ダイアリー 2015年2月

過去

2015年2月28日 

平野昭先生慶應大学最終講義を聞く

平野昭先生が慶應大学教授を退官なさる最終講義に伺う。ベートーベンのディアベリ変奏曲について。慶應の美学美術史の先生方、平野先生と親交の深い方々が集まっていらした。
日本の音楽学をリードなさる錚々たる方々。

講義の後の懇親会では、皆様の含蓄のあるお話や、日本のベートーベン研究のエピソード、歴史なども伺えて有意義な時間でした。
改めて平野先生のこれまでを思い、またこれからも深く長くご研究いただきたいと思いました!

2015年2月27日 

東京文化会館にて川久保賜紀さんとコンサート

完売!満席!ベートーベンとブラームスという滋養深い?!プログラムだったにも関わらず。最近の東京文化会館は熱いです!

そして、プログラムは重量級。じっくりと聞いていただきました。バイオリンソナタたちと、ピアノソナタなど。
それぞれが深く、重い世界なので、今日の本番は切り替えもエネルギーがいったし、かなり疲れましたが、楽しかったです!

本番写真(前半)

本番写真(後半)

川久保さんと!

2015年2月26日 

リハーサル

今日は川久保賜紀さんとのリハーサル。明日の文化会館とのコンサートのため。
ベートーベンとブラームス。美しいプログラム。

その前にはリューベックに留学している元桐朋生の桑原陽子さんが会いに来てくれる。
留学生の頑張ってる話を聞くとホントに嬉しいものです。それで一緒にランチ。

桑原さんと、玉笑というお蕎麦屋さん!

2015年2月25日 

今日もフル回転

朝は10時30分よりアークヒルズクラブにてミュージックミーティングに顔を出させていただき、オーケストラやホールや企業にて音楽に関わっている方たちの情報交換会。

その後、再びNHKにて、あと二日分のリヒテル特集収録を一日で!
昨日、今日とリヒテルの若き日から晩年までの、ありとあらゆる演奏会を聴き、改めてことリヒテルの精神の高さに感動しました。
もう一度生演奏を聴きたい!そんな気持ちになりました。
今生きている人は今生きている人を聞かなくては!もう一度、と思ったときはもうおそい。

今日は小さめのスタジオで収録。収録チーム!

話してます!

2015年2月24日 

NHK収録とオリンピックカルチャーサミット

三月のFM、四日間のリヒテル特集の二日分の収録。放送時間にして四時間。
ということは、今日の収録だけでも6時間!密度濃いです。

終わって大急ぎにて、アークヒルズクラブで行われたオリンピックカルチャーサミットへ。
この会には、ありとあらゆる文化に関係する方方がいらしているのだが、皆様のお話を伺うと、クラシックに携わる我が身、我が仲間たちを振り返り、このままではいけない!と、危機感強くなります。
クラシックは素晴らしいものとは、皆知っている!けれどそれをより多くの方に知っていただく努力をもっと、そして、どのように?!と、心底悩ましくなります。
他のギョーカイ、かなり頑張っています。

NHK調整室にて!

2015年2月23日 

打ち合わせ

なるほど!っと、ガッテンな打ち合わせ。ボヤボヤしていてはいけません!しっかりじっくり考えなくては!と目の覚める打ち合わせでした。

2015年2月23日 

今日のクレア

私、、、

私、、、

なんだか、、

アブナイ、、

もうダメ、、、

2015年2月21日 

東京文化会館にてワークショップ

ピアノの秘密、ホールの秘密というプログラム。
80分の所が120分くらいになっちゃいましたが、400名もの方がいらしてくださいました。
今日は、東京文化会館のスタッフの方々、総出演?!で、普段お客様にはご覧いただけない様子なども見ていただきました!

リハーサルにて。
舞台が上がる様子の動画

リハーサルで、ホールの説明を伺う

みんなで準備!

マイクセット

照明バッチリ!

2015年2月20日 

打ち合わせデイ

まずは、銀座ヤマハにて。
来年度のある公演についての打ち合わせ。実現したら嬉しいな。

それから、有楽町にて、今度の八月の札幌キタラキッズミュージックアンドアーツプログラムの打ち合わせ。毎回、30人のプログラムに、160人くらいの応募があるのです。
なので、少しでもたくさんのお子さん達に経験してもらえるようにするための作戦も会議。
もちろん内容についても!楽しみです。

2015年2月19日 

大阪音大

今年度最後の大阪音大。
久しぶりに、合計7時間、プラス、大阪の中学生をそのあと一時間!計8時間レッスン!
うーんなかなかです。

大阪音大の生徒と、桐朋の生徒が、ミュンヘンの講習会にて偶然一緒になったらしく、、音楽を学んでいるもの同士、私の生徒さん同士、初対面でも仲良くなったそうで、嬉しいことです。
友達の友達はみんな友達!もとい!先生の生徒はみんな友達!!ということです。

2015年2月17日 

その2 シェイノにて赤川次郎さんとお食事!

なんと!!!赤川次郎様!より、出版おめでとう!なるお食事をご一緒させていただきました。
本を出すことの大変さを垣間見た私としては、2年前に555冊を達成なさった赤川さんの凄さをひしひしと改めて感じ入っているわけで、なのに、そんなすごい方からおめでとう!などと言っていただくことの幸せを噛みしめる夜となりました。

以前から親しくさせていただいている角川の編集の方にも、出版にまつわるお話を伺い、なるほど!のへぇ!の、連続で。この世界も奥が深い!です。

シェ・イノにて。赤川次郎さんから!

恐れ多くも!!赤川次郎さんと、角川の編集の方に、出版のお祝いをしていただきました!

2015年2月17日 

その1 撮影、取材日

とある素敵な雑誌と、産経新聞と。

雑誌の方は都内にあるハウススタジオにて撮影。ハウススタジオとは、まるまる一軒家が全てスタジオになっているところ。なので、いろんな部屋のいろんなカットを撮影できるのだ。

その後は、産経新聞、2/23の富士山の日にちなんだインタビューと撮影。
両方とも、詳細わかり次第ここでも会えるにアップします!

背景あまり出せませんが、、こんな感じの撮影!

撮影ツーパターンめ。セッテイングのカメラマンさん

素敵なハウススタジオ。窓からの眺め

インタビュー風景

2015年2月15日 

15・16日 レッスン、レッスン

生徒さんたち、レッスンレッスン。修了試験の子、コンクールのある子、特別格子の先生のレッスンを受ける準備の子などなど。
みんながんばっています。

2015年2月14日 

クラシカルプレーヤーズトーキョーのコンサートを聴く

今日は、お昼間はチューリッヒに留学している元桐朋生徒の辻さんが会いに来てくれて、一緒にお蕎麦とわらび餅。
明日から再びスイスなのだそう。
留学している生徒さんたちが、帰国すると会いに来てくれるのが、本当にうれしい。みんなそれぞれ、120パーセント留学生活を充実させている。
留学する先によって、もちろん生活は異なるけれど、それぞれが音楽により深く熱く寄り添っていることがうれしい。

そのあと、池袋の芸術劇場にて有田正広さん指揮のクラシカルプレーヤーズトーキョーの公演。今日のソリストはバイオリンの豊嶋泰嗣君。豊嶋君とは桐朋の高校時代からの同級生。素晴らしいソロでしたし、オケも有田さんもフレッシュ、かつ、かっこいい。
これからは、コガッキではなく、カッコイイキ?と呼ぼう。

チューリヒに留学している辻さんが会いに来てくれました! 頑張っている様子!ウレシい!

2015年2月13日 

エッセイ本発売日、早くも重版決定!

今日は本の発売日。
そして、なんと!!
重版が決定。

ありがたいことです。
よく本の後ろにある何月何日第何刷発行、、みたいなアレがすでに第2刷!となるとは!
もちろん第2刷の方が数は少ないので、第2刷をゲットくださった方はレアかも、です。
すでに発見した手直し部分が第2刷では直されています!

2015年2月11日 

11日・12日 生徒レッスン!

二月は桐朋の研究科の生徒さんたちの修了試験が。
ラストスパートにて、ドシドシレッスン!

2015年2月10日 

浜松にて森麻季さんとコンサート

浜松は私の地元!たくさんのお客様がいらしてくださいました。
オジ、オバたちも!近所の方々も!
ありがとうございました。

今日は去年入ったばかりのヤマハのCFX。
これから、たくさん使われてどんどんホールに馴染んで良くなっていくことだろう。
ピアノもホールと一緒に成長するのです!楽しみ!

森麻季さんとコンサート 。舞台袖から

リハーサルの様子。美しい浜松アクトシティホール

リハーサル、二階席から見ると!

2015年2月9日 

今日のクレア

クレアのその後

音が聞こえるかなあ

うまく弾けない、、

弾けない、、、

へた、、り、、

2015年2月8日 

ファンクラブ関東交流会

今日はサントリーの公演の後、すぐに、ファンクラブ関東の交流会もあり、93名ものご参加をいただいての楽しい会となりました。
サントリー公演の余韻の中で、皆さまとのひとときを過ごさせていただきました。ありがとうございました!

日々これ精進なり。頑張ります!

調律の方々を皆様にご紹介!

会場の様子

大抽選会!

マネージャーの寺沢嬢もお手伝い!

一本締めでお開き

その後サイン会

2015年2月8日 

サントリーホールリサイタル その2

会場の花々

花々2

まだまだお花!

本の売り場はこんな感じ!

2015年2月8日 

サントリーホールリサイタル

おかげさまで今年も完売!当日券は3枚のみ!大入り袋は出動することが出来ました!
いらしてくださいました皆さま、本当にありがとうございました。
そして、エッセイ本も完売。
本当にありがたいことです。
本当の発売日は13日なので、入手できなかった方、もしいらっしゃいましたら、2月13日までしばしお待ちを!

リハーサル風景-調律の外山さんと

リハーサル風景

本番風景-1

本番風景-2

本番風景-3

本番風景-4

2015年2月8日 

今日のクレア

ファンの方からいただいたクレア用のピアノ

弾いてみよう

鼻で押してみよう

うーん恍惚!

2015年2月7日 

サントリーホールにてピアノ選び その2

あとちょっと!

2台並べて選んだら!

今度は一台下がります。

9号ちゃん!明日よろしくね!

と、サントリーホール8号ピアノは降りていく

舞台さんにも、さようならー

2015年2月7日 

サントリーホールにてピアノ選び

明日の公演のため。今サントリーの大ホールには、8号ちゃんと9号ちゃん。
サントリーが開館してから、要するに8代目と9代目ということ。
サントリーホール27年なので三年で一台替わっているということになる。
それほどの使用頻度と、それほどのプロフェッショナルな使われ方なのだ。

今日はピアノ庫からピアノと一緒に舞台に登ってみた!そんなことしたピアニストは他にはいないそう!
都合くださったサントリーの舞台関係者の方たち、ありがとうございました!

そして、我がナカミチイクヨスタッフである、担当マネージャーの肥後さん、寺沢さん、野崎さん、そしてオフィスナカミチの小寺さんは、休み返上して、ジャパンアーツ事務所にて明日の準備。
サントリー公演恒例の、いくよ新聞作りや、お客様プレゼント準備や、
プレゼント引換所用の飾り準備や、今年は本の発売のための看板作り!まで。

なにやら、手作り文化祭のノリです。
そんなみんなの愛!が詰まった、愛を受けての明日の公演!頑張ります!

準備しているジャパンアーツ野崎さんとオフィスナカミチ小寺さん! ん?折り紙?サントリーホールに折り紙? 何に使うかは、明日のロビーでのおたのしみ!

力作!明日の新刊売り場用に、作りました!これに明日は風船が付くそう!みなさん、これ目指してきてくださいね!

サントリーホールにて。明日の公演のためのピアノ選び。 ピアノ庫から舞台へ上げる

上で待つ舞台さん!

きゃー上ってる!ピアノと共に舞台へ登ってくサントリーホール初ピアニスト!

調律の外山さんも、身体半分地上へ!

2015年2月6日 

「ピアニストはおもしろい」 先行発売用サイン

2月8日サントリーホール公演にて、限定先行発売される300冊。
当日は、定価2,000円のみ、消費税なし!という特別価格だそう!

というサントリーホール公演、今年もあと残すところチケットは21枚となりました。
当日までに売り切れるか、、ただいまスタッフ用大入り袋準備態勢に突入しました。
いらしてくださるお客様みなさまに感謝です。お楽しみいただけるよう頑張ります!

サントリー公演販売用書籍にサイン

全300冊!春秋社の高梨さん!

営業の鎌内さん

2015年2月5日 

今日も練習デイ

毎日、よく練習できるなあ。でも、毎日同じウチのスタインウェイピアノで弾くと他のピアノに触ってみたくなる。
なので時々、生徒用の方のヤマハのピアノで弾いてみる。
両者の良さがそれぞれあっておもしろい。

2015年2月4日 

今日のクレア

2月4日本完成のお礼とご報告に神社までママとお散歩!
ママよくやったよ、ワン!

2015年2月4日 

本出来上がる!

ついに、エッセイ本、「ピアニストはおもしろい!」が、見本版で出来上がってきました。なんと、春秋社の会長、社長とお揃いで我が家にお届けくださいました。
330ページ超あるので結構厚いのですが、最近は紙が軽いそうで、それほど重くもありません。そして、綴じ方が、楽譜のようで、厚いのに開くとちゃんとテーブルに置ける。
どういう意味かと言いますと、ページがボヨンと元に戻ってしまうイライラがない!ちよっとしたことで読みやすさも変わるものなんだなあと、改めて感動。

ホントに頑張って書きました。特に去年の秋は怒涛でした。

こんな風に開くことができる!

こんな感じ

帯はこんな!

中を開くと!気分もアガル!ピンク!!

はじめに、の最初だけ!

2015年2月3日 

溶岩浴初体験

一昨日の公演が終わってから、今度の日曜のサントリー公演まで、マネージャー諸氏が気を遣ってスケジュールを入れないでおいてくれた上、秘書業務のコデちゃんも気を遣って、生徒レッスンも入れていない。
すなわち、私は毎日自分の時間。
こんな一週間、一年のうち一度あったらすごい、という一週間。
ちゃんとウチでご飯を作っていただき、練習し、朝からお化粧もしないで過ごす。
本来、こんな日があってもいいのかも、、と思いつつ、せっかく時間があるのだからと、前から気になっていた溶岩浴というところへ行ってみることにした。
私は基本汗をかかない。ところが、溶岩浴ってメッチャクチャ温まる。オドロキ。疲れた筋肉もほぐれる感じ。

2015年2月1日 

オペラシティにて東京フィルとコンサート

東京フィル、午後のコンサート。完売!マイスター!飯守泰次郎さんと皇帝。
今日は曲間にお話も盛り込む公演。マエストロとお話もご一緒しました。

じっと見守る調律の小林さん。

ゲネプロ前にマエストロ飯守と。

金管楽器と木管楽器の間に置かれていた透明な壁?!

ゲネプロの後もステージでピアノを弾きこみました。

コンサートでは、マエストロにいろいろなお話を伺いました。