ダイアリー 2014年3月

過去

2014年3月31日 

伊勢神宮へ

毎年お詣りしている伊勢神宮。昨年が、どうしてもお詣りにいくこと叶わず、なので、今年度のうちにと、北九州から新幹線で名古屋へ移動、そして今日、お詣りすることが出来ました。

ホントに晴れ女の私!直方のコンサートでは、超雨男の館長さんに勝って、公演時には雨は止み、今日も、昨日の大雨は何処へやら、よく晴れておりました。

伊勢神宮ではお神楽もあげていただき、今年度の感謝を申し上げ、新しい気持ちで新年度にむかえます!

清々しい五十鈴川

ホントにキラキラ

2014年3月30日 

直方にてリサイタル

ユメニティのおがた、というホール。このチケットを見た娘が、ユメニティの、おがた、っていうのここ?と、、、!!???
確かに、そう見えなくもないですが、ユメニティ のおがた というホールです。

終演後には、秋の、今度は、宗像ユリックスさんで行うコンサートとアウトリーチ企画の打ち合わせも。
宗像ユリックスの宮崎さんは、去年の地域創造のステージラボの私のコースに参加してくださったメンバーの一人!そのメンバーさん達は、今やチームいくよという結び付きをしてくださっています!みなさんがそれぞれのホールで頑張ってくれている!嬉しい限り!

ユメニテイ楽屋のおやつ箱

裏を見ると?なんと、折り紙で出来ている!そして、掲げているのは!ユメニテイのおがたの方ではなく、宗像ユリックスの宮崎さん!

2014年3月29日 

明日の公演のため小倉入り

明日は直方にて昼公演。よって、今晩から小倉入り。
晩ご飯は当然小倉にて、ということで、一月前より予約を試み、運良く予約出来た天寿しさんへ!いってまいりました。
五席しかないこのお店。食べログでも、全国トップ10に入るこのおすしやさん!
グルメリポーターではないので、リポートは避けますが、是非リピートしたい!おすしを愛するご主人の切磋琢磨の証!のようなおすし。感動でした。

と、そのあとに、実は毎回小倉で外せないのが、森下フルーツのパフェ。今回も行きました。
食べました、あまおうパフェ。伺うと森下のおばちゃんが、いつも喜んでくださいます!

2014年3月28日 

夏の公開レッスンの打ち合わせ

相模原市文化財団主催の7月27日に行う公開レッスンの打ち合わせ。
申し込み要項をどのようにするのか、何人くらいレッスン出来るのか、などなど。
これから細かなことを詰めていって、四月頃には詳細発表となります。
なるべくたくさんの方とピアノを学ぶ楽しさをご一緒したいと思っています!

2014年3月27日 

春恒例のPの会 その3

そして再び。飲み飲み、食べ食べ、真っ赤な皆様!

2014年3月27日 

春恒例のPの会 その2

覗き込み

中まで潜り?

時にはピース

こんな中身!ブロードウッド

極め付け!博物館でもなかなか見られない!プレイエルとブロードウッドアクションをならべてみると!

こんなに違う!

2014年3月27日 

春恒例のPの会

春恒例、と言っても、今回二回目。しかし、信じられない豪華メンバー。
だって、楽器会社を超えて、スタインウェイ調律から二人、ヤマハ調律から二人、フォルテピアノ調律一人、プレイエル調律一人!
合計六名のトップ調律さんが集結したのです。

普段それぞれの方とそれぞれの公演でお世話になりますが、みんなが揃うことは稀有。
ピアノ話に花が咲きまくり、もう我が家は春爛漫。
そして、我が家の古楽器達四台をそれぞれ分解、解説!という、ものすごい授業のようなワクワク時間。

その前後には飲み飲み食べ食べ、合計ワイン五本、プラスビール何缶?空きました!
ピアノを愛するPの会!熱いです!

松尾楽器スタインウェイ調律の外山さんと小林さん。ヤマハ調律の曽我さんと酒井さん。ピアノフォルテ調律の太田垣さん。プレイエル調律のユーロピアノの加藤さん。

仲道楽器博物館?ツアー。まずはチェンバロから

次は1790年モデルのシュタインの中身を!

じっくり見る!

分解して見る

次は1816年製ブロードウッド

2014年3月26日 

ヤマハアーティストサービスの樋口さんの転勤に伴う送別会!

ヤマハのアーティストサービスでは、コンサートの調律の手配、楽器の手配、また、ヤマハを使わせて頂く様々な機会に応援、ご配慮くださるのです。
私だけではなく、日本のアーティストだけではなく、海外アーティストも頼りにする、
アーティスト達へのヤマハの顔!と言えるのがアーティストサービス。

クラシックのみならず、ジャズ、ポピュラー、と、ヤマハを使用するアーティストの窓口なのだ。
だから、アーティストサービスの築く信頼は、すなわちヤマハブランドの信頼、
評価と直結するものなのだ。

そこでずっとお世話になった樋口さんが浜松の他部署へ移動、、ということで、お別れ会。
樋口さん、ありがとうございました。そしてこれからも、頑張って!
また、異なる立場でよろしくお願いいたします!

ヤマハアーティストサービスの樋口さんと、調律の曽我さん、酒井さん!

ヤマハ調律、曽我さん、酒井さん!

2014年3月25日 

上田の新しいホールでのレジデントアーティスト企画打ち合わせ、その後、今年度の桐朋生徒さん達とお食事会

長野県上田市に来年度、新しい素晴らしい文化施設がオープンする。
そこで、来年度一年間レジデントアーティストとしてコンサートや、アウトリーチなどさまざまな企画に携わらせて頂くその打ち合わせ。
まずは五月に約一週間伺い、学校などでの活動をする。
ホールでのピアノ開きコンサートは、秋10月となる。その前からの活動だ。

多面的かつ重層的な展開を考えていらっしゃる!とてもとても楽しみな会館だ。

そして、夜には毎年恒例の、と言っても、今年で二回目の、といっても、私の桐朋先生歴二年目!なので、二回目デス!
生徒さんたちが年度最後にお食事会を開いてくれました。
全員集まって、顔を合わせてお話、お食事。
一年間頑張ったみんなの様子が思い出されて、だんだん歳をとる私としては、胸が熱くなります。
先生って、幸せな職業ですね!ありがとう、みんな!!

桐朋生徒さん達と!

2014年3月24日 

地域創造理事会

今年度最後の理事会。
地域創造という財団法人の役目を社会情勢の変化の中でどのように全うしていくのか、モチベーション高く頑張ってもらいたいものです!

2014年3月23日 

その2 有田正広さん宅にて、ピートクイケンさんのフォルテピアノ講習会を聴講

オペラシテイ終演後には、有田さんの御宅へ直行し、クイケンさんが、何人かのレッスンをなさるのを聴講。
これが、ウルトラ素晴らしかった。
モダンのピアノとフォルテピアノのテクニックの違いについて、論理的にクリアーに説明くださったし、楽譜の読み方についても、非常に明晰なレッスン。
素晴らしい音楽家、素晴らしい先生です。
この数時間で私は相当学ぶことが出来たように思います!

そして、レッスンの後は、クイケンさんと、通訳をなさったケイさんと、有田さんご夫妻と、ウチの娘もご一緒させていただいて、有田さん自らのお料理をいただく。
そこでも、音楽のこと、フォルテピアノのこと、クイケンさんのお住まいのベルギーのことなどで話は盛り上がり、最後には有田さん秘蔵?!の蓄音機で往年の名演奏家の名演を聞かせていただき、、と、音楽一杯の時間を過ごさせていただきました。
新しい出会いにまたまた感謝です。

有田さんとピートクイケンさん!

2014年3月23日 

その1 オペラシテイにて川畠成道さんの15周年記念コンサートに出演

川畠成道さんの15周年記念コンサートに長谷川陽子さんと一緒に参加させていただく。
三人でメンデルスゾーンのトリオ。
メンデルスゾーンは千住さんとのトリオでも弾いているし、先日の宝くじコンサートでも演奏。
室内楽は面白いもので、メンバーが異なれば、演奏も異なる!そこが、奥深いところです!

2014年3月22日 

東京交響楽団のコンサートを聞く

今日はピートクイケンさんがフォルテピアノで東京交響楽団とハイドンの協奏曲を弾かれるので聞きにいく。
使用フォルテピアノは私が先日響アンサンブルとの共演の時使わせていただいたデュルケンモデル。本来442のビッチまで上がらないものを、何ヶ月もかけて上げてテンション高く調整したものだ。それだけのことをして、特別使用にしているのに、東響のプログラムに使用楽器についての記述が見つからず、残念!
それを使ってオペラシテイで、それもモダンのオケとどのように融合するのかが興味あるところだった。

クイケンさんの演奏は素晴らしく!オケもスダーンさんのピリオド奏法が徹底していて素晴らしく!

けれど、やはり、フォルテピアノはPAを入れての演奏。スピーカーを使わないことには、モダンのオケの艶やかな音と一緒に弾くことや、オペラシテイのキャパシティで、聞こえる、ということが難しいということなのだろう。
PAが入ると、どうしても音の立ち上がりが目立ってチェンバロのような音に聴こえてしまう。フォルテピアノ本来の表情は伝わりにくい。
それでも、クイケンさんの演奏は素晴らしく、そういった表情も聴こえてきてはいた。
オケも素晴らしかった、、、からこそ、古楽器とモダンの楽器で共演することの難しさが浮き彫りになったとも言えるかも、、。
現代に古楽器の良さを蘇らせる時に、何を大切にして、何を求めるか、という究極の選択にさらされる、という感じ。
フォルテピアノの道は深い。

2014年3月21日 

ファンクラブ東京の交流会、のち、月刊ピアノ取材、のち、レコーディング打ち合わせ

今日も長い一日。
まずは、ファンクラブ東京の交流会。毎年ご参加くださる方が増えて今年はスタッフいれて90数名!
嬉しいことです!ありがとうございます。

そして、毎年のメンバーは顔見知りとなり、私もお顔とお名前が一致しますし、
それぞれ皆様でもお話が弾み、和やかです。
今年は私の演奏タイムに、オマケで娘のフルートとフォーレのベルシュースを演奏。
皆様にお聴きいただけて感謝です。

そして、終わってからは大急ぎで帰宅。
ところが思わぬ渋滞で、取材にきてくださった月刊ピアノの方々を30分近くお待たせしてしまいました、風も強く寒かったことでしょう、、お風邪ひいていらっしゃらなければ良いのですが、、。ごめんなさい、、。

そして、取材のあとは、レコーディング計画打ち合わせ。
またまた大きな?!計画が立ち上がり中。頑張ろう!

2014年3月20日 

23日の川畠成道さんのコンサートのリハーサル。そのあと、銀座キャノンギャラリーにて写真の個展パーティ

バイオリンの川畠さんの記念コンサートが23日にオペラシテイで。そのリハーサル。
今日は長谷川陽子さんの御宅で。陽子さん宅は最近改築なさって、とっても素敵!
家は手をいれると新たな表情が加わるのだなあと実感。
川畠さんは目がお悪いので、すべて暗譜なさってのリハーサル。
ものすごいご努力がおありなのだと頭が下がる。

そして、夜は銀座のキャノンギャラリーにて中條未来さんの写真個展。
中條さんは、私がいつも写真を撮っていただいている斎藤清貴さんのアシスタントをなさっているが、今回はご自分の二回目の個展。
スペインの様々な表情を切り取っていらした。
写真といっても、いろいろなとりかたがあるのだと面白かった。
その人の感性がしっかり現れる世界!

2014年3月19日 

宝くじドリーム館にてコンサート

お昼のコンサート。12時から!
リハーサルは10時半から。と、すでに外には行列が。七時から!並んでくださっているお客様が。
全自由席、なおかつリハーサル公開ということで。

ありがたいことです。雨でなくて、風もひどくなくて本当に良かったです。
ありがとうございます!

宝くじの抽選の機械の前に仕切りを作りその前での演奏。会場には宝くじマスコットのクーちゃん!また、一億円の重さを試すことが出来るものや、四億円の束の!レプリカ、当然ですが、一億円って、重いのです。持ち上がらない。三億円強奪事件の犯人はものすごーく力持ちだったに違いないです。

夜はアークヒルズクラブのパーティへ伺うはずでしたが、昨日から瞼が赤くガサガサになり、かゆみと腫れで、それが頬の方まで進出し始め、、悲惨な姿に。なので、今日は断念。
早く治って欲しいものです。

宝くじのクーちゃんと。クーちゃんの明るさに、、負けた、、!?

唐津さんと小野さんと!やはり、クーちゃんの明るさに、、私達暗い、、。

2014年3月18日 

静岡にてSPAC 評議委員会

静岡パフォーミングアーツセンター。の評議委員会。
こちらは劇作家の宮城聡さんが芸術総監督をされている。
世界へ発信出来る劇団を持ち、静岡県全域への舞台芸術、文化教育活動も担って日々努力している。
四月末から五月にかけての世界演劇祭は見ものです。

富士山を眺めるロケーションの静岡パフォーミングアーツセンター、
皆様一度お立ち寄りくださいませ。

2014年3月17日 

19日の宝くじコンサートのリハーサル

メンデルスゾーンのピアノトリオのリハーサル。
今回初めてご一緒させていただく、バイオリンの小野明子さん、チェロの唐津健さんと。

夜には、内藤裕敬さん演出の家族の休日というお芝居を恵比寿エコー劇場へ観にいく。
そこで、四月にやはり内藤さんが演出なさる薬師丸ひろ子さんご出演のお芝居に出られる若いイケメン!俳優さんの細田さんと打ち上げ席をご一緒する。
と、彼がウチの娘の小学校からの先輩ということが判明。いろいろ進学についての良いアドバイスなどもいただき、娘はハッピー!

バイオリンの小野明子さん、チェロの唐津健さんと

2014年3月16日 

その2 ビルボードライブにて川井郁子さんのライブを聴く

ビルボードライブというところ、初めて。六本木のミッドタウンにあります。

かっこいい大人のお店。ステージ後ろには六本木の夜景が。
そんな大人のお店に娘も連れてまいりました。
今日は川井さんは和楽器とのコラボで、蓮という尺八とお琴の若者とのアレンジで演奏。
それが、バイオリンと相まって、独特の素敵な新しい世界感を作っていました。
そして、川井さんの舞台姿は超美しく、音楽も情熱的で、しっとりと華やかに大人の楽しみを堪能させていただきました!

ウチのむすめも、かっこいい!と感激!
初めて体験したライブという世界。川井さん、さすがだなあ!と感嘆しました!

ビルボードライブエントランス!異次元の始まり

ビルボードステージ。都会!

光り輝くビルボードライブの文字!

2014年3月16日 

その1 オペラシティにてジャパンアーツ主催の東日本大震災チャリティコンサート

今年も行われましたチャリティコンサート。今年も天皇皇后両陛下のご臨席を賜りました。

ジャパンアーツのアーティストがたくさん出演するこのコンサート。華やかです。
今年は福島の高校生のみなさんの吹奏楽や歌も。感動でした。
今日は妹の祐子さんも出演したので一緒の楽屋。
甥っ子も来てウチの娘もで、とても親族な楽屋でした。

終演後は募金箱を持ってロビーに。たくさんの皆様のお気持ちをいただきました。
ありがとうございました。

ヴィオラの川本嘉子さん、妹でピアニストの仲道祐子さんと

終演後にはロビーで募金活動を行いました

妹でピアニストの仲道祐子さんと

2014年3月14日 

クラシック事業協会理事会

クラシック事業協会、みなさん、頑張ってます!いろいろと、新しく拡がりが持てるよう、問題を解決出来るよう、知恵を出しあっています!

会議のあと、夜には、娘と知人の女性と、なんと、フレンチレストラン、カンテサンスの予約が取れ、
行ってまいりました。
ミシュラン最初の年からずっと三ツ星。やはりさすがでした。
工夫凝らしたお料理は楽しく、驚きと納得の連続。シェフはお若い方なのでした。

2014年3月12日 

川井郁子さんとランチ!

コンサートの時には、なかなかゆっくりお話する時間もなく、なので、今日はゆっくりいろいろ。お互い同世代?いえ、私の方が年上、、ではございますが、仕事をしながら子育てママとして、話は尽きません!

2014年3月11日 

神戸新聞松方ホールにてリサイタル

昨日は文化庁のあと、そのまま神戸入り。
そして、今日は神戸新聞松方ホールにて昼公演。
平日お昼間公演なのに、サイン会にはお子さんの姿も!
学校をお休みして、とか、はや引きして、とか、いらしてくださったのだそう!
ありがとうございます。

今日は超名曲プログラムだったのです。名曲は有名であるがゆえに、音はみなさん知っている、ならば、いかにニュアンスをこまやかにつけて、表現の幅のある心に届く演奏をすることができるか、と、力も入るというもの。

終演後には、二人ほど生徒をレッスンしてから帰京。今日も充実。

サインしてまーす!

サインの合間に!お話なんかもしちゃう。これ、結構楽しみなんです!

2014年3月10日 

文化庁にて、文化審議会会議

今年度最後の会議。
文化庁へ来ると、若き日に文化庁の在外派遣研修の試験面接へ伺った時のことを未だに思い出す。
緊張したものです。
あのシステムにより、ドイツ留学をさせていただけたのだ。感謝です。

今は文化審議会で伺うのに、普段のコンサートとは異なる緊張感。私のたった少しの発言があったからといって、世の中が変わるわけではないけれど、そういう機会を与えていただけることに感謝です。

普段はジャケットや、スーツは敬遠している私。でも、今日はさすがに、、!

珍しいジャケット姿!

2014年3月9日 

沖縄うるま市にて千住さんとのトリオ公演

昨晩沖縄入り。沖縄はやはり暖かい。湿度も高い。

うるま市芸術劇場は、外側の改修中!でも、中はちゃんと使えます!

帰り、那覇空港にてお能の坂井音重さんとバッタリお会いする。
坂井さんとは、近藤元文化庁長官の会でよくご一緒させていただいている。今日は那覇で公演がおありだったとのこと。空港は、バッタリ!が起きるの場所ではありますが、そうはいっても、なかなかそんなことはないのです。その上、沖縄!というのはとても珍しいのではないかしら。

工事中?うるま市民芸術劇場表入口!

楽屋入口

ここから入る!

2014年3月8日 

佐賀にてスミセイチャリティコンサート

住友生命がもう28年間も続けているチャリティコンサート。毎年出させていただいている。

今回は超名曲集のコンサート。フィギュアスケートを彩るクラシックの名曲がテーマ。そうでした!浅田真央さんは住友生命のCMなさってましたね。
それにしてもフィギュアではクラシックの曲たくさん使っています!

終演後は佐賀から博多に出て、そこから沖縄へ移動。
沖縄って、九州からでも結構フライト時間かかります!

2014年3月7日 

佐賀県唐津入り

明日のコンサートのため佐賀県入り。
今日は、フルートの有田正広さんのご縁で、唐津焼の中里隆さんの隆太窯へ伺う。

去年唐津を娘とまわった時に、太郎衛門さんのところや、藤の木土平さんの窯など幾つか伺った。
今回、隆太窯は初めて。
辻留さんでも、隆さんの作品をお使いでいらっしゃるし、有田さんの御宅でも、拝見してはいましたが、その作品の幅広さと、存在感に感動。ご本人からそれぞれの特徴がどうして出るのかなどご説明もいただき、なおかつ、御食事もいただき、幸せな時間。御食事は、隆さんご本人が包丁を握られての素材の良さを活かしたお魚、野菜などこだわりの御食事。しめは鯛茶漬け、最高でした。

唐津の海!

2014年3月6日 

来年のサントリーホール公演打ち合わせ

すでに2015年の2月8日の公演の打ち合わせ。私の中では、テーマは決まっている!
先日、スタッフの皆様に厳かにメールで発表した。返事は???ということなのか、来なかった。私の中では明快なのにな。

とにかく、それに基づいて、どのようなチラシを作るかの打ち合わせをデザイナーの藤田ルリさんと。かれこれ、もう八年目の共同作業だ。
今年も力の入った準備を重ねます。サントリーの公演は、そういったことも全部関わって作るので楽しいのです。新しいアイデア満載です。小出しに、発表しますので!お楽しみになさってくださいね。

2014年3月5日 

桐朋高校音楽科合唱コンクール審査員

今日は朝から桐朋の高校生たちのクラス対抗合唱コンクールの審査員を調布のくすのきホールにて。
朝、ホールの駐車場が満車でなかなか入れない!一体何があるんだ!と思ったら、このコンクールを観にいらした方達の車だったのですね!こんなにメジャー?!?になっていたのか。びっくり。

そして、恐るべし、音楽科の高校生達。
さすが、桐朋の難しいソルフェージュ授業で鍛えられているだけあって、難曲を次々とこなす。生徒の指揮もプロ並み?!だし、もちろん伴奏も上手。男の子達もよく声が出て、複雑なリズムも音程もなんのその。そして、何より青春が溢れ出る素晴らしいコーラスばかり。これは、超ハイレベルな高校生のクラス対抗合唱コンクールでした。そして、合唱のあとは、高校生オーケストラの演奏もあり、当然のことながら、ものすごい音がしておりました。
我が母校、後輩達、頑張っています!

2014年3月2日 

八王子オリンパスホールにて撮影と、リサイタル

今日は、まず撮影セッションがあり、そのあとリサイタル!

朝八時半にホール入りして、合田さんによるメーク!そして、ヤマハの全国の音楽教室に貼られるポスターの撮影。
舞台にて、ピアノを弾いている写真を撮影。八王子オリンパスホールは初めてでしたが、大きくて立派で美しいホール!舞台写真も素敵になりそう。
それにしても全国のヤマハ音楽教室!に私のポスター!なんて大感激。だって、私がピアノ、もといオルガンを始めたのはヤマハの音楽教室だったのだから(当時はオルガン教室と言いました)。錦を飾る、もとい、ポスターを飾る!です。
また、ヤマハのWebサイトへの動画収録も行い、それからリサイタルリハーサル!という、一日で二日分のはたらき!

そして、リサイタルではこのオリンパスホールの動員新記録を樹立!!
朝の時点で1854枚チケットが出ていたそうで、これまでのチケット販売記録は1856!と、あと二人来てくだされば新記録達成です!と主催の方が。
そして結果1902名の方が御来場くださいました。
誠にありがとうございました!!

メーク中!たくさんの化粧品!

八王子オリンパスホール 3階席から!

リハーサル時に、撮影!

こちらは撮影用に着た衣装です!

2014年3月1日 

岩舟町にて千住さんトリオコンサート

栃木県岩舟町。今度栃木市と合併するそうで、岩舟町としての最後のコンサートなのだそうだ。
このホールのデザインは面白くて、舞台後ろの壁は岩のようになっていて、そこから舟が飛び出ているようにも見えるデザイン。写真を取りそびれました!わかりにくくてすみません!

そして今日は晴れ女の私としたことが雨。そんなお天気の中、満席のお客様。本当にありがとうございます。
千住トリオも各地で完売、満席続出。
先日の平塚も完売していて、聞きに来たいとおっしゃったバイオリニスト川畠成道さんのお席をお取りすることができなかったほど。
ありがたいことです!