ダイアリー 2014年12月

過去

2014年12月31日 

みなとみらいホールにてジルベスターコンサート

年越しコンサート。仕事納め兼、すでに仕事始めの領域へ。
なぜなら公演は12時まわって12時半頃まで続くから。
オーケストラもこのために集まったスーパーメンバー。楽屋周りはお祭りの如し賑やかさでした。
今年も一年たくさんの公演で、たくさんのお客様にいらしていただけましたことに感謝いたしつつの年越しです。ありがとうございました!

リハーサル風景

ラデッキーマーチは羊さんと共に!

装着!

この方、打楽器です!

2014年12月30日 

ジルベスターコンサートリハーサル

みなとみらいホールでのジルベスターコンサート。今回は伊藤恵さんと、デュカスの魔法使いの弟子の二台ピアノ版を弾く。これが、結構難しい!
でも、さすが伊藤さん!ばっちし合いました。

2014年12月29日 

今日のクレア

シアワセ

2014年12月28日 

曽我さんおかえりなさい会

9月末からニューヨークへ転勤しているヤマハの調律の曽我さんが、年末年始の帰国。
あまりに慌ただしくて送別会もできなかったこともあり、忘年会、送別会、お帰りなさい会を兼ねて?ご飯!
4月に浜松に転勤になったアーティストサービスの樋口さんも一緒。
ところで、2月8日のサントリーホール公演では、樋口さん発案!のあっと驚くことを行います!多分、サントリーホール史上初!になるのではないかしら?
皆様、お楽しみに!

ヤマハのみなさんと。ニューヨークから一時帰国の曽我さん、浜松から一時帰京の樋口さん、アーティストサービスの木村さん、調律の酒井さんと! みんな赤いです!

2014年12月27日 

27日28日29日 まだまだレッスン

まだまだ生徒レッスンは続く!
生徒さんたちも、なかなか年末お休み気分になれず、ごめんなさいです。
しかし、ピアノの道にお休みはないのです。がんばろう!

2014年12月25日 

博多オークラホテルにてディナーショー

今日は博多にて。450席が完売。4万円のお席です!
ありがたいことです。
フルコースのお食事、そしてディナーショー。
とても素敵な雰囲気。
そんなクリスマスの過ごし方もあるのだなあ、と感慨に浸ることができました。

入口のクリスマスツリー

リハーサル中。照明もクリスマスっぽく。

450席の会場を横から見ると。

2014年12月24日 

大阪リーガロイヤルホテルにてディナーショー

川井郁子さんと、森麻季さんと。
普段のコンサートとは、一味も二味も異なる演出も考えてみました!
どんな演出だったか、、それはいらした方のお楽しみ!
かなり、私はとしては頑張ったのです!

終演後は、川井さん、森さん、そしてスタッフのみなさんとクリスマスパーティ!
楽しいイブになりました。

会場の入口のクリスマスツリー

川井さん森さんと支配人さん料理長さん

リハーサルの様子

ミラーボールも使いました!

クリスマスケーキ

2014年12月23日 

山種美術館の講演

山種美術館で行われている東山魁夷展のための講演。
東山魁夷とモーツァルトという。

東山魁夷さんはモーツァルトもお好きで、モーツァルトに関してのエッセイも多く、興味深い。今までそのことをあまり知らなかったのだが、今回この講演のために付け焼き刃!ですが、少し学んで面白かった!

そして、東山魁夷さんの作品は図版ではその良さはわからないのだと改めて感じ入りました。是非、本物を皆さん見てください。凄いです。この質感、なんと表現したら良いのかしら、です。

シュタイン運び出し。こんな風にピヨッとカバーをかけて持ち出します!所要時間7分!

リハーサル風景

本番風景

太田垣さんも登場!

絵画とともに

今回の展覧会のために特別にオーダーされた「菊家」の和菓子。美術館1階の「Cafe椿」でいただけます!

2014年12月21日 

今日のクレア

マッタリ

2014年12月19日 

伊予高校にて朝日新聞オーサービジトプログラム

今日は高校生へのプログラムなので、いつもの音楽作りのワークショップではなく、音楽と言葉の関係にポイントをあてたプログラム。
演奏した曲も三善晃先生の曲など、現代曲も!

生徒さんたちはかなり真剣にプログラムに取り組んでくれました。

2014年12月18日 

松山入り

明日の伊予高校での朝日新聞オーサービジトプログラムのため。
今日は調律の水谷さんも学校入りしてピアノの調整してくださいました!

パワーポイントの準備をする朝日新聞の今村さん、カメラマンの御堂さん、マネージャーの寺澤しん、そして伊予高校の先生

ウチの娘も!会場設営の手伝い!

立派なお習字!

夜は、調律の水谷さんと、マネージャーの寺澤さんと! 居酒屋にて!

2014年12月17日 

大阪夕陽丘高校にてちよッとコンサートと公開レッスン

音楽科のあるこの高校。
ミニコンサートして、そして公開レッスン。
最近あちこちの音楽科へも伺わせていただいている。
どこの学校の生徒さんたちもカワイイものです。
みんな、頑張ってね!

久しぶりに来た伊丹空港! 新キャラが! ツボに入りました!

そらやん、カワイイ!

2014年12月16日 

茨木市にてリサイタル

完売!ありがとうございます。本当にたくさんのお客様は嬉しいものです。寒い中ありがとうございます。
今日はカワイのピアノ。私の演奏会人生において、まだ5回目?くらいかも、カワイでコンサートを弾くのは。

このところありとあらゆる種類のピアノを弾いている。トドメのカワイ!

やはり、フレームの景色が違う。ボルトがお地蔵さんみたいで面白い。
カワイはハンマーのアクション部分に、なんと!樹脂!の部品を使っている!なので、木を使っているヤマハやスタインウェイとは、タッチの感覚がかなり異なる。
メーカーによってピアノって、ホントに違うものです。

大阪って!安い!

リハーサルの様子

今日はカワイのEX

フレームのボルトがこんな形。お地蔵さんみたい!

3つ並ぶと、袈裟地蔵

2014年12月14日 

豊橋にて横山くんとコンサート

本当に今日の私は何処?という毎日。そういう私は豊橋にてコンサート。

今日は横山幸雄くんとのデュオ。
読響ツアー中にもホールのリハ室や楽屋にて、皇帝だけではなく、その後の公演の曲も練習。演奏家の生活って、そんな感じなのだ。。毎日並行してたくさんのプログラムを準備している。

そして、並行して、初校が上がってきたエッセイ本のゲラチェックも!
毎日フル回転過ぎのフル回転だ!

初校ってこんな感じ!まだまだここから手を入れていくのだ! 脱稿直前の頃には400字を10分で書くくらいスピード作家生活を送った私です!

2014年12月13日 

下松にて読響とコンサート

今日は山口県。朝起きると自分がどこにいるのか、よくわからない毎日。
そして、今回の読響ツアーでも、毎日異なるホール、異なるピアノでの演奏。
今月に入って一体何台の異なるピアノを弾いただろうか、、

なかには、ハンマーがもう尽きてしまっている子もいれば、カンカンに硬くてコンコンとしか音が出ない子もいれば、本格的には使われていなくて頑張ってピアノの状態をアップしなくてはならない子や。それらに対応するため、今回も、多治見には松尾楽器の外山さん、福岡にはヤマハの酒井さん、下松には松尾楽器の小林さん!と調律さんもオールスター戦。
皆さんの総力あってこその公演なのです!

2014年12月12日 

福岡アクロスにて読響とコンサート

今日は福岡。満席!アクロス大ホールが満席だと舞台の上からかなり壮観。
ありがとうございます。

今日は終演後、読響事務局の皆様と博多の街へ。博多はお食事のグレードが高いと思う。年末の金曜夜ということで、町は遅くまで賑わってました。

福岡アクロスにて。リハの時間!

読売日本交響楽団事務局や関係者の方々と!

読響事務局の皆様と!終演後の楽しい宴!

2014年12月11日 

多治見にて読売日本交響楽団とベートーベン

飯守泰次郎さん指揮。ワーグナーをお得意となさる雄大な感じが、エンペラーとマッチ。充実した時間。
多治見はまだ学生の頃、チェロの山崎伸子さんとのコンサートを修道院でさせていただいた思い出深いところ。その時に聴いてくださった方が、今日のコンサートの企画委員をなさっていらした。
そして、昔懐かしい!私の若い!頃の音楽の友をお持ちくださった。
30年前!!!驚愕!!

驚愕写真!人ってやっぱり老けるのね、、

2014年12月10日 

読売日本交響楽団リハーサル

ベートーベン皇帝。読響練習所は読売ランドにある!そこには、巨人軍宿舎、ヴェルディ練習場、もちろん読売ランド、そして隣は日テレ撮影所。
今日も練習所隣でドラマの撮影をしていた。
なんのドラマかしら?
「今日は会社休みます」?いや、でも山道でとっていたから、殺人事件ドラマかしら?

2014年12月7日 

加古川にてリサイタル

昨日は八王子の後、ウチへ車を置き、そのまま新幹線で姫路へ。
またまたウルトラ移動の日々は続く。

そして今日の会館にはベヒシュタインというピアノが。
コンサートで使うのは初めてだ。
一昨日から、ヤマハのCFX、昨日はヤマハのCF3、と、フォルテピアノのシュタインモデル、そして今日はベヒシュタインと、かなり異なる楽器を連続で弾いている。
タッチも違えば、音も違う、響も違う。ピアノの道は奥深い。

そんなベヒシュタインは、相当面白い楽器でした!ベートーベン月光ソナタの一楽章、まるでフォルテピアノのようにペダル最初から最後まで踏みっぱなしでいけちゃいました。
構造が、ちょっとフォルテピアノのような楽器なのです。

王様冠マークのベヒシュタイン。プロイセン王御用達だったそう 調律は今日はベヒシュタイン取り扱いのユーロピアノの加藤さん。プレイエルを弾く時にもお世話になっています!

今日はベヒシュタインを弾く。演奏位置から見える景色が違う!構造がかなり違うのです。

フエルト部分が多く弦の振動の止め方が大きい。

高音の弦は他の会社のものより太い!

エンペラーノイ。エンペラーNEWというモデルだそう!

2014年12月6日 

その2

八王子いちょうホールには!

なんと!クレア!特製ハヤシライスが! クレア、頑張ってる!

えっ?何?

2014年12月6日 

八王子いちょうホールにてモーツァルトリサイタル

今日はシュタインのフォルテピアノと、ヤマハの弾き比べも。
二台楽器があると準備も時間がかかります。でも、めったにない機会なのです!

シュタインの下には加湿器と濡れタオル!乾燥すると響板などが割れてしまう危険が!

ヤマハとシュタインと並んで調整!リハの時間を捻出するために朝から調律さんは大忙し!

なにやらペダルの調整。ヤマハの水谷さん! 曽我さんがニューヨーク勤務になり、水谷さんがニューヨークから帰国し、担当もバトンタッチ!

ついにはこんな態勢に!

シュタインのアクション模型を持って会場を廻るいちょうホールの木村さん

これが現代のピアノのアクション。大きさが相当違います!

2014年12月5日 

長野にてリサイタル

今日は長野公演。先日の上田での公演を聞いてくださった方たちもたくさんいらしてくださった。嬉しいです。ありがとうございます!

今日、いただいたお花の中にレインボー薔薇が!!
スプレーではなく、中からちゃんと色づいています。

ロビーにはCFXのポスター。今日はヤマハのCFXを弾きました!

リハの様子!

律の酒井さんに持っていただいて撮影しています!どしたら、こんなレインボー薔薇になるのかしら??!

2014年12月4日 

オリンピックカルチャーサミット

もう5回目。毎回企業の方、アーティストの方、行政の方、様々な立場の方のプレゼンテーションを伺い、なおかつ、いらした方と懇親。
オリンピックもさることながら、日本の文化を元気にするためには、という壮大な課題。
クラシックジャンルだけでは、考えつかないような素敵なアイデアも見聞きする。
今何が起ころうとしているのかも、肌で感じることができる機会です。

2014年12月3日 

生徒レッスンなど

11月10月とウルトラ忙しで、まばらだった生徒さんレッスン。
12月には試験もあるので、頑張らなくては!毎日何人かずつでも、しっかりローテーションです。

2014年12月2日 

川井郁子さんとコンサート

四日市にて。
川井さんは最近タンゴのコンサートもなさっているそうで、そこでは、踊ってもいらぅしゃるそう!動画を見せていただいたけど、かっこよくて色っぽい!!素敵!

私の辞書にはタンゴのタの字もありませぬ。
が、川井さんとのコンサートでは、エルチョクロとか、リベルタンゴとか、そういった普段と全く異なるフィールドもご一緒させていただいております。

2014年12月1日 

綱町三井倶楽部にてクローズドの公演

三井倶楽部はジョサイアコンドルの建築。趣きのある美しい建造物。そして、庭も素晴らしい。
そんな中、駐日大使夫人達なども多数ご出席のご婦人方の会にて昼公演。

晴れ女の私の面目躍如で、朝からの雨はしっかりと止み、会場から臨む庭園には光が!

三井倶楽部のお庭

三井倶楽部テラス