ダイアリー 2014年6月

過去

2014年6月30日 

東京都芸術文化評議会

今日は復活!良かったです。
なぜならば、今年度から東京都の芸術文化評議会の評議委員を仰せつかり、その初めての会議。
オリンピックも見据えた東京都の文化施作についてそれぞれの委員の発表もある。もちろん、私も。

多彩な顔ぶれの委員の皆様。舛添知事も最初から最後まで出席なさっていました。
時間オーバーしての真剣委員会でした。

2014年6月29日 

レッスン、しかし、、、

今日もレッスンデイ。しかし、一人目なんとか頑張ったものの、二人目途中でダウン、、三人目からはキャンセル。
今日は一日使い物にならない私でした、、、、、

2014年6月28日 

生徒レッスンデイ

今週末は、久々に公演の無い週末。
こういう時は、ノンビリ、ではなく、生徒さんたちのレッスン次々と。
とはいえ、今日は早くからで終わったので、そのあとは自分の時間!と思いきや、ほうけてしまい、ウツラウツラ、ボーっと四時間も過ごしてしまい、モッタイナイことこの上なし。

しかし、人様にはこのような時間をとらないといけない!と、よくアドバイスいただくので、それも良し、ということにして、さあ、またエンジン全開がんばろう!

2014年6月27日 

その2

桂米團治さんとの対談が終わり、帰京。
と、担当マネージャーの寺澤嬢から米團治さんのお母様が昨夜お亡くなりになったという報が。
今朝の仕事の時には、そのようなお話は全く出ず、普通にお仕事くださった米團治さん、どんなにお気落としでいらしたかと思うと、なんと申し上げたら良いのか、言葉が見つかりません。

一睡もなさらず、仕事場へむかわれたのだそうでした。
対談は、本当に楽しく、密度の濃いものでした。
米團治さんの仕事への向き合い方に、敬意を表しますととともに、お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

2014年6月27日 

大阪毎日新聞にて桂米團治さんと対談

久しぶりにお会いする米團治さん。実は18年?位前から何度かご一緒させていただいている。
今日も短い対談時間に密度の濃いお話。さすが、です。
自称モーツァルトの生まれ変わり!の米團治さんとは、もちろん、モーツァルトのお話も、それから舞台とはどんなものかというお話や、車!の話、健康の話、共通のオーストリアの知人の話などなど。

毎日新聞全国版で7月21日に掲載予定です。
カラー写真、かなり大きな対談記事とのことです!

2014年6月26日 

大阪音大

今年は年度初めから、せっせと通っている大阪音大。
今日も八人生徒レッスン。プラス中学生一人。
長ーい一日。

2014年6月25日 

ジェスク音楽振興財団評議委員会

霧島国際音楽祭や、仙台クラシックフェスティバル、浜松ピアノアカデミーなどなど運営している財団。公益財団法人として幅広く頑張っています!

今年の仙クラ!私も出演します!10月頭です。

2014年6月24日 

大賀緑さんとお食事

ソニーの会長でいらした故大賀典雄さんの奥様の緑さんとお食事。

大賀さんには、大賀さんが指揮活動をなさっていらした頃、よくお声をかけていただいて、モーツァルトの協奏曲のソリストを務めさせていただいた。
懐かしい思い出お話しができて、また、緑夫人のお若い頃の日本の音楽界の様子なども伺うことが出来て、楽しいひと時。
大賀さんの功績に思いを馳せるお時間でした。

2014年6月24日 

今日のクレア その2

救出作戦その後

袋背負って、

ちょいとそこまで行ってきやすぜ!

2014年6月24日 

今日のクレア その1

とうもろこし救出大作戦!

袋の中にモロコシちゃんが!

なんと、ニンジンちゃんまで囚われの身に!

私が助けるわん!

おーい、大丈夫かー?

救出成功!

2014年6月23日 

桐朋にて有田さんの授業、レッスン沢山

今日は有田正広さんの授業を聞きにうかがう。
バロックの舞踊についてと、古典派のファンタジーについて。
今日は、モーツアルトのファンタジーを桐朋のデュルケンフォルテピアノを使って弾かせていただく。突然触ったデュルケンは、ウチのシュタインともまた異なるタッチ感で、咄嗟のコントロールはなかなか難しい。
と、今日は音楽の友が取材に来ていた。私も写真に写っているかもしれない。
何月号の何の取材なのだろう???

そして、有田さんの授業の前に一人、終わってから四人、合計5時間レッスン。
桐朋は夜の10時まであいているので、最後の生徒が終わったのは9時半過ぎ。本当に腹ペコ!とはこのことぞ。

2014年6月22日 

みなとみらいホールにて森麻季さんとコンサート

満席のお客様。ありがとうございます。
森さんは、いつもながらに、美しく!素晴らしかったです。
ドイツ歌曲、イタリアオペラ、フランス物と盛り沢山。
私も存分に楽しませていただくことが出来ました!

2014年6月21日 

クラシカルプレイヤーズトウキョウとコンサート

池袋の東京芸術劇場にて。モーツァルトのイ長調の協奏曲。

大きな芸術劇場大ホールで、シュタインのフォルテピアノがどのように聞こえるのか、いつもドキドキする。
オケのナイスサポートのもと、気持ちよく演奏させていただいた。
古楽器で弾くコンサートも回を重ねて、少しは音、タッチのコントロールが出来るようになってきたような気もするし、でも、まだまだ本番になると、普段の普通のピアノを弾く感覚が蘇ってしまったりもする。

しかし、この世界本当に面白い。
素晴らしい機会をくださる有田さんとCPTに感謝です。

シューベルトで使用するトロンボーン!こんなに長い!!

長すぎて手が届かないので、こんな棒がついてます!

開演前の東京芸術劇場。 アテンダントの方々が会場内をくまなくチェックなさいます。

有田正広さんと、豊嶋泰嗣さんと

2014年6月20日 

取材、収録日

今日は朝から夜までびっちり。
朝は10時に日経の電話インタビュー。
そこからはじまり、東京文化会館のウェブサイトの動画コメント撮影。写真撮影。

そのあと、朝日新聞のインタビューと写真撮影。
そのままNHK入り。秋に放送される番組収録。
ジャニーズ!のイケメンさんとご一緒。
番組内で私がやたらとそのイケメンさんに質問しているのは、台本にそのようにあったからです!
個人的趣味ではありませぬ、が、カッコイイ方でした!

放送詳細アップできるようになったらアップしますね!
そして、そのまま夜には森麻季さんとあさっての公演のためのリハーサル。
麻季さんの素敵なご自宅にて!

と、今日も本当に森?!いや、盛り沢山でありました。

ジャニーズイケメンさんからのスタッフさん差し入れ!

中にはこんなお菓子!

2014年6月19日 

驚愕!

これは、シャンプーです!
なんと、52500円!
頂きました。
驚愕!このお値段!
あまりにドキドキ使って、トリートメントするの忘れてしまいました。
これは、娘には隠しておきます。

2014年6月19日 

今日もCPTリハーサル

池袋の東京芸術劇場にて。
ウチのシュタインちゃんは今日、池袋でリハーサルの後、芸術劇場を出て、渋谷のNHKへ。
明日の番組収録のため、また移動。
大忙しのシュタインちゃんなのです。

2014年6月18日 

CPTリハーサル

土曜日のモーツァルト協奏曲のリハーサル。
今日、ウチのシュタインちゃん、1790年モデルのピアノフォルテは池袋の東京芸術劇場へ移動。
そして、クラシカルプレイヤーズトウキョウとリハーサル。
今回、コンマスに豊嶋泰嗣君が。豊嶋君は高校からの同級生。
久しぶりに同じ舞台で懐かしく嬉しい。

2014年6月16日 

文化庁文化審議会政策部会、その後オリンピックカルチャーサミット

今日は、文化庁の政策部会にて意見発表。
委員がそれぞれ発表するのだが、私の番は今日。
最近覚えたパワポを使うという技。これがあると、話がしやすいということを覚えました。
制作は大変だけど、私にはオフィスナカミチのスタッフがいる。
そして、最近では、娘が手直しなど手伝ってくれる!
若い人のパワーにポっ!

文化庁にての長ーい会議のあと、そのまま六本木ヒルズクラブにて下村文科大臣主催のオリンピックカルチャーサミットという集まりに出席。
その会でも、オリンピックに向けて文化が何を出来るのかなど話し合う。
この会には、ありとあらゆるジャンルの方々がいらっしゃるので、皆様のお話を伺うだけでも相当刺激的です。

2014年6月15日 

城崎にて

西村屋さんのホテルバージョンの方の宿泊は快適。
温泉にも入ることが出来、リフレッシュ。
今日は大会最終日で、いくつか。
13人の劇作家さんの連作での落語?も面白かったです。

2014年6月14日 

その2 城崎入り

日本劇作家大会を城崎温泉でしているので、覗きにいく。そこでは、去年の地域創造のステージラボの私のコースに来てくれていた藤原海翔君が、頑張っている!
城崎国際アートセンターという、日本で多分初の、そして世界でも珍しいアーティスト滞在型の施設がオープンし、そこで全国の劇作家さんたちや俳優さんたちも集まり四日間にわたり、様々なプログラムをするのだ。
風情ある城崎の温泉街にゴロゴロ演劇関係者さんたちがいる!
内藤裕敬さんにもお会いする。

夜には兵庫県知事さんや、豊岡市長さんともお目にかかれて、なんだか、みなさんとても嬉しそうな感じ。地域起しのイベントである。
夜には宇梶剛士さんにもお会い出来、新しいショップジャパンのCMのお話伺い、大笑い!
ワンダーコア!です。面白いです!

城の崎にて

楽しげなマップ

盛り沢山なイベント

運営スタッフ、豊岡の藤原海翔さんと! 若者、頑張ってます。

2014年6月14日 

京都にてリサイタル

この時期に京都コンサートホールにてリサイタルをさせていただくようになり、今年で四年目!今年も完売。とても嬉しいことです。
毎年テーマを決めての公演。今年は、梅雨に!しっとりとショパンの詩情。
しかしながら、当然のこと、晴れ女の私の公演は晴れ!梅雨であろうがハレ!

でも、公演の中身は前半は雨にちなんだ曲達。
すべてが雨に関連しているわけではないけど、私の中で結びつくものたち。と、並べたら、かなりーなしっとり静かなプログラム。
後半はバラード全四曲。

来年もまた七月にリサイタル決定しております。
来年のテーマはロマンチック全開!でございまする。

京都の皆様一年後にまたお会いしましょう!ありがとうございました!、、と、ここまで書いたのですが、三月にも京都コンサートホール協奏曲で行きまーす!

2014年6月13日 

娘学校演劇会

高校三年生。最後の演劇会。各クラスごとの出し物があるこの演劇会は、本当に見もの。よくここまで、大道具、小道具、台本、照明、演技、音楽と頑張るものだと毎年感心する。
娘の学校は高校は男子女子と別れるので、女子高である、すなわちすべて女の子達で行う、、本当に逞しい。
来年から見られなくなるのが寂しいな。

夜には明日の公演のため京都へ移動。
京都に着いて、ホテルへの移動タクシーの中で、来週収録のNHK番組の電話打ち合わせも。
今日も目一杯な一日。

2014年6月12日 

裏千家東京道場好日会

裏千家好日会でのお茶会は初めて。
今日は、師匠の安部先生もお手伝いに入っていらして、JCの男性諸氏が薄茶席を設けるとのことで、うかがわせていただく。
私にとってお茶の世界の水先案内人でもある方がご一緒くださるので心強い。

濃茶席、薄茶席、そして点心は辻留さん、
素晴らしいお道具、趣向を凝らした取り合わせの妙、雨に緑薫る今日庵の庭など、別世界の異次元タイムを過ごさせていただきました。
辻留の辻先生にもご挨拶出来て、至福のとき。
皆様のお着物、帯など拝見するのも楽しく、和の文化は奥が深いです。
忙しい毎日の中、この半日は、ウルトラなリフレッシュ時間でした。

裏千家好日会にて

好日会にて。お茶の安部先生、お連れくださった新保さん、和菓子を作っていらっしゃる坂本さんと

2014年6月11日 

東京音楽コンクール審査

今日は、第一次予選の前の審査会。録音による審査。
合計80人!バッハとショパン、聴きました!

2014年6月10日 

打ち合わせ、そしてレッスン

一本打ち合わせ、とっても!ワクワクする素晴らしいアイデアが!

そして、今日は四人レッスン。
しばらく地方にいると、合間には東京でせっせとレッスン。

2014年6月9日 

奥出雲の横田高校にて鑑賞プログラム

出雲の山の上の方、ヤマタノオロチの里、稲田姫の出身地、にある横田高校。
ホッケーで日本一に何度も輝いているそう。
今日はそちらで全校生徒への鑑賞プログラム、一時間半。
そういえば、小学校、中学校へはおじゃましているが、高校は初!
ウチの娘も高校生なのだから、感じはわかっているつもりだったが、学校へ伺うとなんだか新鮮。学内の雰囲気は、小、中学と明らかに異なるものだ。

高校生ということで、少しはプログラム構成、はお話する内容に変化を持たせてみた。面白いくらい、生徒さんの反応する場所が小学生と異なる。
小学生ではノリノリになるところは、恥ずかしそうな反応に。
けれど、かなり大人な内容にはじっくり耳を傾けてくれる。
人間の成長って、面白いものだとつくづく感じた次第。

終わって帰京。帰ってから生徒一人レッスンしようと思っていたのだが、バテテ、ヘロヘロでキャンセル。明日へ持ち越し。

横田高校のピアノ。かなり古い!YAMAHAの文字の書かれ方も現在とは異なる。そして、かなり!黄色い鍵盤!

2014年6月8日 

雲南にて子供のためのコンサートと、公開レッスン

朝!7時20分の飛行機、それも、プロペラで伊丹から出雲へ。
こういうウルトラ移動をすると生きてる!って実感がある私。

雲南の加茂ホールは、面白い形の会館。あまりに面白くてどの角度から撮っても、全容がわからない。上に、加茂にちなんで、カモが乗っているそうだ。
朝9時にホール入りし、段取り打ち合わせなど。
そして、子供さん達参加者が使用する140コもの風船をみんなで膨らませる。
舞台に椅子も並べて今日は舞台の上でのスペシャルプログラム。
演奏だけではなく、様々な角度から音を感じてもらう仕掛けを。

公演は一時から二時半。少し延びて、二時40分に終わり、三時からは舞台で公開レッスン。六歳から16歳まで、17人。七時までぶっ通し。

私にとってもまたまた長ーい一日でありましたが、最初の一時のプログラムから参加してくれたお子さん達にとっても、6時間!という長ーい一日でした。お疲れ様でした!!

フラフープ練習中!雲南の加茂ホールの渡部裕輝さん!

早朝。この小さなプロペラで伊丹から出雲へ

面白い形の雲南加茂ホールラ メール。撮れてないけど、上にカモ!が乗ってます!

肥後さんもプロペラへ!

全部で130作ります!参加者全員に行き渡るよう!

風船つくり!ホールの担当の渡部さんと、安部さん!

2014年6月7日 

兵庫県芸術文化センターにてコンサート二回

一時、五時の二公演。それも、一回が、二時間では終わらなかった。
最近の私は、疲れるという言葉を辞書から削除したので、本当に我ながら、ものすごい体力!と思う。
おかげさまで、二公演とも完売。ベートーベンの後期ソナタを弾きました。

1816年生まれのブロードウッドも無事デビューを果たし、発見もあり、本当に音楽って面白い。

この歳になっても発見の連続。音楽に年齢は関係ないと思う。

調整中。アクションを引き出す太田垣さん

ブロードウッドのハンマー。皮を何重にも巻きつけてあります

お客様にお見せするため、アクション運び

リハーサルの様子

2014年6月6日 

西宮にてリハーサル

明日のブロードウッドとスタインウェイで弾くベートーベン公演のため。
夕べブロードウッドちゃんはホール入り。
太田垣さんに調整してもらいつつ、今日の午後からは練習しては、調整、を繰り返す。
ワールドカップ出場のサムライ日本?のようだ。

明日は二公演。フル公演を一日で二回!
ベートーベンソナタ達、熱情や111。ハンマークラヴィーアのフーガも弾く予定。
すごいプログラム、、、二回も、、、どうなるのだろう、、私は。

と、隣の中ホールには小曽根真さんがいらしていることが判明。
今日はお会い出来なかったけど、明日は楽屋覗きに行く予定!
はっきり言って、ファンです、私。

西宮に到着。リハ室で調整中の太田垣さん!それにしても綺麗な楽器です!

打ち合わせ中。ブロードウッド調整の太田垣さん、ジャパンアーツの肥後さん、兵庫県立芸術劇場の永富さん、岡本さん、井田さん、スタインウェイ調整の外山さん、寺崎さん

2014年6月5日 

大阪音大

今日は一人教育実習へいっているので、全部で七人、プラス中学生一人。

やはり長い一日。
二人の生徒がベートーベンの熱情ソナタを弾いていて、レッスンをすると改めて発見することも多い。ブラームスの118を弾いている子もいて、じっくり曲に向き合うことが出来て面白い。
生徒のレッスンで、実は自分もかなり勉強になっている。
今日は朝、新幹線の、通路はさんで隣が超イケメン俳優さんで、チヨットハッピー。

2014年6月4日 

クラシック事業協会理事会、総会、懇親会

ホントにクラシック事業協会の理事会の皆様、それぞれの会社やお立場を越えて、この業界の発展のために知恵を出し合っています。
もっともっと、ウルトラアイデアが出ればいいのにな、と思いつつも、そんな簡単に凄いアイデアなんて出るはずも無く。
地道に頑張ることのみ!と、またしても、納得するのみ。

ところでウチのブロードウッドちゃんは、西宮の公演のためにすでにウチを出ました。
ゆっくりじっくり関西目指します!

2014年6月3日 

静岡県庁にて委員会、のちコンサートを聞きに行く

静岡県の教育委員会が、学校をコミュニティと結びつけるための新たな委員会を設置。
その第一回の会合。
川勝県知事始め、教育長、など、そして委員会のメンバーたちが集まって結構熱い雰囲気。
そのあと、今度は県の文化施作課の方でのヒアリング。

そして、大急ぎで東京へ戻り、国立音大が所蔵するフォルテピアノ三台を聴く公演に駆けつける。
ギリギリ開演時間に間に合った。
シャンツという1820年のと、ブロードウッド1820年、プレイエル1848年のもの。ブロードウッドはウチに来た1816年のコとほぼ同じモデル。
ウチのコは、西宮の公演のため明日にはウチを出発する。
ゆっくり関西へ行き、着いてからも養生が必要なのだ。

2014年6月2日 

みなとみらいでの式典にて演奏

横浜港開港155周年、日米和親条約制定160周年の式典にて演奏。

長谷川陽子ちゃんとブラームスのチェロソナタ一番など一時間ほどの公演。

ちょうどブラームスのソナタもその頃の作品!クラシック音楽の各作曲家たちが活躍した時代が、日本ではどんな時代だったのか、意外と判っていないものだと思う。

そして、公演の後には、生徒三人レッスン。
今日も盛りだくさん。
最近、私の辞書から、(疲れる)という言葉は削除することにした。
精神は全く疲れない。だって毎日音楽三昧。
身体は、残念ながら、そこまで軽やかではないが。

舞台袖に準備されていた旗!来賓のためのお花の札と共に!

2014年6月2日 

今日のクレア

二月に頂いた胡蝶蘭が!
新しい芽が後ろ向きに出て、沢山お花をつけています。
他にも後ろ向きに伸びてきた芽が!

後ろ向きに咲いた胡蝶蘭とクレア

2014年6月1日 

ブラームス協会にてコンサート

昨年に引き続き、演奏させていただいた。
今日は桐朋学園大学の弦楽生徒さんたちとも共演。
バイオリンの小川さん、ビオラの田原さん、チェロの村井さんと。
フメクリは、またまた桐朋高校生の百瀬君。ちなみに百瀬君は、ピアノ科だけど、私の生徒では無い。
今日はブラームスのピアノカルテット一番。あとは、私はモーツァルトの三番のソナタや、グリーグの抒情小曲集より。

今日も充実した一日。明日もコンサート!頑張ろう!

ブラームスピアノカルテットメンバー

カルテットメンバーとフメクリの百瀬君

打ち上げの様子_その1

打ち上げの様子_その2