ダイアリー 2016年8月

過去

2016年8月31日 

サントリーホールブルーローズにて田邊稔さんのコンサート

日本フィル顧問でいらっしゃる田邊稔さんの82歳お誕生日記念コンサート。
お親しい方々がお集まりになってのあたたかな雰囲気でのコンサート。
ずっと日本フィルを支え、その歴史を作っていらした田邊さんへの尊敬の念を改めて確認し、田邊さんご自身の音楽への愛に心打たれた特別なコンサートとなりました。
素晴らしい機会をご一緒させていただけましたこと、私の演奏家としての歩みの一つのページとなりました。ありがとうございました。

田邊さんと終演後に

パーティにて田邊さんと奥様

パーティにて、向かって左はマエストロ小林研一郎さんのお嬢様でピアニストの小林亜矢乃さん、向かって右はピアニストの小川由希子さん。

2016年8月28日 

東京音楽コンクール本選会審査

今日の本選会も熱演に次ぐ熱演でした。
四人の本選出場者の方々のフレッシュな緊張感あふれる演奏、素晴らしいものでした。
審査会では、他の審査員の先生方との会話も楽しみの一つです。
音楽談義に花が咲きます。

2016年8月26日 

徳永二男さんとのリハーサル

9月14日みなとみらいアフタヌーンコンサートのため、徳永二男さんとのリハーサルがありました。
ベートーベンのバイオリンソナタ1番、5番スプリング、9番クロイツェル!という豪華なプログラムです。
今年デビュー50周年を迎えられた徳永先生。音は益々艶やかで、気品があり、素晴らしいです。
御年70歳。どうしたらこのように歳を重ねることができるのか、リハーサルの合間に秘訣を伺っています!

2016年8月22日 

東京音楽コンクール第二次予選審査

今日は、東京音楽コンクールの審査をしました。
激戦の一次予選を通ってきた出場の方々は、皆、熱演でした。
若い人達の情熱に私も元気をいただきました。本選に残った方も、残念だった方も、これからが楽しみな方々ばかり。コンクールは一つの通過点です。
今回の結果はどうであろうとも、これからも音楽の道に邁進してくださいね!

2016年8月21日 

七ヶ浜にてベートーベンソナタコンサート

宮城県七ヶ浜町の国際村ホールにて、9年にわたったベートーベンソナタ全曲演奏会の最終回でした。
本来八年で8回のはずが、2011の被害で一年お休みしての9年間となりました。
この美しいホールは当時避難所になりました。写真にもある会場外の水が生活用水として役だったのだそう。
まだまだ海岸線はこれからのことがたくさん残されていますが、その七ヶ浜でベートーベンを弾き続けることが出来たこと。聞いてくださる方々と年月を紡ぐことが出来たことに感謝します。

2016年8月19日 

題名のない音楽会収録

題名のない音楽会の収録がありました。
今回は、ホールでの収録ではなく、スタジオです。
お話も弾み、収録時間も大幅にオーバー。密度の濃い番組になりそうです。
中野翔太君と連弾をしたり、楽しい収録でした。
写真は、司会の五嶋龍君と。四人の写真は、調律の高木さんも一緒です。
放送日は決定次第アップします。

2016年8月16日 

リハーサルと打ち合わせ

あるテレビ番組収録のための打ち合わせとリハーサルがありました。
番組では、中野翔太くんと連弾もするのでそのリハーサルも。中野くんとは初です。とても楽しい番組になりそうです。
情報解禁できます時にまたアップいたします!

2016年8月14日 

とある山にて、子供さんたちへのコンサート

毎年伺っている夏の子供さんたちの合宿でのコンサート。今年も伺いました。
幼稚園にも入っていないお子さんから聞いてくださるこのコンサート。
山の澄んだ空気と緑と、とても気持ちの良い場所です。
昨日の北海道から、、移動はかなり大変ではありました。
そして、今日の帰りの渋滞、、。どこでもドアが欲しい!

2016年8月13日 

札幌キタラホールにてワークショッププロジェクト

音楽と美術のワークショップをキタラホールでしました。ドビュッシーの版画より、パゴダをテーマに、子供さんたちに限りなく想像を膨らましてもらいたい、と一日かがりのプロジェクトです。
絵本作家のそらさんとのコラボで、音楽のワーク、美術のワーク、そして、ピアノもしっかりと味わってもらいたい!と、毎回新しいプログラムを組み立てています。
参加してくれたお子さんたち、そして、お手伝いには入ってくれた学生さんや、若い方達。そして、キタラホールの関係者のみなさま、本当にありがとうございました!
写真は、子供さんたちとのアクティビティーの様子の様々と、ファシリテーターの皆さんとの記念撮影です。

2016年8月12日 

キタラキッズミュージックアンドアートプログラム

札幌に来ています。夏と冬に行っているキタラコンサートホールでの子供さんたちのためのワークショップです。
今日は準備デイ。ドビュッシーの版画より、パゴダをテーマに、プログラムを組み立てました。
年々、フアシリテーターとして参加くださる学生さんたちが増え、その方たちへの講座も行い、準備も行います。
今回は美術ワークもしっかり。イラストレーターのそらさんが、何やら白い厚紙で準備くださっています。
何をするかは明日のお楽しみです。

2016年8月10日 

リハーサル

今日は、日本フィルの専務理事をつとめられ、理事長、そして現在は相談役をなさっていらっしゃる田邊稔さんのバースデーコンサートのためのリハーサルがありました。
そう、田邊さんは日本フィルの楽団運営に関わる以前は、コントラバス奏者でいらしたのです。コントラバスの協奏曲や、名曲の数々をご一緒します。
田邊さん、バースデーで御歳82歳!奏でられる音楽には心のこもった若々しさを感じます。

田邊稔さんと

2016年8月9日 

マスタリングの一日

今日はマスタリングの一日でした。9月に発売になるショパンのCDです。曲と曲の間の時間をどのくらいにするかとかの細かな作業です。
曲によっては次の曲までにたっぷり時間をとったり、すぐにしたり。
通して聞いた時の雰囲気を大事にしています。
もちろん頭出しをしてしまえば、関係なくなってしまうのですが。
実はいろいろ細かくこだわっているのです。

エンジニアの高島さんと、ソニーの古澤さんと。

今日はメガネ、の私です。

マスタリングの部屋です。

2016年8月8日 

ヤマハにてピアノ選定

今日は、掛川のヤマハハーモニープラザにて、福島県白河市に新しく出来るホール、白河文化交流館コミネスのピアノの選定をさせていただきました。
今日は4台準備された中からの1台です。
先月からヤマハ二回、スタインウェイ二回の選定、プラス様々なコンサート会場、オーケストラリハーサル会場などなど、ほぼ一月の間に30台近くのピアノに触っている私。
1台1台の違いは面白いくらいにあります。

白河市教育委員会の緑川さん、そして、鈴木さんと

緑川さんと選定の終わったピアノの前で

4台の中から選びます

2016年8月7日 

クーラウ初演

今日は日本フィルとのコンサート。クーラウのピアノ協奏曲、初演でした。
指揮は、ラデク バボラークさん。世界トップのホルン奏者の方です。
初めての協奏曲、そして、作風がどんなかもよく知らない作曲家の作品とあってホールでどのように響くのか、どうアプローチすべきか、最後の最後まで悩みました。
またの機会がもしあるのなら、今度は異なるアプローチで弾いてみたいと思います。
曲との向き合い方とは面白いものです。

ミューザ川崎ホール内

私の書いたカデンツ写真、、暗号みたいで他の方には全くわからない楽譜です。

舞台から戻る様子

オフィシャルカメラマンの青柳さんによる撮影

指揮のラデク バボラークさんとのお写真をミユーザ川崎シンフォニーホールから頂いたのでアップします。カメラは青柳聡さんです。

2016年8月6日 

クーラウピアノ協奏曲

今日も日本フィルとのリハーサルでした。明日日本初演となる!クーラウのピアノ協奏曲。日本にクーラウ協会があったのですね。すみません、存じ上げませんでした。
写真はクーラウ協会理事長の石原さんと。クーラウの作品を世に知らしめるべく活動なさっていらっしゃいます。この協奏曲のお話を日本フィルからいただくまで、子供の頃弾いたソナチネしか知らなかった私です。ベートーベンを尊敬していたクーラウはこの協奏曲をベートーベンの1番を学んで、真似て書きました。かなり似ているがもちろん違う!
本邦初演、二回目がいつあるのかは、、わからない、、この協奏曲。是非お聴きになってみてください。ミユーザ川崎シンフォニーホール、明日15時からです。

クーラウ協会の石原さん。元NHK交響楽団フルート奏者の方です。

足上げ君を忘れた私に、日本フィルのステージマネージャーさんがご準備くださったお酒の枡!ピアノ椅子にぴたりサイズです。

2016年8月5日 

盛りだくさんな1日

昨日のグリーグ協奏曲明けて、今日は日本フィルとクーラウのピアノ協奏曲のリハーサルがありました。
日本初演になるそうな、クーラウのピアノ協奏曲。
今日のリハーサルでは、一体どんな感じなのか、どういうスタンスで弾くのが良いのか、探りながらのリハーサル。
明後日の本番、どんな音になるのかドキドキワクワクします。
その後、とあるテレビ局へ番組収録の打ち合わせに。
この秋、また面白い企画が放送になりそうです。
そして、秋に発売になるショパンのCDジャケット写真や中の体裁の打ち合わせに。裏表紙はどんなになるのか、そして、表は?写真候補、微妙に異なりますが決定的に異なるものが一枚混じっています。クイズみたいですね、、お分かりになりますか?

打ち合わせ中のソニーの古澤さんとマネージャーの寺澤さんもパチリ。

2016年8月4日 

東京都交響楽団とコンサート

東京文化会館にて小林研一郎マエストロの指揮のもとグリーグのピアノ協奏曲を弾きました。
真夏の東京、舞台の上もホットでした。
温度もホット、マエストロとオケもホット!

今日の衣装

2016年8月3日 

東京都交響楽団とのリハーサル

明日の東京文化会館でのグリーグの協奏曲のリハーサルでした。指揮は小林研一郎マエストロ。
またまた魔法の言葉が飛び出します。空気に溶けるまで弾いて、、は前回も出ました。
今日は、北欧の湖のピンと張りつめたあの感じ、、とおっしやると、二楽章の冒頭のオーケストラの音の美しさにますます磨きが!素晴らしい音をしていました。明日が楽しみです。

コンサートマスターの矢部さんと!

2016年8月1日 

婦人雑誌の撮影

今日は、妹の祐子さんと一緒にとある雑誌の撮影がありました。
なぜシャンパングラスを持っているのか、、それは、発売されてからのお楽しみ!
発売日と雑誌は、情報を出せる時になりましたら、またアップいたします!
ご覧の通り、、妹の方が背が高い、、。