ダイアリー 2014年1月

過去

2014年1月31日 

明日のファンクラブ関西交流会のため神戸入り

毎年恒例のファンクラブ交流会。関西の交流会はいつも、神戸で行われる。今年も50人ほどの参加。
関東の交流会は、三月だが、東京はもっと人数が多いので、こちらの会の方がお一人お一人とのお話のお時間は必然的にたくさんにはなります。

2014年1月31日 

【今日のクレア】私、牛のエ クレアでございます!

行列も出来ます!

私、犬の クレアでございます。

行列って何?

整列も出来ます!

2014年1月30日 

三善晃先生お別れの会、そのあと、彩の国さいたま芸術劇場打ち合わせ

サントリーホールで行われた三善晃先生お別れの会。皇后様もご臨席、心染み入る会でした。
私は学生時代、三善先生の作曲の授業にいて、丁度日本音楽コンクールの頃で、とても励ましていただきました。作曲の方はというと、コンクールでバタバタしてうやむやに終わってしまいましたが。
その後も、先生がベルギーにいらした時に、ベルギーやドイツで先生の作品を弾くためにレッスンしていただいたこともありました。音楽家はうどんではなく、お蕎麦を好きでないと、良い音楽家とは言えない、と、おっしゃって、その頃私はおうどんの方がお腹にたまるし!派だったのですが、今はその言葉の意味がわかるような気がします。会が終わると空からさめざめと雨が。
そのあと、2月25日の彩の国さいたま芸術劇場での、ピアノの魅力、技術について、この技術とは、楽器を良い状態に保つ技術!というか、ピアノという楽器とは何なのか、というパネルデイスカッションと実演のための企画打ち合わせ。とても興味深いものになりますので、ぜひご興味おありの方、ホール関係、ホール技術関係の方がた、いらしてくださいね。

2014年1月29日 

小曽根真さんとN響を聴く

尾高さん指揮N響、で小曽根さんがガーシュインをお弾きになる。
私と小曽根さんは調律さんが一緒。スタインウェイの時は外山さん、ヤマハは曽我さん。
今日はスタインウェイで外山さんが調律。なのでわたしは、ヤマハの曽我さんと聴かせていただく。
昨日今日と、サントリーホール、オペラシテイと、正面から入る。不思議な感じ!
そして小曽根さんは素晴らしかった!尾高さんもノリノリ。オケも素晴らしかったです。
終演後はちよっとの時間だったけど、小曽根さんとピアノ談義。一つの話で10の示唆と可能性!実に有意義だった!

2014年1月28日 

新入り!到着。夜はサンクトペテルブルクフィル公演(その2)

そして、夜はサントリーホールでサンクトペテルブルグ・フィルのコンサート。マエストロテミルカーノフはゴージャスサウンドを引き出しながらもモダンでエレガント。チャイコフスキーの協奏曲のヴィルサラーゼさんも、とても71歳!とは思えないパワーとスピード!どうしたら、あんな風に身体をキープアップできるのかしら?すごいことです。
終演後にはアークヒルズクラブにて、マエストロのお誕生パーティ。昨日の懇親会と今日とで、アークヒルズクラブ連日。

2014年1月28日 

新入り!到着。夜はサンクトペテルブルクフィル公演(その1)

新入り!は、とても古い!1816年生まれ!のブロードウッド君。
ベートーベン後期ソナタを書く時に気に入って使っていたモデルと同じものです。
1816年の7月26日!に、当時のイギリスの作曲家が購入したというこの楽器。
大変美しいローズウッドで、装飾も細やか華やか!
ウチの一部屋に、イギリスのブロードウッド、フランスのプレイエル、そして、ドイツオーストリアのシュタイン!と、参加国が勢ぞろいしました。何ということでしょう。まさか、こんな風に古楽器にはまるとは全く想像もしませんでした。ブロードウッドの面白い性能についてはオイオイご紹介します!
まずは写真ご披露!

ブロードウッド君!1816年生まれです。

調整中の山本さんと太田垣さん!なぜか、松潤とニノと一緒に。

部品も昔のまま!

縁取りも美しい金具が

2014年1月27日 

近藤元文化庁長官の懇親会

ずっと続いている懇親会。様々な芸術分野の方々、文化に関わる様々お立場の方々との懇親会。
毎回、新しい出会いもいただき、普段なかなかじっくりお話出来ない方たちとお話出来る素晴らしい機会。
こんな場を作ってくださって感謝!です。

2014年1月26日 

西宮の兵庫県立芸術劇場にてコンサート、二回!

今日はフルのコンサートを二回!一時と、五時の公演。そして、スタインウェイとモーツァルト時代のシュタインを弾き比べ聞き比べるという特別な公演。
かなり中身の詰まった公演になりまました!チケット発売早々完売し、次回の六月のベートーベン公演、これも二回公演、おかげさまですでに完売しております。本当にありがとうございます。がんばります!

スタインウェイとシュタインについて語り合うそれぞれの調律師さんたち!

今度はこっちを!

リハーサル舞台写真

調律マスターズと!向かって右から、シュタイン調律の太田垣さん、私の左にスタインウェイの外山さん、と、神戸の担当の高橋さんと!

2014年1月25日 

西宮でリハーサル

昨日は、三島終演後最終新幹線にて名古屋へ。名古屋泊。そして今日は西宮まで移動、その新幹線にて同じ車両にベルリン・フィル オクテットが!樫本大進さんや、メンバーらが。以前一緒に演奏した時のメンバーは三人ほど。あとは、かなり、新しいメンバーになっていた。彼らは今日!西宮でコンサートだとか。私はリハーサルで西宮!明日公演だ。やあやあとワイワイお話し、新大阪下車の時、隣の車両からマエストロテミルカーノフが!下車。他の号車からサンクトペテルブルグ・フィルのオケの人たちが!
この新幹線はジャパンアーツ貸切?だったのか。という感じであった。
新大阪改札は楽器を持った彼らでごった返し。ごった返しの中でも、ベルリンのメンバーとサンクトペテルブルクのメンバーが、久しぶりに会った人どおしで、やあやあと挨拶してたりして、渋滞!という壮観な状況でした。

2014年1月24日 

三島にて横山君とデュオ

今日は前半、ラヴェルのラ・ヴァルスを弾いていたら人差し指の先がビシっと痛い!弾き終わって指をみたら、かなりな血!ギョギョギョ。と騒いでいたら、横山幸雄様が、アロンアルファでくっつけてあげる!と。
アロンアルファは爪と肉の間の裂けた部分を瞬時にくっつけてくれるので、その後の演奏の時に痛みも無く弾けるのだそう。絆創膏だと、感覚がかわってしまうから、と、彼は常に常備しているのだそうでした。というわけで、休憩時間に、楽屋で私の指をくっつける大作戦。
写真は新人マネージャーの早坂君がとってくれました。
そして終演後は大急ぎで最終?新幹線に。アンコール最後は舞台から駆けて袖に引っ込んでいた?なんてことはありませんが。

二台ピアノはこんなにくっつける

こんなにギリギリ

弾く時にはこう見える

前半で裂けて血が出た。公演前半で裂けた私の指を、休憩時間にアロンアルファでくっつけてくれる横山君。つけているうちに、二人のゆびがくっつき!それは一大事!

2014年1月22日 

横山くんとリハ、夜は南河内万歳一座公演を観る

横山くんとは久しぶり、またまたあの!難しい横山君編曲超絶技巧連弾曲を弾かなくてはならない。難しい曲。その上、二人がぶつかりもするし、ぶつかるというのは、物理的に!です。手を交差したりかなりアクロバティックな感じもある。その上!本番になると横山くんはテンポが早めになる。覚悟しなくては。でも、弾いてると楽しい曲なのです。
夜は、南河内万歳一座の満月!というお芝居を観に下北沢のザスズナリに!
テンポよく、面白く、そしてメッセージビンピンなおしばい。
とてもとても面白いので皆様お時間ありましたらぜひいらしてください。
ここで、またまた久しぶりに萩原聖人さんにお会いする。以前音楽と芝居の融合という演目でご一緒した。萩原さんはいま、チェロを弾く人の役をなさっているそう。バッハを本当に習って弾いているのだそうだ。役者さんて大変です。

南河内万歳一座チラシ。 絵はいつも長谷川義史さん!

2014年1月21日 

【今日のクレア】子犬のワルツ?

回る回る

もっともっと

2014年1月19日 

久しぶりのお茶のお稽古

本当に久しぶり。かなり久しぶり。もう私はお点前順序もすっかり忘れ。しかし娘はしっかり学校でも部活でお稽古しているので、娘の真似をする私なのであった。

2014年1月18日 

しらかわホールにてベートーベン鍵盤の宇宙コンサート

今日はソナタの11.12.13.14番と四曲。この時期、いかにベートーベンが自信をつけ意気揚々と作曲していたのかがよくわかる。
そして、作品22のソナタの最終楽章と作品24のバイオリンソナタスプリングの最終楽章がなんと、似通っていることか。
また、13番のソナタの二楽章は月光一楽章のアイデアの元になったのでは、、などなど、ベートーベン研究家の方にぶつけたい質問もいろいろ出てきて、本当にベートーベンは面白い。
興味尽きない作曲家です。

月光三楽章自筆譜。 意外なことに!整然と書かれています。

2014年1月17日 

名古屋入り、リハーサル

明日のしらかわホールコンサートのため。
今日は本当はクラシック事業協会の理事会と新年会があったのだが、昼間、東京の寒さゆえか、今ひとつ体調ふるわず欠席。パリは暖かく、札幌は外は寒いが家の中はとても暖かく!
東京の我が家が、結局、シンシンと、一番冷え込んでいるのでした!
夕方より名古屋へ移動し、明日のベートーベン鍵盤の宇宙のためのリハーサル。
この公演では、私も初めて見るような資料がいろいろ出てきます。
次回の準備のためもあり、なんと!原寸大のベートーベンの遺書のコピーまでもが!
こんな大きな紙にこんな小さい字で書いたのか、そして、こんなに小さく折りたたんだのか、と、驚きと発見。そして、そのベートーベンの想いに近づくことができるようなそんな機会が、このしらかわホールでのベートーベンコンサートなのです。

2014年1月15日 

キタラキッズアートプログラム

申し込み開始後15分で定員締切に達してしまった中、参加してくれるお子さんたち。
ありがとうございます!
どんなアクティビティをしたのかについては、細かくは省略するのですが、
とにかく充実。五歳の子も眠くもならず、ずっと元気。そらさんの、想像力ファンタジーあふれる流木アートタイム、音楽での輪になってのアクティビティ、音楽つくり、ゲームそして鑑賞。と、みんなが参加し協力し、楽しむという時間が出来た。
私としても初の試み。「旅の力」の番組で出会ったワークショップという形態がどんどん進展し、ここへとつながっている。これからも、工夫を重ねていきたいとおもいます。
キタラホール関係の皆様、スポンサーくださった関係の皆様、スタッフの皆さん!そして参加してくれたみんな!ありがとうございました!

札幌の朝日。昨晩は零下15度!

美術の島。ここで皆が流木アートを作ります。

こんにちわカードゲームのカードたち

素敵なポスター

2014年1月14日 

キタラコンサートホールにて打ち合わせとリハ(その2)

切ったり貼ったり。オフィスナカミチの北川さんも!

これらを使ってアートワークも!

とにかく準備!

使う面白い楽器たち

美術のアートで使うもの達

2014年1月14日 

キタラコンサートホールにて打ち合わせとリハ(その1)

明日のプログラムのため、美術のそらさん、という素敵な女性!と、ホールスタッフ、お手伝いくださる北海道教育大の方たち、そして東京からのワークショップメンバー桜井さん、北川さん、ジャパンアーツマネージャーの野崎さん、と、大打ち合わせ会。明日は普段の学校へ伺うものより大規模な企画。朝は10時から午後3時。その上、五歳から小学六年生まで!
音楽だけではなく美術プログラムも一緒!
とても面白い!と思います!仕掛け満載。おとなたちの知恵を絞る絞る!大会です。

こんにちわカードを皆で作ります

絵を書く桜井さん

ジャパンアーツマネージャー野崎嬢も!お絵描き!

札幌教育大の皆さん!お手伝いに入ってくださいました!

打ち合わせ!

美術の先生をするイラストレーターのソラさん!そらさんも、音楽打ち合わせに!参加!

2014年1月13日 

キタラキッズプログラムのため札幌入り

札幌はマイナス15度!真っ白、雪の山。しかし建物の中は、もしかして、東京より暖かい?

2014年1月6日 

パリ!(その2)

パリの朝

キラキラエッフェル塔

2014年1月6日 

パリ!(その1)

かねてから念願のルーブル美術館全館制覇の旅。ついに実現することができました。
毎日ルーブル、何という幸せ。
エジプト、オリエント、ギリシャ、ローマと文明を追って、なんと人類は素晴らしいのだろうと、また、それぞれの文明がそれぞれに与えた影響、その後の文化に与えた影響もうっすらと系統だって見えて来たような気になります。とにかくも、エジプトには圧倒されました。怖いくらいです。
そして、絵画も、イタリア、フランス、ドイツ、オランダ、フレミッシュ、と、流れと特色が把握できたようなつもりになれちゃう。彫刻たちも。
とにかく、面白い、凄い、ルーブル。ただ、クローズしている部分が幾つかあり、そこは見られなかったのが残念。またの機会を作らなければ。
そして、もちろん美味しいお食事も。コンサートも。
その上、パリでは何が良いかというと、ヤマハのアーティストサービスがあり、練習場を使うことが出来る!なので、ピアノも毎日練習も出来るのです。
充電池満了!

ルーブル美術館にて。なんと、幸運にもほとんど人がいない!一番前で何分か、モナリザと対面出来たのでした!

もちろん、ルーブルにいらっしゃるショパン様にもお会いしました。

ランチにて。食後のお茶をお願いしたら、葉っぱごとワゴンで来ました!

ハーブティー

サンジェルマンデプレ教会で。モーツァルトのレクイエム終演後

2014年1月5日 

レッスン初日

今日から生徒さんのレッスン開始。明けてすぐレッスンなので、生徒さんもおちおちゆっくりもしていられなかったことと思います。それがピアノとの人生というもの!頑張りましょう!

2014年1月3日 

この年末年始は、浜松の実家で過ごす

父がだんだん動けなくなっているので、今年はジルベスターやニューイヤーコンサートも入らず、
浜松で過ごすことが出来て何より。
3日は、火災による新幹線のストップにも関わらず、何だか、するっと乗った新幹線にするっと空席があり、するっと帰ることが出来て本当にラッキーでした。時間帯がちょうど良かったみたいでした。
初夢も、ツアーに出る夢!
今年も沢山移動しそうです。

2014年1月1日 

【今日のクレア】明けましておめでとうございます!

寝正月