ダイアリー 2013年12月

過去

2013年12月30日 

レッスンと、即興演奏を学ぶ会

今年最後の生徒レッスン。今日も三人。そのあと、東京音大の作曲学生のナオヤ君に即興演奏の考え方やおしゃれなコード進行について学ぶ。
ワークショップを手伝ってくれている桐朋の桜井さんも一緒に。
ワークショップの時、ちよっと即興ができるととても役立つのです。でも、普段書かれたものだけを弾いている私にとって、即興演奏はハードルが高いです。

2013年12月29日 

電話取材二本

月末までの取材、もう世の中いろいろと終わりつつある中で、取材の方も私も、年末、ということで電話にての取材とあいなった。
第一生命ホールのモーツァルトシリーズについてと、月刊ピアノの特集について。
また掲載がわかったら、ここでも会えるにアップします。
そして、生徒さんたちレッスンもまだまだ続いております!今日も三人!せっせとレッスン!

2013年12月28日 

福山雅治さんコンサート

大阪から帰京途中、横浜で娘と待ち合わせ。なんと今月二度目のポピュラーのコンサート。
今日は福山雅治さん!
ウルトラカッコいい!カッコ良すぎて、素晴らしかったでした。歌も心に響きました。歌詞も、熱いメッセージが伝わり、遊びこごろもあり。さすがです。超プロフェッショナル!
耳はちよっとジンジンしておりますが、嵐のコンサートとも異なるタイプのコンサート。
こういったコンサート体験は私にとっては新しい世界です。いろいろと、感じること、考えることがたくさんありました。
しかし、それにしてもずっと立っているのって!疲れるものです、などと言っていてはいけませんね!
年末に楽しい経験でした!

2013年12月1日 

大阪中央公会堂にて川久保賜紀さんとコンサート(その2)

100年ものピアノ

二台並べて

2013年12月27日 

大阪中央公会堂にて川久保賜紀さんとコンサート(その1)

今日は変則的なリハーサルスケジュール。
公演の前に、モーストリークラシックの編集長の江原さんの講演会も行われるため。その前の早い時間にリハーサル。ということで、リハーサルから本番までの間、私は私で、大阪の近鉄アート館さんとのプロジェクトの打ち合わせ。アート館は来春より再オープン。意欲的な考えをお持ちです。
そして、本番。今日は公会堂オープンから、ずーっと舞台袖にいる古ーいピアノの音も奏でよう!とのことで、ヤマハと,このフォルスター?というピアノと二台。システムはモダンの楽器なのですが、音はかなりレトロ。味わい深い。なので、曲によってヒキワケる。
例えば川久保さんとのクライスラーの小品はフォルスター、ショーソンの詩曲はヤマハ、と言った風に。
終演後はパーティのあと、川久保さんとたこ焼きへ。二人とも、今日で今年の演奏会は最後だったので、何だかホッとしました。

川久保賜紀さんと

会場の中

座席番号はひらがな

このハタが、あちこちの駅に立っていたのだそう!

2013年12月26日 

京都にて打ち合わせ

来年の二月に伺う小学校の先生方との打ち合わせ。
どのようなプログラムを行うか、生徒さん達のご様子など、伺う。

2013年12月25日 

川久保賜紀さんとリハーサル、その後有田さん宅にて蓄音機会

川久保さんとは三月以来。27日の大阪の公演のためのリハーサル。ショーソンの詩曲は素敵な曲だが、もともとオーケストラの曲をピアノで演奏する難しさがある。
その後、有田正広さん宅でクリスマス蓄音機会。持ち込みされた方のも含めて、全部で四台の蓄音機を聴き比べ、様々な録音を聴き。丁度賜紀さんとご一緒しているクライスラーの曲のクライスラー演奏盤なども聴く。蓄音機の音の味わいや表情の豊かさは格別。歌、弦、ピアノと、名手の技に酔いしれる。

2013年12月24日 

アシダさんにて衣装選び

来年のサントリー公演のため。今回も素敵なドレスになります!

ところで、ここ二日ほどと、朝のテレビ「ごちそうさん」に、古くは「ごめんあそばせクラシック」の台本演出、「窓の彼方へ」、のような音楽と演劇のコラボの台本。そして、「光の子供たち」や「不思議ボール」の台本を書いてくださっている、内藤裕敬さんが出演しているではありませんか!
全く知らないで見ていましたら、聞き馴染んだ声!あれっと思いよーくみれば!内藤さんが!
西門のお父さんの過去を知っている謎めいた人の役です。
なんだか、嬉しくなって、ご本人にもメール。ご本人のお姉様にもメール。お姉様は、出ていることをご存知なくて、再放送を録画することになさったそう。私は一つ良いことをしました!

2013年12月23日 

塩尻にて千住さんトリオコンサート

アルプスの雪げしきが美しい中、塩尻でのコンサート。千住さんとのトリオも回数を重ね、どんどん充実。トリオ以外にもデュオありソロあり。曲も少しずつ変わっている。合間のトークももちろん毎回違う。曲のご紹介のみならず、日常どのように過ごしているかなども。
実際舞台で話していて、それも楽しいことの一つ。それぞれ三人とも頑張っています。

千住さんトリオ。黒?白?一点は、譜めくりをしてくれた桐朋高校ピアノ科二年生の百瀬君。

2013年12月22日 

東京ウィメンズプラザにてコンサート

ジャック幼児教室の卒業生や今の年長さんたちへのコンサート。
お父様お母様と、おしゃれをした可愛いお子さんたち。
不思議ボールの公演のときしているようなアクティビティなども交えての公演。
お客様の中にはチラホラ知っているお顔が。
川井郁子さんも花音ちゃんを連れてきてくださっていました!ありがとう!

2013年12月20日 

福岡ドームへ

娘が大ファンの嵐。
コンサートのチケット申し込みのために?私もファンクラブ会員となっております。そして、今年、何年か越しの応募実って、ついに!当選したのです、福岡ドーム!でのコンサートが。
ということで、娘と二人、福岡ドーム。大阪音大から新幹線で博多入りし、昨晩は遅くに、安吉さんというお鮨やさん!これが素晴らしかったのですが。
そして、今日お昼は鳥の水炊きをいただき、プチ冬休み満喫。
で、コンサートへ。
クラシックとは全く異なる雰囲気、形態なのですが、感動しました。
本当に、彼らはエライ!全身全霊傾けてステージを作っています。
見事なエンターテイナーです。その上、メッセージを伝えている。
人気は、ただかっこいい!とか、そういうものではないのだ!と納得。
それにしても福岡の街は嵐のコンサートに来た人たちで一杯。ものすごい経済効果です。
コンサートを聴く、観るために、遠征。
その楽しみと、大変さをよーく実感しました。
私のコンサートへも、遠くの公演地へいらしてくださる方が、たくさんいらっしゃいます。本当にありがとうございます。感謝!です。
私も、嵐の五人の努力も見習って、頑張ります!

午前中、博多の阪急デパートへ行きました。そのとき、アクセサリー売り場のお姉さんが私に"失礼ですが、小山実稚恵さんですか?"と。
"いえ、違います"と、もちろん私は答えました。だって違うのですもの。でも、そこで!"いえ、私は仲道郁代です"と名乗るのもなんか??変?と思い、そのままその場を離れてしまった、、。
本当は、"惜しい!あとちよっとでした!"、と、言ってさしあげたら良かったかなあ?
もし、まさか、あのときの方、このダイアリーをご覧になっていたら、"あの時名乗らずゴメンナサイ。多分、思っていた人物と私は同一人物でした!
お声かけてくださってありがとうございました!"

博多駅前イルミネーション

こんなのも

そしてこんなのも。博多駅前はキラキラきらきらすごいです

2013年12月19日 

【今日のクレア】だ、だ、誰だ?眠っていた私を起こしたのは!!

2013年12月19日 

大阪音大

今年度最後の大阪音大。授業では恒例の博物館見学へ。
またまた素敵な新しい、古いスピネットが増えていた!これは、超素晴らしい音!
大阪音大の楽器博物館はものすごい充実度!何時間でも過ごせる。
今日は、博物館の方が鍵盤楽器のみならず、さまざまな楽器の変遷を説明して見せてくださいました。誠に幸せなお時間でした!!

2013年12月18日 

電話取材

電話にて静岡のSBSラジオの取材。26日?ころ放送だそうだ。放送日わかりましたら、ここでも会えるにアップします!
そして今日は税理士さんとの打ち合わせも。私の税理士さんは、あの!半沢直樹をお書きになった池井戸さんと同じ税理士さん。ということで、お土産に、倍返し饅頭をいただく。
箱の中には、刻印お饅頭と、半沢直樹氏のお名刺が!

2013年12月17日 

桐朋後期実技試験を聞く

今日は大学一年生。朝一番から、夕方まで。次から次へと聞く。皆一生懸命頑張っている。
それにしても、女の子たちは皆黒やグレイなどのワンピースをきているのだけど、一人として同じものはなく、それぞれとても似合っていて可愛い。ウチの娘と年齢的には二歳しか違わないので、真剣に、みんながどこでどういうところでそういったお洋服を買っているのかとても興味が湧きました。今度、生徒さんたちに教えてもらおうと思います!

2013年12月15日 

父の傘寿のお祝いに、温泉

脳梗塞で七年前から不自由をしている父と、久しぶりに妹親子、そして私と娘と、温泉へ。
父は、身体の不自由度は残念ながら増しているので、車に乗せてなんとか移動。
そして、私と妹と娘と三人がかりで、お部屋の露天風呂に父を入れる。おかげさまで、体重はしっかり重いので、なかなかの力仕事ではありました。

2013年12月14日 

早速たくさんのメルマガへの反応がホームページへ!

たくさんの皆様から、メルマガについてのご感想などホームページへいただきました!嬉しいです。励みになります!毎月!どうぞお楽しみになさってくださいね。

2013年12月13日 

初の私からのメルマガ発信!

これから毎月13日にメルマガを発信することにしました!
私個人から、音楽についてのあれこれを。
今回はショパンのバラードについて、ショパンがどのようなスタンスで、書いたのかについて。
短かなメルマガですが、演奏のこと、曲のこと、などちよっとしたミニ知識?楽しみとなれば嬉しいです。
メルマガ登録ご希望の方は、下記アドレスをクリックして登録してくださいね。
http://www.ikuyo-nakamichi.com/melmaga.html

2013年12月12日 

神石中学校にて朝日新聞オーサービジトプログラム(その2)

ホテルから見えた金星!360° 山に囲まれていました。

ホテルの窓から日の出を!

朝起きたら外は、一面雪景色!

2013年12月12日 

神石中学校にて朝日新聞オーサービジトプログラム(その1)

朝日新聞が毎年行っている本の著者達が、各地の学校へ行くというプログラム。
中身は、紙面で掲載になりますのでお楽しみになさってください。
この神石中学校は全校生徒31人。今年度で閉校になる学校。
校歌を使って思い出に残るなにかをしたいと組み立てた。
結果、生徒さん達は難しい負荷のかかった作業もパフォーマンスもしっかりと応えてくれた。

神石中学校!

まずは演奏!

最後の発表の前に、気合いを入れ合う学生たち。「せーのっ!神石中学校ー」のかけ声の後、校歌を歌い、オリジナル部分につながります。

谷川俊太郎さんの「ぼく」という詩を読む今村さん

詩をホワイトボードに書く白井ちゃん

2013年12月11日 

広島入り途中車中で電話インタビュー

明日の朝日新聞オーサービジトプログラムのため、広島入り。といっても、福山駅から車で一時間、神石高原というところ、なんと自然の美しいところでしょう!カミイシ、ではなく、ジンセキ、と読むそうだ。
移動の車中には、来春行う文京シビックホールのコンサートのためのインタビューが。たっぷり30分!お話ししました!移動車中でインタビューだなんて、アイドルグループのようかも???!
明日は神石中学校へ伺う。今日はホテルにて、朝日新聞の今村さん、ライターの安里さん、カメラの御堂さん、調律の酒井さん、私のマネージャーの寺澤嬢、秘書の白井ちゃん、そして、車で三時間!かけてきて下さった広島県文化振興財団の高井さん!と、打ち合わせ。明日の内容や段取りなど。外は一面雪景色。もう別世界。

2013年12月10日 

取材日

今日も、ウルトラ取材日だった。私のマネージャーの寺澤嬢のスケジューリングはお見事!としか言いようがない。完璧なスケジューリング。
朝八時よりメーク開始。移動して、今日は銀座のヤマハにて、
10時半より、動画コメント撮影、
11時より家庭画報撮影インタビュー二時間、
1時よりレコード芸術インタビュー撮影、
2時より赤旗新聞インタビュー撮影、
3時より静岡新聞インタビュー撮影!
で、四時までに合計五本!
それぞれ、ここでも会えるに、またアップしますのでお楽しみになさってください。
そして、今日はその後桐朋にて教授会にチラっと出て、そのあと、生徒がパスカル ドヴォワイヨンさんのレッスンを受けるので聴講に行く。
と、ここまでお昼も食べそびれ、お腹ぺこぺこで帰宅。今日も長い一日。

2013年12月9日 

台東区大正幼稚園にて、ワークショップを覗く

ポルトガルのカーサダムジカの方達の幼稚園児へのワークショップを体験させていただく。
音響、衣装、小道具まで凝ったワークショップ。
これだけのことが出来たらどんなに良いだろう!なかなか、ここまでのことは出来ないのが現状だけど、取り入れることのできることはたくさんある。様々なタイプのものを学びたいと思う。

2013年12月8日 

前橋にて川井郁子さんとコンサート

今日もジャンルを超えた楽しいコンサート。ベートーベンのバイオリンソナタあり、川井さんの曲あり、タンゴあり、ショパンあり!
音楽って、ついジャンル分けしてしまいがちだけど、音楽は音楽!それぞれの面白さの違いもまた楽しめるというもの!
川井さんは、相変わらず、というか益々舞台でお美しい!ご一緒していても、ホレボレしちゃいます!

リハーサル風景

ベートーヴェン「春」は、美麗照明入り!

2013年12月7日 

トリノ王立歌劇場を観る

ヴェルディの仮面舞踏会。久しぶりのオペラ鑑賞。娘と一緒に久しぶりのOFFな感じ。嬉しいな。
見終わったら、何か美味しいイタリアン!を食べたくなったのは、私だけではなく、マネージャーの野崎嬢も、そのようであった。しかし、期末テスト目前なのにオペラへ来た娘の勉強時間のために、家へ疾風のように戻り、ウチご飯。

2013年12月6日 

東京文化会館にてポルトガルのワークショップの講演会

ポルトガルにあるカーサ ダ ムジカ という音楽ホールが行っている音楽社会活動についての講演会。
文化会館がその音楽プロデュースの方などをお招きして、今日から二月まで、音楽ワークショップの育成プログラムを組んだのだ。その初日。
私もプログラムの幾つかは覗かせていただこうと思っている。
工夫やアイデアあふれるお話はとても説得力があった。

2013年12月5日 

大阪音大

名古屋から大阪入り。一日大阪音大教えて、東京戻り。今日もたくさん新幹線に乗る。出張の多いサラリーマンさんと比べて、私は新幹線移動、どうなのかしら、多いかなあ?
結構新幹線飽きています。そして新幹線の風みたいな、風切るような音にも飽きています。
とはいえ、ずーっとずーっと家にいるのも飽きちゃうのです。これって演奏家の宿命?

2013年12月5日 

【今日のクレア】にらめっこしましょう アップップ

2013年12月4日 

名古屋フィルと愛知県立芸術劇場にてコンサート

豊田織機のチャリティコンサート。昨年に引き続き出演させていただきました。
指揮は尾高忠明さん、お風邪で声が出ない!とのことで、
演奏後のアンコールトークは一人で務めさせていただきました。

2013年12月3日 

名古屋フィルとリハーサル

先日グリーグを弾いたと思ったら、今度はシューマン。この曲は、なぜかあまり弾く機会がない。
あまり取り上げられない良い曲なのに、なぜなのだろう。
確かにオケとの合わせは難しい。なんでシューマンはこんなに複雑なリズムを書いたのだろう。
複雑ではないが、合わせようとすると複雑なのだ!

2013年12月1日 

府中芸術の森文化会館にて桐朋オケとグリーグ協奏曲

今年二度目の桐朋オケとの本番。今回は沼尻竜典君指揮でグリーグ。沼尻君、というのも、沼尻君は私の一つ下の学年だったから。
私の前には、学生のオーディションで選ばれた四年生の方がバイオリンソロの宮川奈々さん。
思い返せばわたしも学生時代に小澤征爾さん指揮で桐朋オケと弾かせていただきました。
ほとんど、私の娘と同じくらいの学生さんたちと、写真も!なんだか自分も若くなったような錯覚に陥るけれど、それは、あくまで錯覚!

沼尻竜典さんと、桐朋生でソロをつとめた宮川奈々さん

たくさんの桐朋生徒さんに囲まれて!