ダイアリー 2017年10月

最新

2017年10月20日 

長岡にて小学校アウトリーチ、そしてコンサートリハーサル

栃尾小学校では、四年生二つのクラス、それぞれ90分のプログラムを二本。長岡リリックホールのみなさま、学校の先生方のお力をいただいて行いました。生徒さんたちみんな可愛かった!
その後、ホールへ移動して妹の祐子さんと二台ピアノのリハーサル。
その後、リリックホールのみなさま、この公演をサポートくださいっているユニオンツールの片山会長、秘書の星さん、そして、ジャパンアーツの肥後さん、妹の祐子さんとのお食事会。
新潟の美味しいお食事、嬉しかったです。明日は2時から長岡リリックホールにて姉妹デュオです!ぜひいらしてください!

2017年10月14日 

ロスにてコンサート

クラシカルプレーヤーズ東京のコンサートの後、そのまま羽田そしてロスに飛びました。
ロスのリサイタル後は、ブラックタイのディナーが。珍しく娘と二人ドレス姿です。今年もコンサートへミシガン州中学時代の友達が聴きに来てくれました。同級生達。懐かしい顔ぶれです。ミシガンからはロスまで飛行機で5時間。時差もあります。こうやって飛んで来てくれて本当に嬉しいです。

2017年10月13日 

クラシカルプレーヤーズ東京とコンサート

最終公演!たくさんの思い出があるだけに、感慨深く感無量の公演。
リハーサルで、あまりにも出し切って、あーこんなにも密度濃くモーツァルトができるなんて!と思っていたら、本番は少し力んでしまったかな、、でも!クラシカルプレーヤーズの皆さんの素晴らしいサポートのもと、シュタインもよく鳴ってくれました。
楽器の鳴らし方、この年月で、感じるところは出来てきました。もっともっと弾きたいと思うのですが、CPTは解散。とても寂しいです。
写真を撮り忘れ、、また写真ゲットしましたらアップします!CPTに関わる全ての皆様、お聴きくださいましたお客様本当にありがとうございました!

2017年10月11日 

朝日新聞夕刊ネクストステージに取り上げていただきました。

11月から始まるBSフジの全国ツアー。名曲の秘密などお話しさせていただきながら演奏いたします。
お聴き頂けましたら嬉しいです!

2017年10月11日 

クラシカルプレーヤーズ東京とリハーサル

明後日行われるクラシカルプレーヤーズ東京との公演で、CPTは解散します。最後の公演。
これまで、ショパンの時代のプレイエル、ベートーヴェンの時代のブロードウッド、そしてモーツァルトの時代のシュタインと、フォルテピアノでの協奏曲公演を重ねさせていただきました。思い出がたくさん。
この公演で解散と思うと、とても寂しいです。
そんなラスト公演では、モーツァルトの最後の協奏曲27番をご一緒させていただきます。この華奢なシュタインという1790年モデルでの演奏。是非多くの方にお聴きいただけたらと思います。
13日19時より池袋の東京芸術劇場です。

2017年10月8日 

ロマン派症候群千秋楽at北九州芸術劇場

全国7ヶ所8公演。ロマン派症候群ツアー千秋楽を迎えました。全国で取り上げてくださいましたホールの皆様、公演を支えてくださいました皆様、本当にありがとうございました。
演劇と音楽のコラボの新たな可能性を見つけることができたように思います。幸せなツアーでした!
終演後は、北九州芸術劇場の皆様、響ホールの皆様、上田サントミユーゼの皆様、そして出演者で、大打ち上げ!

2017年10月6日 

鹿児島宝山ホールにてシンポジウムとワークショップ

地域創造のリージョナルプログラムにて。ワークショップは、ダンスほセレナグラフィカさんとのコラボワークショップ。今、セレノさんと音楽と身体性を活かしたユニークなワークショップを編み出し中です。
参加は、鹿児島にて活躍なさっている音楽家の方たちや、県下の公共ホールの担当のみなさま。皆さんとともに、体験し、感じ、考える有意義な時間となりました。ありがとうございました!

2017年10月5日 

大田区民ホールアプリコにてベートーヴェンコンサート

アプリコが行なっている平日お昼間のコンサート。たくさんのお客様がいらして下さいました。ありがとうございます。
ナビゲーターの浦久さんのベートーヴェンの不滅の恋人のお話も交えながら、月光、悲愴、熱情と、演奏しました。
大ホールにて弾き応えのあるプログラム。オールベートーヴェン、弾くたびに発見があります!

2017年10月4日 

愛知県文化芸術基本法制定のための有識者会議

愛知県も、これからますます文化芸術力を入れていかれるそうです。素晴らしいことです。

2017年10月3日 

地域創造音活アーティスト研修会にて講座

来年度と再来年度の音活アーティストさんたちへの研修会。音楽活性化事業に加わるにあたり、アーティストとしてどのようなことを考えてもらいたいのか、などのお話をさせていただきました。
そのあとは、同じくアーティストの皆さんへのワークショップ講義をなさった内藤裕敬さんと、プロデューサーの津村さんとの対談も。新しいアーティストの皆様、一日お疲れ様でした。皆さんの活動が実り多いものになりますように!

2017年10月1日 

せんくらにて、仙台フィルとコンサート

せんくら、、仙台クラシックフェスティバル。最終日の今日。朝には仙台フィルとリハーサル。昼には、コンマスの神谷さんとトークシヨー。夕方には仙台フィルとショパンの1番。その合間には、全部で何名のアーティストの方とお会いしたことでしょう!歌手の方たち、ピアニストたち、バイオリニストたち、その他楽器の様々、、日頃なかなかお会いできない方たちと、楽屋ですれ違っては、おつかれさま!頑張って!お先に失礼!の繰り返し。そして、時間の余裕があれば、記念撮影パシャリ。フェスティバルならではの風景です。