学にてリハーサル、その後、神戸女学院大学にてワークショップの講座に参加

神戸学院大学と女学院大学は全く別の大学。場所も新神戸を挟んで、学院大学は西の明石にあるし、女学院大学は東?の西宮近く。結構離れているのだ。
神戸学院大学では、明日のコンサートのためのリハーサルをさせていただき、その後在来線!(滅多に乗ることないのですが)に乗り移動、夜の講座に間に合った。講座自体は四日間行われている。神戸女学院の学生のみならず、東京音大、昭和音大、そして、桐朋からは私の生徒でもあり、なおかつワークショップの経験を積んでいる桜井さん、また元大阪音大の生徒でやはりワークショップに興味を持ち勉強している白石さんもいた!神戸、東京、昭和の参加者のみなさんはほとんどがこれまでの私のワークショップも手伝いにきてくれたメンバーたち。なんだかとてもとても嬉しい。
講座はイギリスのギルドホール音楽院の先生をむかえてのもの。大変面白く興味深いものだった。同じイギリスでも、マイクスペンサーさんのものとはまた異なる考え方、手法である。様々なあり方を知ることができて、嬉しい。要はいろいろ取り入れて、その場、目的に合わせて臨機黄変に試していけばいいのだと思う。
終了後には、グリフィス先生と、ゆっくりお話もできて良かった。神戸女学院の津上先生や、東京音大の武石先生のお計らいのおかげです。ありがとうございました!

2013年11月14日 

大阪音大

朝から大阪音大。今日の授業では、ピアノの歴史と仕組みから紐解くピアノの弾き方、ショパンの解釈など。

2013年11月13日 

東映東京撮影所にて、NHK時代劇撮影を観る

赤川次郎さん原作の鼠!のお話。一月から放送!
次郎吉は、滝沢君!小袖は忽那しおりさん。
撮影現場では、今日は立ち回り場面を撮っていました。
迫力あります、スピードあります、かっこいいです。
そして、撮影所の、セットは以外とこじんまりしていました。が、超こだわりのリアルさ、そしてアングルで奥行き深く映るのでもっと広く見えます。
こんな風に時代劇って撮影するのか、と、へえーの連続でした。

赤川次郎さんと。東映東京撮影所にて

お蕎麦やさんセットの中で。そば打ち!赤川さん!

小物もリアル

2013年11月12日 

三越劇場にてリサイタル(その2)

三越劇場内の壁

終演後、三善先生と

2013年11月12日 

三越劇場にてリサイタル(その1)

日本橋三越内の劇場にて。三越名人会というシリーズ。
この劇場は歴史あるもの。内部もとても素敵。しかしながら、音楽ホールではないので、響きは無い。お芝居に適した音響。そして、小さいピアノ。リハでもかなりデッドな響きであったが、お客様が入りもっとデッドに。前半のシューマンでは力んでしまった。
が、後半では、コントロールできたかなあと思う。
若い頃だったら、最後までコントロールがきかず、暴走したり、音が割れたりしたと思うが、体制立て直しが早くできるようになったのも歳の功?
お客様はとても良い雰囲気。そして、案内役をつとめてくださいました三善清達先生ともお話しできて、嬉しい一日。

リハーサル風景

名人会のプログラムは縦書き!

三越劇場楽屋

廊下の公衆電話!

2013年11月11日 

札幌コンサートホールKitaraでの企画の打ち合わせ

来年年明けのキタラキッズプロジェクトの打ち合わせ。音楽と美術とのコラボプロジェクト。
そらさんという、とっても素敵な!イラストの方とご一緒します。これまでにない新しいプロジェクト。
とても楽しいものになります。お楽しみになさってください。

そらさんデザインのキュンちゃんクッキー。今日はポッキーの日、だけど、キュンちゃんクッキー!北海道で売っています!!

2013年11月10日 

娘フルート発表会

今日は発表会。フルート発表会とはいえ、娘がピアノを習っている東京音大の小高明子先生門下のピアノ発表会に、フルートで出させていただいたというもの。小高先生は、私が中学のときに、ソルフェージュを教えていただいた先生。今は東京音大の准教授でいらっしゃる。そのご縁で、時々娘のピアノをみていただいている。とはいえ、娘のピアノは笑ってしまうレベルなので、申し訳ないことなのですが、レッスンでも、先生と笑いあって、終わるそう、、、。
なので今日はフルートで参加。モーツアルトのアンダンテを私の伴奏で。
昨晩も帰宅が遅かったので、今朝大慌てで伴奏合わせをしての本番。
たくさんの綺麗な音大生に混じって、娘も記念撮影パチリ。私はといえば、カメラマンさんの後ろから携帯でパチパチ。親みたい!って、親なんです。

写真撮影の後ろから

小高先生のお弟子さんはこんなに大勢!!

2013年11月9日 

下呂にて、アクティブリトルピアニストという発表会企画と、そのあと、リサイタル(その2)

サイン会の様子

2013年11月9日 

下呂にて、アクティブリトルピアニストという発表会企画と、そのあと、リサイタル(その1)

長ーい一日!朝10時からリハーサルをし、そのあと、お子さんたちの発表会を舞台で進行、それぞれのお子さんたちに声をかけて、そのあと、再び公開リハーサルをし、そして、リサイタル。我ながら、年々、体力というか、気力がパワーアップ!
それも、実はお子さんたちからもらっているように思う。みんなキラキラしている。

下呂でいただいた夢叶うわバット。イチロー選手も大リーグへ持って行ったそう!

バット裏面

そして、今日の長ーい一日スケジュール

アクティブリトルピアニストの舞台。可愛い映写も!

2013年11月8日 

下呂にて、子供さんたちへの企画

地域創造ステージラボに参加してくれていた下呂交流館の田中さんの立案企画!にて、明日は私のリサイタルとその前に、下呂の子供さんたちの発表会。そして、今日は、発表会に出られなかったお子さんたちへのワンポイントレッスン。
発表会へはたくさんの応募があり、全員に弾いてもらう時間がなかった。それで、私が、年齢、性別、曲目、そして、私へのアピールお手紙!を検討し、勝手に選ばせていただきました。
でも、出られなかったお子さんたちへも、何か、と、そして、ぜひ聞かせていただきたいと思い、今日のワンポイントレッスン企画と相成った。
みんなとても可愛く、一生懸命。明日弾いてくれる子達と、今日の子達。みんな!ありがとう!

下呂での、明日のコンサートのための連弾リハ

下呂でのワンポイントレッスン!

ワンポイントレッスンにて

2013年11月7日 

大阪音大

昨日一日の東京ステイののち、今日は朝から大阪へ。
久しぶりの大阪音大。7月以来。毎年どうしても9月10月は、なかなか行けない。
大阪音大は年10回伺うことになっているので、春、夏、冬?にせっせと通う。
しかし、本当に毎日新幹線生活!新幹線のマイルエージがあったら凄いのにな、と思う。

2013年11月6日 

雑誌HERS取材

愛犬倶楽部というページ。
またまた、我が家のクレアと一緒に雑誌に出させていただきます。
クレアは今朝はシャンプーに行ってフワフワご機嫌。
そして撮影となると、いつも良い子でお澄まし!綺麗にして可愛い!と言われるのが好きなのだ。
女の子です。
ママはというと、クレアかわゆく、本人はデレーッと、恵比寿様?か、オカメさんのような三日月おメメで写ってしまいました。

2013年11月5日 

浜松市立光明小学校にてワークショップ

静岡県立グランシップの事業でのアウトリーチ。
全校生徒への鑑賞プログラムと、四年一組へのワークショップ。
今回は、静岡大学の先生と学生さんたちがお手伝いにきてくださった。
県の文化振興の方、財団の方など、たくさんの人が関わっての事業。
これから、どのように拡がって行くのか、今日も試行錯誤の一段階。というか、このフィールドの意味とか、それがもたらすであろうものをもっともっと明確にしていくことの大切さをいつも実感する。
光明小学校の先生方、関わってくださった皆様、ありがとうございました!

静岡大学の学生さんたちと

静大の学生さん、静岡県文化振興のみなさんと給食!

中国からの見学の方も!

静岡グランシップの方たちも

給食配膳!

2013年11月4日 

【今日のクレア】お-も-て-な-し!

2013年11月4日 

前橋にて、群馬交響楽団とチャイコフスキー

今日は大友直人さんの指揮。昔、銀行コマーシャルか解禁になったとき、今のみずほ銀行の前身、富士銀行のコマーシャルを大友さんとご一緒していた。今のオケの団員さんの中には、富士銀行なるものがあったことも知らない人がいるのだろうな。
今日は昨日よりピアノは大丈夫ではあったが、いつも小ホールで使っているピアノということで、小さいところ向きになっている。それを、大ホールで!チャイコフスキー協奏曲で使うようにするのが、今日の課題であった。
ここのところ、毎日東京駅へ出勤、帰宅。そして、生徒レッスン!充実した?!日々。
毎日の新幹線移動で頭が錯綜?し、帰りの切符はどこに行ったかわからず。ということで、満席の新幹線、自由席を購入し、ドア外に立って帰京。高崎は近いところで本当に良かった。

大友さんと

2013年11月3日 

東京フィルハーモニーと、宇都宮にてチャイコフスキー

今日も新幹線で宇都宮へ。今日は、使用ピアノが古くてまずは音がちゃんと出るのか、という不安からスタート。調律の小林さんが昨日から入って調整。何と、ピアノを動かそうとしたらキャスターのネジも緩んでいて間違えば、あわや大惨事になるやもしれぬよつうな状態。ピアノは500キロもあるので、ちよっと倒れたり暴走したら大変なことになる。
その修理から始まり、、、。二日がかりで調整。ボワボワになっているハンマーは、調整だけではいかんともし難く、とにかくリハーサル、そしてリハーサルの前後で弾いて弾いて弾きまくって、固める。
それでも、本番ではピアノちゃんは頑張ってくれましたが。私はといえば、筋肉フル回転で、運動会のあとのような、筋肉状態。夜、近所のドラックストアでメディカルジーン、という直張りカイロを発見。ジーンとくる。

即席 足上げクンをつけたピアノ椅子

2013年11月2日 

群馬交響楽団とリハーサル

今日は新幹線で群馬入り、藤岡にあるホールでリハーサル。
今日から毎日新幹線通勤の日々となる。

2013年11月1日 

東京フィルハーモニーリハーサル

今日は東京フィルとチャイコフスキー協奏曲。今日から東京フィルと群響と、代わる代わるの共演。
まずは東京フィルとリハーサル。