ダイアリー 2014年11月

過去

2014年11月30日 

キタラキッズアートアンドミュージックプログラム

今回はシューマンの幻想小曲集をテーマにしたプログラム。
想像力をフル回転するプログラムだ。

終わってからは、大急ぎで飛行機を早めて帰京。
12月に入るとフル回転もフル回転に忙しいので!

2014年11月29日 

キタラにて打ち合わせとリハーサル

明日は新しいプログラムのため、シミュレーションリハーサル。
夕方までのリハーサルのあとは、札幌の生徒さんたちのレッスン。夜まで。

お手伝い下さる大学生の皆さんと打ち合わせ

こんな絵も使います。アートの方のソラさんが書いてくださいました!

なぜか、このようなものも使います!

おまけ。ホテルのロビーにて!かわゆい!

2014年11月28日 

札幌入り

明日からのキタラコンサートホールでのプログラムのため。

2014年11月24日 

上田サントミューゼにてみんなの発表会

今日も、みんなの発表会。本当は今日1日のはずが応募多数ゆえに、昨日今日の2日間となりました。
たくさんのピアノ好きなみなさんの素敵な演奏!

ところで私は現在、執筆に忙しく。来年春に新しい本を出すために、今月末までに脱稿目指し日々奮闘しています!!

連弾もしました。

生徒さんたちと。

北国街道、柳町というところ。古民家カフェや素敵なお店がたくさん!

2014年11月23日 

長野上田サントミューゼにてピアノ発表会企画

5歳の子から高校生までの発表会。そしてワンポイントアドバイス!

昨晩遅くに帰京し、今朝は早くに再び新幹線に。旅から旅の日々。

レッスン中の様子

ホールの中庭の風景です。

発表会にて。

2014年11月22日 

宗像ユリックスホールにて不思議ボール公演

今日はホール入りの前に宗像大社へお詣りに。お天気も良く清々しい。
とても良い時間でした。

ホールのスタッフの方&「不思議ボール」映像担当の飯作さんの合作!

この後、郁代さんはまたも客席へ。

公演前に宗像大社にお詣りに!

2014年11月21日 

宗像市日の里西小学校にてワークショップ

今日は日の里西小学校にてのワークショップ。
昨日の講座を受講してくれた福岡教育大の学生さんたちも手伝いに参加してくれました!

ワークショップ後は宗像ユリックスホールで、明日の下準備と練習。

手伝ってくれている福岡教育大の学生さんたち

2014年11月20日 

福岡教育大にて講座

音楽教育の生徒さんたち約100人対象の講座。
普段小学校などで行っている鑑賞プログラム実演し、その後、皆にワークショップを課し、その後、レクチャー。
そしてその後には、明日の小学校プログラムを手伝ってくれる学生さんたちにプログラム説明など。
準備から始まり、8時間!

そして、その後には、宗像ユリックスの宮崎さんと下呂の会館から駆けつけて手伝ってくれている田中さんと一緒にご飯。
この二人は、去年の地域創造のステージラボという研修の私のクラスを受講くださった二人。
こうやってまたご飯を食べて、近況を聞き、いっぱい話して、エネルギー溢れる時間です!

一日講演、ワークショップなど

宗像ユリックスの宮崎さんと、下呂交流文化会館の田中さんと、ワークショップを手伝ってくれる桜井さんと!

福岡教育大での講座の様子-1

福岡教育大での講座の様子-2

2014年11月19日 

福岡入り

今日は芦田さんのところで新しい春夏の衣装選び、そして生徒のレッスンをして空港へ、そして空路博多入り、そのままタクシー一時間にてようやく宗像入り!

2014年11月16日 

新潟リュートピアにて不思議ボール公演

今日は新潟にて不思議ボール。
七ヶ浜のアウトリーチでの演奏を含めると、6日連続公演!こうなってくると、演奏しない日自体が不思議な日的感覚。
毎日違うピアノ!を弾く。楽器ってこんなにこうも異なるものかとよーくわかる。
今日は公演後にお食事会があり、新潟の日本酒三種類試飲させていただいた。
お酒も並べていただくと違いがよくわかる。

楽屋で、新潟、新米の振る舞いが!

楽屋のお手洗い表示が踊っている!

2014年11月15日 

草加にてハープフェスティバルに出演

こんなにたくさんのハープ一度に見たり、聴いたりするの初めて!華やか!素敵!
そんな中演奏させていただきました。
舞台上のハープがピアノに共鳴して鳴っていたのはお客様には聴こえなかったかも。でも、鳴っていたのです!

演奏後は、またまた新幹線で今日は新潟入り。
そういえば昨日新幹線で東北から戻ったような???飛行機生活がひと段落したら今度は再び新幹線生活。

パンフレット

リハーサル

リハーサル

たくさんのハープが!

2014年11月14日 

多賀城東小学校にてアウトリーチワークショップ

宮城県の被災地への6年継続プロジェクト、今年の最終日は多賀城の小学校へ。

被災地の状況は刻々と変化している。全てが良くなっているばかりではない。ここへきて多くのご老人やお身体の弱い方がご病気になってしまったり、亡くなってしまったり、そういうことが増えているのだそう。
震災から三年。大変な状況を経験し、それが続いているその中で、体調を崩してしまう。
また、子供さんたちも、そういった大人の状況を感じながらの毎日なのだ。
不安定になったり、前向きな気持ちになれなかったり。

私たちにできることは、本当に微々たる微々たることだけれど、とにかく続けよう!と、今年もうかがわせて頂いた音楽のワークショップ。

七ヶ浜や多賀城の皆さんとご一緒する時間そのものが貴重です!

今日はこんなにひろーい体育館で弾く!

2014年11月13日 

七ヶ浜松ケ浜小学校にてアウトリーチワークショップ

今日は松ケ浜小学校。とても元気な生徒さんたち。

そして夜には国際村ホールで活動しているグルーブセブンという打楽器パーフォマンスグループの練習と、NANA5931というミュージカルグループの練習を見学させていただく。
もう14年も続いている。小学校低学年から大人まで参加。両方ともに、本格的なグループ。市民参加のミュージカルなど全国各地で行われているが、ここのは基本からびっしり、長く続けている子達のカンパニーだ。
キラキラしたエネルギーをいただいた!

アウトリーチみんなで頑張ってます!

みんなで相談!

ワークの発表タイム!

2014年11月12日 

七ヶ浜亦楽小学校にてアウトリーチワークショップ。夜はみんなのピアノコンサート開催

今日は亦楽小学校へ。六年生ニクラス。
今年はリズムに焦点をあてたプログラム。

そして夜には、七ヶ浜国際村ホールにて。
七ヶ浜や近辺のピアノを習っているお子さんから大人まで公募にて大発表会。
発表と私のワンボイントアドバイスも。
その後にはファシリテーターとして手伝いにはいってくれている桜井さん、伊丹君、千田さんも演奏!ピアノの音に満たされた時間でした。

みんなの発表会にて

ワンポイントアドバイスも!

2014年11月11日 

七ヶ浜町汐見小学校にてアウトリーチ、ワークショップ

2011の震災から3年目の学校訪問。最初の年、昨年、そして今年、と様々な変化を感じる。
進むこと、停滞すること、時間の経過とともに逆に噴出すること。

このプロジェクトは6年間がかり。震災の時小学生だった生徒さんたち全員へのプログラム。
毎年六年生へのプログラムを行うことによりそれは叶うのだ。

ワークショップへは、ファシリテーターというお手伝い人員も必要なため、クラシック事業協会の心の復興基金にも資金面での助けもいただいている。助かります!

2014年11月10日 

文化庁文化審議会後、仙台入り

今日は文化庁文化審議会。毎回、熱い発言が並ぶ。文化庁、審議員、かなり一生懸命知恵を出し合っています。
それらの少しずつの改革案が、ちゃんと形になっていくことを願うのみです。
そして、会議から大慌てで東京駅へ。
七ヶ浜入りして明日からのアウトリーチスタッフとミーティング。

2014年11月9日 

今日のクレア

秋の収穫!
献上でございます!

2014年11月8日 

彩の国さいたま芸術劇場にてリサイタル

今日は「次代へ伝えたい名曲」がテーマのシリーズの二回目に出させていただいた。
1950年以降の曲を入れるというこのシリーズ。
三善晃先生の曲を弾いた。この時期はプログラム入れ替えの時期でもある。
少しずつ新しいものたちをプログラムに入れていく。新しいものを弾く時と、何回も舞台にかけたものを弾く時では、異なった緊張感が。
舞台とは不思議なもので、一回載せると二回目からは精神的に随分とラクになるものなのだ。でも、なんでも一回目はある!

ここ、彩の国のホールはベートーベンソナタの全曲演奏と録音をさせていただいたところ。あの頃の汗と涙?があった頃こその今がある!
このホールは響きもよく、三善作品やドビュッシーにも合う。

2014年11月7日 

彩の国にてリハーサル

明日の公演のため。リハ。
久しぶりの埼玉芸術劇場の舞台。
ベートーベンシリーズからもう何年経ったのだろう。
懐かしい!

2014年11月6日 

娘誕生日

この日ばかりは毎年、オフ日にしている。(多分)
6歳の時から!毎年同じレストランで同じ場所で記念撮影を続けてきたのに、今年は、そのお店が閉店!

それで、今年は気合を入れて、ロオジエに!新装相成ってから、早一年を経過しているとのこと。もちろん新装相成ってから初めて伺いました。
お店の中では撮影できませんので、半分お店の外で黄金に輝くお店をバックにご一緒させていただいた方たちと記念撮影!娘18歳の銀座の夜!誕生日でした。

ロオジエでご用意下さったバースデーケーキ!

イチゴが綺麗に整列!

2014年11月5日 

神奈川県立音楽堂にて公演

神奈川県立音楽堂は今年で60周年。日本で最も古いコンサートホールだ。
毎年行っている音楽堂の建築を知る会の最後に演奏させていただいた。
毎年この講演プラス公演には建築家の先生方の対談などもある。
今年はすでに90を超えられた、音楽堂の音響の設計をなさった石井先生もご登壇。今90歳過ぎということは、設計の時はまだ30歳位!そうやって考えるとすごいことです。
30の時の作品が60年経ってなお人々に愛されている!

神奈川県立音楽堂にて音楽堂の 音響をなさった石井東京大学名誉教授と。90歳を越えていらっしゃるそうです!

2014年11月5日 

ラジオインタビュー

朝は9時20分にラジオインタビューの方がウチへ。
来年の東京文化会館でのコンサートとワークショップのお話。2月の文化会館での川久保環さんとのコンサートはもう少しで売り切れるそうですので、皆様お早めに!
ワークショップはまだ余裕あります。
東京FM放送日、わかり次第ここでも会えるにアップします!

収録を終えて、神奈川県立音楽堂へ移動!

2014年11月3日 

京都にてシンポジウム続く

雨予報なのに晴れ。文化の日の晴れ率は高いのだそう。

今朝は8時に池坊学園の心ホールに入り、鑑賞プログラムの準備。
ピアノチエック、舞台設営、パワーポイント設営などなど、10時の開始まで結構忙しい。

そして10時から、近藤前文化庁長官のお話の後、まずは私が90分の音楽アウトリーチに関する、クラシック音楽ではどのようにその良さを伝えようと努力しているかの方法論をお話させていただき、その後、実演するという時間をいただいた。

皆様真剣にお聞きくださってありがたい。と同時にそういったことを本気で考える方が増えている手応えも感じられ、隔世の感があった。うれしいことです。
お昼休憩の後は、マイクスペンサーさんのワークショップ紹介、お能の河村晴久さんによる能楽ワークショップがあり、私はその後のレセプションには欠席させていただいて、来年春の大阪豊中市でのワークショップ事業の打ち合わせをし、帰京。
今日も充実した盛りだくさんの1日でありました。

出演、事務局の皆様と

ワークショップにて

2014年11月2日 

京都にてシンポジウム

「世界から見た日本の真髄」というタイトルのシンポジウム。
日本の伝統文化をどう世界に、国内に発信するのかという論題。
その中で、クラシック音楽をワークショップを通してどのように伝えようとしているのか、というお話をさせていただいた。
クラシックで試みている手法が能などの伝統芸能にどのようにお役に立つのか。
しかしながら、考え方は共有出来る、ということで私にお声をかけていただいたのだと思う。

基調講演はジェイルービンさんという日本文学の研究の方。村上春樹作品を全て翻訳なさっている。そしてもうお一人基調講演は給田英哉さん。ビジネスマンとしてのご経験、その後国際交流基金や秋田国際大学の理事として立ち上げから関わられたご経験や、アークヒルズクラブ支配人として人と人の交流の場を、作っていらしたところから見るグローバルな人材とは、というお話。
そして、マイクスペンサーさん、お能の河村晴久さん、私、とお話させていただいた。
最後には元文化庁長官の近藤さんのお話。充実しまくりの1日だった。
2時半に始まり、7時半過ぎまで。
そのあとはパネラーの皆様との懇親会として、河村能舞台へ。
貴重な舞台、舞台裏、衣装、能面などを、拝見。

シンポジウム会場。開始前の確認など

2014年11月1日 

八女にて横山幸雄君とコンサート

ボン、ロスと全く忘れ物をしないで荷造りできたのに!今回はミスってしまった。
演奏会用の靴を持ってくることを忘れたのだ。それで、朝移動の前に博多のデパートへ走る。
デパートは、ホークス優勝のセール真っ最中。
ちょうど良い感じの靴をゲット出来て、公演には大丈夫でした。

リハの時には、佐賀から、昨年の地域創造のラボという研修会に来てくれていた知佳さんが来てくれた。あの私が講師を務めたラボのメンバーは全国各地のホールにいるが、あちこちでみんな顔を出してくれる!ホントに嬉しい。
時間がたっても皆で繋がって、それぞれの地域のそれぞれの役割を果たすために頑張っている。

佐賀嬉野会館の中島知佳さんと。八女の公演に来てくれました!