ダイアリー 2015年3月

過去

2015年3月30日 

エンジンゼロワンクロージングコンサート

今日は高岡市にて講座と、最後のコンサート。
会場の講師控え室には地元の皆さんの心尽くしのお料理が!とてもあたたかなおもてなしをいただいた。

エンジンゼロワンの楽しみは、他フィールドの方々とお会いできることもある。
刺激がいっぱい。
一緒に来た娘も、皆様から人生について!アドバイスをたくさんいただき、感激!

エンジンゼロワン講師控え室には!高岡大野屋さんのお菓子たち!

講師控え室には、地元の手作りの郷土料理!ヘルシー美味しい!

珍しいお料理たち

エンジンゼロワンプログラム

高岡では、今期間限定でドラエモン電車も走ってます!

高岡のこんにゃく。お祭りではゲームしていただくのだそう

2015年3月29日 

富山にてエンジンゼロワンクロージングシンポジウムそして、高岡へ移動

エンジンゼロワンとは、様々なフィールドの文化に関わっている方たちが集まり、社会に貢献しようという団体。今回の富山市高岡市でのイベントも、参加全員ボランティアでの、講座開催。

宿泊と、交通はお出しいただくのだが、あとは手弁当で集まって、数日間ありとあらゆる講座を山のように開く。夜は夜で市内のお料理屋さんで希望なさる参加者の方々と語り合う!というイベント。
そのためには、開催地となる市は、市をあげて取り組んでくださる。
すごい賑わいなのだ。

エンジンゼロワン in 富山。ホテルのお部屋には、このようなものが! なんと富山のお薬、名前入り!

高岡のドラエモン達。ドラエモンがあちこちに!

ドラエモンの街高岡

2015年3月28日 

豊中アクアホールにてリサイタル

今日はリサイタル。豊中はアクアホールの隣に新しいホールを建設中。そのための準備プレイベントとしての公演。建ち上がるまでまだしばらくあるのだが、少しずつ盛り上げていく様子。楽しみ。

その後、今度は中学生のレッスンをし、サンダーバードに乗り、富山入り。
今年は富山で行われているエンジンゼロワンのイベントのため。
今日も、長~い一日。

豊中のコンサートのときに、ファンの方から頂いたお菓子。 京都末富さんのです!

2015年3月27日 

豊中にてワークショップ

今日は一日かけてのワークショップ。大池小学校に、豊中エリアの小学生を公募して集まってもらってのワークショップ。
今回のは音楽と演劇のコラボワークショップ。また、新しい形です。
朝は8時半に学校入りして、三時までワークショップ、振り返り作業もありの長丁場。
私はというと、その後、豊中アクアホールにて明日のリサイタルのための練習!

今日も長い一日。

2015年3月26日 

たくさんな一日再び!

朝は東広島市生涯学習センターにてワクワクピアノ学校。
子供さん達に、ピアノの魅力を知ってもらおう!というプログラム。
演奏したり、仕掛けのあることをしたり。50人ほどのお子さんたちが舞台上へ。
会場には大人の方たち。ここ、東広島には2016年度に新しいホールがたちます!

そのあと大急ぎで大阪へ移動。豊中にて、今度は明日のワークショップのための準備をファシリテーターとして入ってくださる皆さんたちと!
ワークショップで目指すことのお話をし、セッティング、そして、段取りリハーサルなど!

その後、またまた大急ぎで、生徒のレッスンも。あるコンクールで本選に残った子の、ブラッシュアップレッスン。

今日も長い一日でした。

東広島市生涯学習センターにてワクワクピアノ学校! 舞台上にはお子さんたち。会場には大人たち!

ワクワクピアノ学校

会場のお父さんたちにも質問!

みんな真剣!

東広島にて。朗読をするアサダさん!

豊中にてワークショップリハーサル。これだけでは、何をしているかわからないでしょう!?! 豊中と周辺のホールの担当の方々。元大阪音大生たち。みんな真剣に!頑張ってます。

2015年3月25日 

広島入り

明日のワークショップのため。
今日は桐朋の高校時代の友人二人とお子さんたちとディナー!
楽しい時間でした!

2015年3月24日 

オーケストラアンサンブル金沢とサントリーホールにてコンサート

幸せな公演。なんというのか、ベートーベンの四番には天国が出現する。
心が、救いを求めて、暗闇に沈潜する場面から、軽やかに天に駆け上がる。
なんとも言えない凄さがある。皇帝のような押し出しの強い華やかさとは趣の全く異なる曲だけど、私は本当に好き。

2015年3月23日 

地域創造理事会

地域創造の理事会も、様々な案件に熱心な議論が出ます。地域の問題、その時代の問題など柔軟に対応すべく、知恵を絞っています。
地方創生を謳う昨今。公共ホールや美術館の方々、などなど、ちよっとしたことでも是非地域創造にご相談ください!と私は思います。

2015年3月22日 

娘高校卒業式

本当に早いものでした。ついに高校卒業式。制服生活、お弁当生活も終わりです。
喜びと、一抹の寂しさと。

卒業式

2015年3月21日 

ふたたびカガヤキに乗って帰京

朝早起きをして近江町市場へ。生きたカニがわんさかいました!
市場も観光客で賑わい。

動いています、カニ

魚は、動いてません、並んでます

カガヤキ!

2015年3月20日 

アンサンブル金沢とコンサート

金沢は、新幹線の開通にて賑わっている。華やいだ雰囲気。
金沢の音楽堂は駅のすぐ隣。うまくすれば公演を聞いて東京へも戻れちゃう。
長野などからだってすぐ来られちゃう。素晴らしいことです。
ベートーベンの四番はとても幸せな公演となりました。

2015年3月19日 

金沢にてリハーサル

アンサンブル金沢の公演のため。新しいカガヤキ!に乗って金沢入り。
二時間半弱!太平洋から日本海まで二時間半!
日本て本当に細い国なのね。
新幹線は、車内販売が待てど暮らせど来ず!ようやく来た時には、コーヒーが売り切れ!想定外の賑わいなのですね、きっと。

アンサンブル金沢は素晴らしいオーケストラ。
療養から復帰なさった井上道義さんも、お元気!何よりでした。

2015年3月18日 

内視鏡検査

人間ドックの一環にての検査。恐がり、痛がりの私は、絶対麻酔をかけていただく。
麻酔で寝ているのに途中でまだ痛いと叫ぶ夢を見る。
検査だけでグッタリ。終了後は起き上がれず、夜までヘロヘロ。

2015年3月17日 

撮影 その2

こんな感じで撮影!スタッフさん達!

重いカメラを自在に操るカメラマンさん!

撮影後にナレーションどり!ディレクターさんと!

2015年3月17日 

撮影

内容はまだ明かせませんが、とても素敵なものになりそうです。
今日は、特にカメラワークの妙が光っていました。

映像を撮ってから、改めて音響スタジオにて、ナレーションを撮り、ピアノの演奏部分も撮りました。本当にたくさんの方がかかわり、手間をかけて作っているのだと実感!

お化粧してくれるマスター合田。アシスタントの向井さんと!

CM撮影メークルームにて

差し入れお饅頭。新潟のものだそうです!これ、とっても美味しい!

撮影スタッフの皆さんと!

収録終わりのピース

2015年3月15日 

ファンクラブ関西の会

毎年行っているファンクラブ関西の会。今年は60数名のご参加をいただいた。
今日はファンクラブ最年少の6歳の女の子から最年長の91歳の紳士まで!
そして、91歳の方は、ピアノもご披露くださった。
ご自身のジャズ風アレンジによるベートーベンの運命。
舞台の上に到達するための階段は1段飛びに駆け上がり、一段飛びに駆け降りる。
スーツを颯爽と着こなし、エネルギーに満ちた運命を演奏くださった。91歳!
また来年も再会をお約束した。

そして、6歳のお嬢さんも一生懸命ピアノを披露してくれました。

もちろん私も演奏し、テーブル同士の懇親あり、プレゼントコーナーあり。
毎年ご参加くださる方同士お親しくなられ、また、私もそれぞれの方のお名前とお顔が一致し。
ファンクラブ関東の会、関西の会。
年に二回の懇親会ですが、いつもエネルギーをいただいています。

会場となった神戸風月堂ホール正面玄関

会場入り口にて。風月堂といえば!のポスターと共に

ミニ演奏会

皆様のテーブルにて-1

皆様のテーブルにて-2

恒例の大抽選会!

2015年3月14日 

京都にて京都フィルハーモニーとコンサート

有田正広さん指揮でベートーベンの四番。
今日も完売!ありがたいことです。
久しぶりに弾く四番は、やはり素晴らしい曲。ハイリゲンシュタットの遺書以降のベートーベンのテーマの一つに救済というものがあるのだと思う。
そして、この曲を弾くといつも、ベートーベンの歌劇フィデリオを思う。
よーくまだ研究していないが、きっとモチーフ、など、関連あると思うのだ。

2015年3月11日 

11日から13日京都にてリハーサル

通常協奏曲のリハーサルは公演前日一日のみだが、今回はしっかり三日間。
指揮の有田さんとはこれまでフォルテピアノと古楽器のオケとの共演はあったが、モダンの普通のピアノでは初めて。
有田さんの背中に鎮座するピアノが黒く大きく見えるから不思議。

2015年3月10日 

桐朋の高校音楽科の合唱コンクール審査

去年もさせていただいた
高校学内の合唱コンクール審査員。
学内とはいえ、調布のホールを使って行われる。
各クラス自由曲、そして、課題曲は毎年生徒が書いた作品を歌う。
プラス高校生オーケストラの演奏も。高校生オーケストラ(通称モグラオーケストラ、なぜなら校舎の地下に高校生クラスがあるので)の演奏はシェーンベルグの淨夜。難しい曲です。

各クラスの合唱もさすが、桐朋のレベルの高いソルフェージュを学んでいる子達、難しい曲を難なくこなす。
その中でも、やはり学年が上がるごとに曲の表現や理解も深まるものなのだなあと、感慨深い。
とにかく、このコンクールの審査は毎年楽しい。
若いっていいな!と、フレッシュな感動をもらえます!

2015年3月9日 

静岡県委員会出席

静岡県のコミュニティースクール推進委員会。
学校と地域がどのように結びつくことができるのか
その中で芸術が果たせる役割は、など考えること多しです。

2015年3月7日 

船橋市民文化ホールにてニューフイル千葉と。

さすが小林さんが頑張ってくださり、今日はピアノは別次元にまで状態が上がった!ありがたいことです。オケの方も、昨日とピアノの音が違うから、ゲネプロで驚いたことでしょう。

そして、迎えた本番!
お客様が入って、会場の響きは超デッドに。
最初は、練った音での表現を試みようと弾き始めて、しばらくして、いや、これでは、ピアノは響かない、と、弾き方変更!かなり、しっかり弾きました。

コンサートというのは生きた音との勝負。響き、音、の関連で、奏法も工夫するものなのです。その工夫が吉と出るか、凶と出るか、はその時次第。
そういう意味では、面白くもあり、ドキドキでもあり!

ゲネプロ終了後、威張っているわたし!と、 アネさんに?!仕える?!調律の小林さん。

ピアノを起こす!

リハーサルの必需品!リハーサルは必ず録音して聞きます!そして、本番に向けて微調整!

海老原光さんと!

2015年3月6日 

ニューフイル千葉とのリハーサル

船橋市民文化ホールにて。ベートーベン「皇帝」。
指揮は海老原光さん。初めてご一緒する。
今回のピアノは、かなり年代がいっている。実はウチのピアノも年季がいっているので、キャラクターとしては似ている。
が、やはり協奏曲となると、線が細くなってしまっている。そこをどのように演奏するかぎ、プロのピアニストの技!というもの?!
線は細いが、楽器自体は悪くないので、今日、明日と2日間、調律の小林さんが調整してくださるのを楽しみにしよう!

2015年3月5日 

打ち合わせなど

来年のサントリー公演、そして、早くも!2016.2017シーズンにやってくる演奏活動30周年企画の打ち合わせ。その中には、もちろん新たなレコーディングの話も。
そして、新たなレコーディングは、かなりな目白押し!的な。頑張ります!

2015年3月4日 

大忙し

朝は桐朋学園へ。新しい調布校舎。
そのあとは新宿の東京都庁へ。
そして、そのあとは生徒レッスン、そして、夜は9時半より読売新聞インタビュー。
羅列すると、すっきりした印象ですが、どれも濃い!内容ばかりの大忙しデイでした。

2015年3月3日 

バタバタ

朝は桐朋学園へ。そのあと、運転免許の更新へ。
それから、明日都庁へ行く際の書類作りにドタバタ。
でも、ドタバタしがいのあるドタバタ。
ドタバタしすぎて、お雛様のチラシ寿司と蛤の潮汁を作るどころではなく、、、季節感のないお夕食となりました。

2015年3月2日 

本当は、、、

文化庁の文化審議会でしたのですが、ギリギリまで頑張ってはみたものの、、
ギブアップ。急遽お休みさせていただきました。
でも、夕方からの急な打ち合わせは、なんとかこなし、明日明後日のための準備は手をつけることが出来、満足。

2015年3月1日 

レッスンも休み

今日は生徒3人レッスンだったはずが、お休みに。
日曜日がお休みだと、正しい生活をしているような?そんな気にもなります。