ダイアリー 2015年5月

過去

2015年5月31日 

信州国際音楽村こだまホールにてコンサート

今日は金子三勇士君のコンサートにゲスト出演して、ラヴェルのラヴァルスを。

国際村が新しいスタインウェイピアノを入れてそのお披露目もかねて。

金子君のソロのプログラムは、彼の得意なリストなどハンガリーもの。
もともとハンガリーの血が流れている彼の弾くリストは時々、あれっという音や編曲が。
というのも、ハンガリーにてリストを辿ると楽譜やメモがあり、今出版されている楽譜と異なるものがたくさんなのだそう。それで、そういったバージョンで弾くと、今まで私が知っている曲とかなり違ったものになっているのだ。
リストも、深い!面白いものです。

私は基本的にほとんどリストは弾かないので研究は金子君に任せることにして、同じく、ショパンも楽譜の問題があるのでそちらは研究したいと思います!

朝ホテルで新聞を開いたら、私が!

金子君と

番外編。こだまホール舞台裏のサインの変遷。今年のサイン

サイン1990年

サイン1991年

2015年5月30日 

上田にてコンサートとリハーサル

お昼には、上田の原峠保養園のお子さんたちへのコンサート。
去年もさせていただき、そして今年も。
ピアノにとっても近く聴いてもらうことにしました!

そのあと、こだまホールにて金子三勇士君と二台ピアノのリハーサル。

原峠保養園のお子さんたちへのコンサート こんなにピアノに近くで聞いてもらうのです!

サントミユーゼの中庭。広々と気持ちいい!

保養園のお子さんたちへのコンサートの調律はヤマハの水谷さん。 ここ数日で、プレイエルの加藤さん、スタインウェイの外山さん、ヤマハの水谷さんと調律オールスター戦となっています。

明日のコンサートのリハーサル。上田のこだまホールでの金子三勇士君との二台ピアノのリハーサル

こだまホール座席の下に、、ヒーター

2015年5月29日 

録音最終日

このものすごい数の曲たち!録りました。録ってしまいました。途中、私ではなく、プロデューサーのフイリッブの方が調子が崩れるほどの密度濃いハイペース。
我ながら達成感があります。

これで、やったー終わったーと思いきや、私の日々はまだ続く、、なので、録音終了後も今度はまた違う曲の練習。

フイリッブと!

終了後、チームと!

エンジニアの高島さんと!

2015年5月28日 

スタインウェイで録音

今日からはスタインウェイを使っての録音。
プレイエルとスタインウェイは、タッチは違うは音の高さは違うは、楽器の構造は違うは、、で、かなり異なる音を持ちます。
この両方でショパンのワルツを全部録ってます。聴き比べるととても面白いはず。

しかし、ショパンワルツ17曲かける二回。プラスショパン名曲集をプレイエルてとっているので、合計50曲?以上?録音しています。すごい毎日です。

ソニーの古澤さんと、スタインウェイ調律の外山さん

ペダルの音が響かないようにペダルの下にマットを敷きます。

録音の音を確認中

2015年5月27日 

レコーディング二日目

今日もプレイエルでの録音。
プレイエルは今日までなので、とにかく全てを録るために、今日は11時録音開始から終わったのが夜の9時半。途中、お昼も40分ほど、また小さな休憩を15分ほど、くらいで、あとはずーっと集中。
さすがに最後の頃には手が、指が、もう動かなくなりました、、

毎日ホテルで素晴らしく上手なマッサージさんをお願いして、翌朝には筋肉復活!という日々。

2015年5月26日 

レコーディング

プレイエルを使用してショパンの名曲集。
今回はたくさんの収録曲なので、休憩返上のハイペース。
録音スタッフさんたちも、大変なことと思います!ありがとうございます。

レコーディング開始。プレイエルの調律は、このバッハのマークのように! この卵の数が調律の合わせ方なのだそう!

調律。音律の割り振り方が、七つの卵の数と、その下の五つの丸との割り振りなのだそうです。

サントミユーゼの守衛の荒井さん。楽屋口入ったら、”いらっしゃいませ”と! 全国ホールさん伺ってますが、守衛さんからそのように言われたのは初めて! 感激!

調律なさる加藤さん!

こんな感じで録ってます。

2015年5月25日 

その4

上田での記者会見の様子

2015年5月25日 

その3

こちらは上田サントミユーゼホールのロビー。
大友直人さんと私の旗が交互に!
昔の富士銀行のコマーシャルをご一緒していた頃のよう。

2015年5月25日 

その2

廊下を曲がり!

ホールに運び込み

脚止めを外し

下の台を抜く!

女性陣も活躍

舞台に降ろす

2015年5月25日 

上田にて記者会見

サントミユーゼホールの昨年度の事業報告を新聞社の記者の方たちに。
開館一年目でありながら、重層的な活動。とても充実していて、内容説明と、私と館長の津村さんとの対談含め一時間半の記者会見。

私と同じくサラマンカホールから上田に移動したプレイエルピアノをリハーサル室からホールへ移動するのは業者さんではなくホールのスタッフの皆様。
古い楽器に最大限のケアでもって、大切に移動。わざわざ、運ぶための台車も手作りくださって、総勢17名!手袋態勢で移動!感激、感動です。ありがとうございます。

そして、夕方にはアメリカからのプロデューサー、フイリッブとも再会。

サントミユーゼ内を移動するプレイエル。たくさんのスタッフさんが現れ!

プレイエルを持ち上げ!

特製の台に載せる!

脚の周りに!

動かないように固定!

動かす!スタッフ総勢17名の連携プレー

2015年5月24日 

上田入り

岐阜から名古屋を周り、名古屋で生徒のレッスンをし、信濃に乗って長野、そこからあさまに乗り上田へ。
シナノは、とても揺れる電車。けれど景色が素晴らしい。千曲川、棚田。日本は美しいです。

2015年5月23日 

サラマンカホールにてリサイタル、そのあと、公開レッスン

今日はプレイエルとスタインウェイを弾き比べてショパンを聞いていただくリサイタル。舞台の上に二台並ぶとその違いがよくわかります。
見ても違うし、聴いたらもっと違う!
完売、満席のお客様、ありがとうございました!

そして終演後には、その舞台で四人の生徒さんへの二時間の公開レッスン。
ショパンの作品たちを。中学生から大学生まで。
それぞれ、よく頑張って勉強しています。

今日も長~い1日。

プレイエルの鍵盤から、少しザワッと音が出ている…と、原因を探しています。プレイエルの加藤さんと、スタインウェイを調律してくださる外山さんと。 原因究明できました!

そしてスタインウェイの最終調整のために外山さんと話し合い。

岐阜サラマンカホールでリサイタルの後、舞台袖の壁にサイン。

リサイタルの後には、公開レッスンを行いました。レッスンの後、酒井和美さん、河田真由美さん、亀井聖矢くん、松原瑠芙菜さん(左から)と記念にパチリ。

2015年5月22日 

岐阜サラマンカホールにて講座

明日には、プレイエルとスタインウェイを使用するショパン公演がある。
今日は、プレイエルの秘密!と、題して、かなり本格的に楽器の内部までお見せしての講座。スタインウェイの調律の外山さん、プレイエルの調律の加藤さんも一緒に説明。

プレイエルはもちろん自宅から運び込み。1842年製のショパンが生きていた時代のものです。お客様からは熱心なご質問も沢山。
熱のこもった時間となりました!

プレイエルとスタインウェイを行ききして200年をタイムトリップする

プレイエルの響板を見るユーロピアノの加藤さん

サラマンカホール嘉根支配人と、下呂から駆けつけてくれた田中雄一郎さん。

サラマンカホールロビーに大きな幕!

2015年5月20日 

カメラマンの斎藤清貴さんお誕生会

もう8年?以上、ずーっと撮影いただいているカメラマンの斎藤清貴さんのサプライズお誕生会。毎年サプライズ、で、毎年、驚き感激なさる。
一応身構えてはいるそうなのだけれど、アシスタントさんのわざが凄すぎて、いつも、驚くことに相成るのです。
齋藤さんは、数多くの女優さんや、アイドルの方を撮っていらして、ワタシでさえも、実物を凌駕する結果に導いてくださる。感謝感謝です。

2015年5月19日 

ピンカス ズッカーマンさんのコンサートを聴く

本当に久しぶり!
以前、日本や、イギリスやカナダで協奏曲をご一緒させていただいてから、早、10年以上の年月が。久しぶりにお会いできて嬉しかった。
そして、マエストロの黄金の音色は今も変わらず!巨匠の至芸とはこのことか!というバイオリンでした。

2015年5月18日 

交詢社にてリサイタル

交詢社が新しく、大変に珍しいスタインウェイピアノを入れられたそのお披露目コンサート。
重厚感溢れる趣きのピアノ。とても素敵な楽器です。

気品と格調高い交詢社の内部にピッタリ。
これからこのピアノは、こちらで可愛がられて育っていくことでしょう。

2015年5月17日 

八王子にてリサイタル

昨年に引き続き、八王子いちょうホールにてリサイタル。八王子の音楽祭の最終日。
ここ一月ほどで150もの音楽イベントやコンサートが行われたそう。
関係の方方のご努力に敬意。

今日も、私のコンサートのみならず、コンサートやイベントが行われていたそう。
八王子駅周辺ではワインもいただけたのだそうでした!

舞台袖のメンズ?!ジャパンアーツの田村さん、ヤマハの水谷さん、江塚さん、大丸さん! 舞台袖男子率高し!

八王子いちょうホールカフェメニュー。去年はクレア特製メニューがあったような記憶が。今年は昔ながらの、、に変わっている??

2015年5月16日 

帰京

日本のJRはすごい!今日は感動しました。
柏崎から長岡への信越線。柏崎駅で切符を改札に置いたままにしてしまった私。信越線の車掌さんが柏崎駅に連絡し、自動改札機の中にある私の柏崎から東京への乗車券を発見してくださり、しかしながら、証明書を作る時間が足りなくなり、長岡の改札へ電話。長岡の改札では新幹線乗り換えに7分しかなく、やはり証明書が作れない、ので、今度は改札から新幹線の車掌さんへ電話くださり、
新幹線車内にて無事に証明書をゲット。東京駅にてそのまま改札を通ることができたのでした。
こんな伝言ゲームみたいなことしてくれるJRってすごい!です。
ありがとうございました!

2015年5月15日 

柏崎にてリサイタル

今日は東京駅で川井郁子さんにバッタリ。オー、ワー、エー、キヤーどこ行くのーと、すれ違った。東京駅での川井さん遭遇はこれでニ回目。

新潟県柏崎市。アルフオーレという素敵なホールが。こちらはブルボンの本社のある町。アルフオーレ?!なんか聞いたことがあるような?
でもアルフォートではありませんでした。アルはアートでフォーレは森という意味だそうでアートの森というホール名なのだそうでした。
わたじん楽器という創業90年を超える地元の楽器店の主催公演。
もうすぐ100年の歴史。すごいことです!

反響板が!チョコレートビスケットに見えなくもない???

リハーサルの様子。綺麗なホール

お話も!

2015年5月14日 

kサロン

この半年ほどなかなか参加できなかったのですが、久しぶりに。
いつものことながら、伝統の世界から、今ならではのアートの世界まで幅広い方々がお集まり。有意義な意見交換の時間でした。
脳の細胞がフレッシュになるのが、このkサロンという集まりです。

2015年5月13日 

静岡県委員会

県庁にてこれからの静岡の教育や文化 スポーツのあり方を考える会議。
様々なジャンルの方々とご一緒する。発言の内容にも学びが大きいです。

2015年5月11日 

取材日

取材六本!朝日、読売、公明新聞や、音楽の友など
朝11時から夕方6時まで立て続け!一日お話し続けました。エッセイ本のことや、プレイエルでの演奏についてなど。
それぞれトピックは異なるのですが、皆様とてもしっかり話を聞いて下さり充実したインタビューとなりました。
それぞれ、掲載わかりましたらここでも会えるにアップしますね。

そして、取材の後はそのまま生徒レッスンを。
そこでも話続けた私。終わると喉がからからに。

インタビューデイ。インタビューに次ぐインタビュー

魔法を使ってるのではありません。話をしています。

プレイエル前でもポーズ!

2015年5月10日 

宮崎にて音楽祭

五台ピアノでのコンサート。
舞台の上に五台のピアノは壮観。今日もリハーサルをみっちり、そして本番と長い一日。
本番では、私は五台のものを弾き、一台のソロも弾き、連弾も二曲弾き、盛りだくさん。もちろん他の方々もそれぞれ盛りだくさん。出番の順番の訳が分からなくなるほど、変化に富んだプログラム。
出番の順番は、舞台袖に貼ってある大きな進行表で確認!あ、次私か、、、というような感じ。

とても楽しい本番でした。

宮崎五台ピアノ。五人でパネルになる!

五台ピアノはこんな風にセット!

終演後に!舞台袖にて。左から、上原彩子さん、私、三浦舞夏さん、横山幸雄君、白瀬元君。

2015年5月9日 

宮崎にてリハーサル

五台ピアノの祭典。
五台ピアノでのコンサートは私の演奏会生活でも初めて。どんな風になるのかドキドキ。
でも、楽しく、意外と?ちゃんと合う!ものでした。
アンコールに用意した熊ん蜂の飛行も、五台で圧巻。これもかなりなテンポでちゃんと合っちゃう!

横山くんの編曲のカルメンも、連弾で二人で弾くバージョンは大層テクニック的に難しい、(そのバージョンには超絶技巧連弾曲と題がついている)けれど、五人になると分散されるので、弾くのはラクになる。
しかし、五人になる分合わせが大変になる。面白いものです。

いろんなフォーメーション、組み合わせの曲があるので、リハーサル時間も長い!長い一日でした。

2015年5月7日 

大阪音大

四月に行けなかったので、今日が今年度初。
今年は生徒数も増えたので、朝10時半より6時半までずーっと。体力勝負です。

2015年5月6日 

大阪入り

明日こそは体調崩さず、音大に行くぞ!と気合を入れて大阪入り。

2015年5月5日 

番外編

チェロの長谷川陽子さんと、手の大きさ比べ!
私の手、ちいさい、、

陽子さんの、特に左手は、ラフマニノフやリスト並みに大きいのです。

2015年5月4日 

その2

金沢から大急ぎで帰京し、東京駅を通り過ぎて新横浜へ。
横浜アリーナにてジャニーズウエストのコンサート。
このゴールデンウイーク唯一の娘との休暇?!

しかしながら、朝は金沢でバッハ。夜は横浜でジャニーズ。
我ながら幅広いです。

横浜アリーナ!すごい人。この後、この人々の間に揉まれながら入場。娘に 「ママ、よそ見しないで、迷子になるよ」 と言われながら。

2015年5月4日 

金沢音楽堂邦楽ホールにて公演

朝10時から!バッハのパルティータ。
バッハを弾くのは、20年以上振り。ホントに、ずーっと弾いてこなかった。
それを朝10時から!なかなかハードルは高かったのですが、最近古楽器にハマっている私としては、昔とは違うアプローチで弾きたいと挑戦。

邦楽ホールという、赤い提灯が下がっている中、朝10時バッハ!
これまでにない経験となりました!

そして弾き終わってすぐの新幹線で帰京。弾丸金沢ツアーでした!

舞台の上に十字架が!調律の大橋さんは十字架を背負って?? でもこの照明は私の公演の後の、お能の公演のための仕込みだったのでした。ゆえに、私が弾く時にはありませんでした。

2015年5月3日 

金沢入り

明日のラフォルジュルネ公演のため。北陸新幹線が開通してから、すでに3度目!チヨット自慢?しちゃいます。
ラフォルジュルネの音楽祭の時はいつものマネージャーさんは随行していないので、夜遅くに金沢駅について一人でホテル行かなくては!と思っていたら!
カジモトの方がお迎えに出ていてくださり。プラス調律の方も出ていてくださり、大感激。

2015年5月2日 

今日のクレア

クレアあくびをかみころす

思い切りあくびする

2015年5月1日 

ようやく帰京

するも、本来今日は静岡県の方がいらしての打ち合わせが入っていたのだがそれもキャンセル。ごめんなさい。
ヨイヨイと調子を戻すべく一日過ごす。