ダイアリー 2016年1月

過去

2016年1月31日 

北九州響ホールにてコンサート

千住真理子さんと長谷川陽子さんとトリオ。
完売、満席のお客様ありがとうございます!
三人での公演も回数を重ね味わいが。日頃別々に演奏活動をしていて、こうやって時々集まるとまた励みにもなります。
移動途中もワイワイ賑やか。

2016年1月30日 

慶應丸の内キャンパス講座

今日は講座4回目。銀座のヤマハホールにて行う。
ピアノという楽器とホールの特性についての講座。ピアノの歴史もご紹介し、ピアノの構造もご紹介。
そしてホールの響きの中でどのように考えていくのかということ。
それらすべて、ホールを使わせていただけたおかげで、受講の皆様にも実感をもって感じていただけたのではないかしら、、と思います。
ヤマハの皆様ありがとうございました!

ヤマハの調律 水谷さんも参加

2016年1月29日 

今日のクレア

もはや犬にはみえない

2016年1月29日 

その2

リハーサル中。
ステージには、ハートマークや、落ち葉がライティングされていました!

最後の曲は3人で!

2016年1月29日 

大阪新歌舞伎座にてコンサート

歌舞伎座!新鮮!楽屋からワクワク。
普段とは全く異なる雰囲気のコンサート。
ソプラノの中丸三千繪さんと、バイオリンの川井郁子さんと。

花道は、お客様の座席となって、収納?されていましたが、そこかしこに
驚きの仕掛けも。
照明もとてもこだわったものを作ってくださいました。
ありがとうございました!

舞台袖には川井さんと、中丸さんの早着替え用ブースが、、、私は、出ずっぱりなので、早着替えはございません。

大阪新歌舞伎座 舞台からの眺め

私の楽屋 暖簾かけてくださいました

暖簾かけてくださっています!

すっぼん?舞台下に、、すっぼんて何?と言っていたら、娘に、「ママそんなこと知らないの?花道の途中でオバケやキツネが下から出てくる穴よ」だそう

2016年1月28日 

ミーティングなど、と仮縫い

朝から文化庁へ行き、そのあと、アークヒルズクラブ。三月のフォーラムシンポジウムのためなどなど。多くの方のお力をいただいてこそ、物事は進むことができるのです。
様々なヘルプをいただく様々なお立場の皆様に感謝です。
私は、私にできることを精一杯務めたいと思います。

そのあと、サントリードレスの仮縫い最後の段階。
もともと、私自身が小さい!上、ピアノを弾くという特殊な肉体労働にもフイットすべく衣装は製作されます。
普通にパーティで立って動くだけではないのです。
多様な力の入った動きにも対応もしなくてはならないドレス。
アシダさんの技術力集結??です。あとは出来上がりを待つばかり。楽しみです。

2016年1月26日 

サントリー公演試演会

今日はごくごくプライベートに、2月7日のサントリー公演のプログラム試演会。銀座のヤマハにて。
今年のサントリー公演はヤマハのCFXを使います。CFXの中でも、製造初期の頃に造られた子を使用予定。
なかなかに、充実したプログラムです。
充実した演奏にもなるよう頑張っています!

そして、今日ついに新しいCDサンプル盤が届きました!ショパンのワルツ。1842年のプレイエルと、現代のスタインウェイとで演奏した二枚組。聞き分けが出来ます。
これまでのレコーディングから、さらに一歩新しい世界へ足を踏み入れた感が私の中にあります。
2月3日発売です!お聴きいただけましたら嬉しいです!

CDジャケット

2016年1月25日 

ついにキャンセル

風邪はなかなか良くならず、ダウン。今日は全てキャンセル。
打ち合わせや生徒レッスンたちや、仮縫いなど。
あー、、、予定が、、、、先に伸びていく、、すみませぬ。
最近のモットーは、今できることはソク!しよう。ソク!しないと次次どんどん溜まるから。
貯まればいいのだけど、それとは違う、溜まるになる。
その上最近物忘れも激しいので、溜めると溜めたことを忘れてしまう。
から、絶対そのときソク行うことが大事。
なのに、今日は、いくつか溜まってしまったし、打ち合わせの皆さまにも、いくつかの事案がもう一度になってしまい申し訳ございませんです。
今年のモットーは、”一に健康、二に健康。そして、すぐする。ソク動く。”に修正します。

2016年1月24日 

群馬県榛名町公民館にて不思議ボール公演

高崎市の榛名町。今日は、関東以外、大雪、寒波。ところが関東はぴーかん。
私の晴れ女ぶり?もついにここまで来たのかしら?というのはさておいて、そのためにパワーを使っているのか依然として風邪は治らず。
でも、声はなんとか出て、不思議ボールのストーリーも語ることができました。
来年からは風邪をひかないことを目標に頑張りたいと思います。

全国大雪なのに、ピーカン。私の晴れ女度半端ないです。

榛名文化会館(エコール) 。榛名山をデザインしたホール

椅子も珍しいデザイン

映像担当の飯作さんと。小顔効果の歯痛ポーズで!

2016年1月23日 

名古屋しらかわホールにて公演

去年もこの時風邪をひいていた。今年も。一年のうち、一月のみ!風邪をひく。なぜだろう。
今日は、咳もひどいので舞台にお水も置いていただき、途中でいただきました。
サイン会もできなくてごめんなさい。来年の冬公演は風邪をひかぬよう気をつけます!
あ、とその前に、夏公演もあります!

構成の浦久さんと打ち合わせ

今回は1809から1810を取り上げます

2016年1月22日 

名古屋入り

明日の公演のリハーサル。ベートーベン鍵盤の宇宙、はや5年経過。息の長い企画です。

2016年1月22日 

今日のクレア

ヒーターの前から離れられない私

反対向きも温めよう

2016年1月21日 

取材日

今日は、朝から新聞一社、音楽冊子、音楽雑誌三社。
またまた合田さんに綺麗にしていただきました。

今朝から少し風邪気味。この時期毎年風邪気味になっているような???修行が足りません、、。

メークマスター合田の魔法タイム

2016年1月20日 

サントリーホール公演完売

今年も、サントリーホールリサイタルチケット完売いたしました。毎年、本当にありがとうございます。今年は例年以上のペースで、すでにチケットがなくなりました。嬉しいことです。
いらしてくださる皆様に良いお時間を持っていただけますよう尽くします!
そして、方や今日は娘の大学の授業の一環のオーケストラのコンサート。
○○大学コレギウムムジクム!という名前が。なんと、シューベルトの四番や、ベートーベンアテネの廃墟!など。
ちなみにこの大学は音楽大学ではありません!が、熱演でした。

2016年1月20日 

番外編

ファンの方に頂いた末富さんのふ焼き。
特別に注文くださったそうです!

2016年1月19日 

大田区立池上第二小学校

池上第二小学校にて、ドリームプログラムに参加。生徒さんたちが様々な職種の方々を学校に招き、話を聞いたり質問するというプログラム。
警察官の方、JAXAの方、大学病院のお医者様、スタントマン!の方、インテリアコーディネーターの方、棋士の方、などの中に、私もご指名いただき行ってまいりました。

出迎え、控え室接待、案内なども全部生徒さんたちがしてくれます。
そして、体育館で、グループごとに話を聞きたい人のところを回るという仕組み。話を聞いてそれを、マインドマップ!にしていく。マインドマップ、なんて手法小学生が行っているとは、驚きでした。
私の話が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

2016年1月18日 

打ち合わせとNHK

まずは、3月25・26日のワークショップフォーラムのために会場となる池袋の東京芸術劇場での打ち合わせ。
当然のことながら、多くの方々の協力で成り立つ企画です。
民間、行政、とタッグを組んでの企画。観覧、および参加申し込みは2月1日からになります。

その後、NHKにて中央番組審議会会議。委員になり二回目の会議。これが、本当に濃い会議。
NHKの皆様の丁寧なご説明、委員の方々の真剣な意見や質問。毎回、予定時間をオーバーします。

休館日の芸術劇場。パスを持って入ります!

2016年1月17日 

ファンクラブ関西の会

毎年恒例のファンクラブ懇親会。毎年、東京で一回、関西で一回。
関西の方も参加の方が増え、今年は六十数名ご参加くださいました。
そして、ファンクラブ最長老の辰巳さんは今年92歳!お元気でダンディで、素敵です。
私も少し演奏しますが、宴途中で、辰巳さんの演奏も。ベートーベンの月光一楽章を演奏くださいました。しみじみと、音の一つ一つに人生が込められていて感動しました。私も、丁寧に年を重ねていきたいと思います!

そして、ファンクラブ会のあとは、関西ならではの第二部が!そこでは、子供さんたちの演奏ワンポイントアドバイス会となります。小さなお子さんだった子たちがだんだん大きくなって、中学生、高校生、演奏曲もどんどん本格的になります。頼もしい限り。

今年も楽しい会となりました。いらしてくださった皆様、ありがとうございました!

2016年1月16日 

サッポロキタラコンサートホールにてワークショップ

今年も行いました!キタラでのワークショップ。6歳から12歳のお子さんたちが参加してくれました。
そして、大学生、卒業生の皆さんが手伝いに入ってくれました。
毎回工夫を重ねてのこのプログラム。
充実した1日です。

キタラにて。そらさん、そしてファシリテーターとして手伝ってくださった皆さんと

2016年1月15日 

その2

雪!

準備なさるソラさん!

素敵な空間が登場

2016年1月15日 

札幌

札幌は雪が積もっている。やはり、寒い、が、建物の中は本州より温かい。
明日のキタラミュージックアンドアーツプログラムのために今日は準備デイ。
毎回、定員を大幅に上回る参加申し込みをいただきます。嬉しいことです!し、充実を増そう、と励みになります。
今回も地元の音大、教育大の学生さんや卒業生の方がお手伝いにはいってくださる。
その皆様への、レクチャーも行い、準備を行い。じっくり明日に備えています。
プラス!桐朋会でご縁のできた先生がたの生徒さんたち、小学生、中学生たち、数名のレッスンも。
札幌に来るたびに聞かせていただいていますが、子供さんは成長が早い!頼もしいことです。

雪まつりの準備!このようなものが雪像の中に入っていたのですね!これに雪がのるとできるのだそう!

雪の札幌

キタラコンサートホールスタッフの!長谷川さん、畑山さん、橋本さん!

みんなで準備

こちらも準備

アートなチラシ!

2016年1月14日 

そして札幌!

千歳空港で待っていてくださったのは、タクシー運転手さん。
私の事務所は、ジャパンアーツ!
ナカグロとは??
ジャパン・アーツの、真ん中の”点”のことでした!

2016年1月14日 

大阪音大で撮影

今日は今年度最後の大阪音大。
そして、大阪音大が卒業生、在校生、そして一般にも刊行する冊子の撮影。
巻頭にて、生徒の秋山さんのレッスン風景などが紹介されます。
気がつけば、秋山さんはウチの娘と同い年!なんだか、不思議な気分でした。
生徒さんはみんなかわいいです。
そして、今年度最後のレッスンで、卒業する生徒さんたちとはこれで最後。
毎年、それは寂しいことです。
先生業とはそんなことの繰り返しの年月なのですね。

大阪音大で撮影

こんな感じで遠くから狙ったり

こんな感じも!

大学院卒業の八塚さんと

大学院卒業の佐藤さんと

2016年1月13日 

静岡県人づくり委員会会議

静岡県が掲げる人づくり。
”富士の国。有徳の人つくり”社会総がかりの教育の実現にむけて、、

と、多彩なお仕事をお持ちの方が集まっての提言をする委員会。
幅広いジャンルの皆様のお話を伺うことによっての気づきも大きい。
今年度に行われた委員会を経て、案がまとまってきた。
川勝知事が音頭をとっての、有徳の人つくり。私の故郷、静岡県!頑張ってください。
来年度からは、今度は実現にむけて、新たなスタートです。

2016年1月12日 

地域創造にて会議

二月のステージラボという公共ホールの職員の方々への研修会のための会議。
参加くださる方々にはみっちり四日間、楽しくもハードなスケジュールが待っています。
そのために、地域創造スタッフは事前にとてもしっかりと準備をします。

そして、今日はアシダさんのところでの仮縫いも。二月七日サントリーホール公演の衣装のため。サントリー公演、おかげさまでチケット残すところ数十枚となっております。
もし!いらしてくださるお心つもりがおありの方、で、まだチケット手配なさっていない方、いらっしゃいましたらお早めにお求めくださいませ。皆様本当にありがとうございます!

2016年1月11日 

上田サントミューゼ公演

今日も、公演。この公演は、制作スタッフさん達の惜しみない働きで成り立っている。細やかに、そして熱意を持って支えてくださるスタッフの皆様。本当にありがとうございます!
そんなチームワークでの公演は、充実感満載。

2016年1月10日 

上田サントミューゼにてお芝居とのコラボ公演

ロマン派症候群!というタイトル。ショパンとブラームスの作品論を、人の生き様に重ねつつ、芸術に生きるとは、人が日々を重ねるとは、という深い部分に踏み込んだ作品。
そのセリフ達を聞いてからのブラームス、ショパンの作品は普段のコンサートとは異なる集中を持っておききいだだけることでしよう!

舞台写真-1

舞台写真-2

2016年1月9日 

かつしかシンフォニーヒルズにてコンサート

寺神戸亮さん率いる古楽器オーケストラの皆さんとモーツァルト協奏曲尽くし。

今日も乾燥は進み、ついに舞台の上は29パーセントに。シュタインのためには、ヤバイ!です。響板が割れないことを願い続ける一日でした。
日本の室内、思うより意外と乾燥しているのですね。

でも、ホールの響きはとても自然で、心配した音量も、きちんと聴こえたという感想をいただき、(乾燥ではなく感想)ほっとしました。
終演と同時に、あっという間にシュタインは運び出され、我が家の湿度45から50パーセントの部屋に再びおさまりました。
基本的に、楽器のためには湿度40から50パーセントを目指します。それは現代のピアノも同じくです。

舞台の上は!湿度29パーセント!! 温度29度ではありませぬ!

リハーサル

寺神戸さんと打ち合わせ中。いや、雑談中?

本当に華奢な楽器です

終演後に寺神戸さんと

終演後に太田垣さんと!

2016年1月8日 

かつしかシンフォニーヒルズにてリハーサル

明日の古楽器の公演のため。明日は、モーツァルトバイオリン協奏曲、オーボエ協奏曲、そしてピアノ協奏曲と豪華な新春コンサート。
オケも、指揮の寺神戸さんも素晴らしいです。
かつしかシンフォニーヒルズは大きな会場ですが、シュタインというモーツァルト時代のフォルテピアノ良く聞こえるそうです。

しかしながら、この乾燥。乾燥しすぎるとこの繊細な楽器の響板が割れたり、動きがおかしくなったり。日頃は家の中で、冬は加湿器つけっぱなし、夏は除湿機つけっぱなし。空調などに気を遣った一番快適な部屋に鎮座しているこの楽器。今晩頑張って過ごしてください!
と、舞台袖に、加湿器と、水の入ったバケツ2つ置き、楽器ごとカバーで包んでなんとか凌ぐ。
それはそれとして、明日は楽しみです。

舞台の上でも加湿器。乾燥が進むと響板が割れてしまうのです!現在湿度31パーセント、危険な状態!

かつしかシンフォニーヒルズはこんなに大きいのですが、シュタインの音良く通っているそうです!

今回も調律は太田垣さん

リハの休憩タイム

2016年1月7日 

上田サントミューゼにてリハーサル日続く

今日はお芝居との通し稽古。とても、深い、心の奥底でしみじみキューンとくる台本です。
パッと何かわかった!というものではなく、深く噛みしめて考え感じる幅が広がります。
その芝居のセリフを味わいながらブラームス、ショパンを聞くと普段聞こえなかった曲の表情が聞こえてくる!そんな公演です。

私のために! 手を温めるグッズをご準備くださっています。なんという心使い、、サントミューゼ

お稽古前、気合の入る俳優の坂口さん!

これはセットです!このお花に何が起きるのか、、舞台のお楽しみです

2016年1月6日 

上田サントミューゼにてリハーサル

10日と11日の公演のため。
お芝居とコラボした、ロマン派症候群という舞台。
ブラームスとショパンをテーマにした音楽と芝居の融合した新作です。
今日から稽古。音楽はショパンの曲とブラームスのバイオリンソナタ、チェロソナタ、トリオも。
バイオリンの小川由紀子さんチェロの吉岡知宏さんは仙台フィルから参加してくれています!

上田サントミューゼ楽屋に

上田にて。トリオ演奏もします!後ろの布はセットです。

2016年1月5日 

打ち合わせとリハーサル

一つは、今年春の大きな催しの打ち合わせ。もうすぐ情報解禁できます!
そして、夕方からは週末のモーツァルトのピアノ協奏曲第9番ジュノムを弾く公演の指揮者である寺神戸さんとのリハーサル。この公演ではモーツァルト時代のピアノ、シュタインというフォルテピアノを弾く。
1790年モデルのレプリカだけど、このレプリカ自体も1950年頃アメリカにて作られたもの。
寺神戸さんはバイオリンを弾きながらの指揮。
9日の葛飾シンフォニーヒルズでの公演が楽しみ。
古楽器の方々とご一緒すると学びが多いです。

2016年1月4日 

もちろん今日もレッスン!

2016年1月3日 

レッスン始め

レッスン始めというのは、練習始めではありません。
練習は大晦日も元旦ももちろんするものです。
レッスン始めとは、生徒レッスン始め。三が日からレッスンしてごめんなさいね。
でも、頑張りましょう!

2016年1月1日 

初日の出

あけましておめでとうございます!今年も良い年になりますように。
朝はくっきり良いお天気。
今朝は日の出に照らされる富士山がよーく見えました。今年も頑張るぞ!

うっすら富士山のお姿が

ご来光!

段々と

そしてあたりは光に包まれ