ダイアリー 2017年6月

過去

2017年6月30日 

東京音大にて講座

今日は年に一度の東京音大での特別講座でした。
もう10年近く!年に一度ですが講座をさせていただいています。
時折、仕事場で講座を受講したという卒業生の方に会えるのも楽しみの一つ。
たった一度の講座ですが、何か生徒さんたちに残ることがあれば幸いです。

2017年6月28日 

長崎諫早にてコンサート

千住真理子さんと長谷川陽子さんとコンサートでした。メンデルスゾーントリオやバッハ、ショパンなど。
諫早のホール、舞台天井のライトもデザインがレトロ。反響板にも紋様が!珍しいデザインでした。
夜公演の為、長崎泊。久しぶりに三人でワイン会、語り合いました!

2017年6月27日 

リチャードストルツマンさんのコンサート

銀座ヤマハホールにてクラリネットのリチャードストルツマンさんのコンサートでした。
奥様のミカさん、バンドネオンの北村さん、ダブルベースの西澤さん。素敵なコンサート。
ストルツマンさんのクラリネットは、以前ツアーをご一緒した時の輝き、豊かさ健在。今、75歳です!音楽そのものに同化なさってる。超越の境地です。
写真は打ち上げ!そして、ヤマハ銀座店の可愛いデイスプレー!

2017年6月27日 

地域創造音楽活性化事業登録アーティストオーディション

昨日、今日と二日間にわたる審査会終了しました。様々なジャンルの楽器の演奏、、みなさん素晴らしかったです。こうやって立て続けに聞かせていただくと聴こえてくること、見えてくることたくさんあります。演奏家としての舞台の上での存在感、演奏の質感。そして、ピアノ伴奏の方たちのあり方。伴奏は音量の問題ではないですね。
ソロ楽器を活かすも殺すも音色と倍音の扱いなのだと改めて納得。
写真は、審査をご一緒した皆様と!

2017年6月25日 

桐朋学園仙川キャンパスにてコンサート

仙川の333にてコンサートでした。桐朋のお茶の水音楽教室の生徒さんやご関係の方へのコンサートです。333と言えば!代々の桐朋生には、ああ!333という部屋。そうです。実技試験の部屋でもありました。新しい校舎では、木の香りのする部屋に生まれ変わっております。コンサートではお茶の水教室の生徒さんたちと、ハイドンのトリオや、ブラームスの連弾もしました。もちろんソロも演奏。そして、堀正文さんともデュオを。

2017年6月24日 

白河コミネスにてリサイタル

今日はシューマン、アベック変奏曲、交響的練習曲など、そしてショパンひ24のプレリュードより7曲、ワルツ5番、エチュードたち、バラード1番というモリモリプログラム。
10月にピアノ開きで伺った白河コミネス、ピアノも元気で嬉しかったです。

アンコール前には、可愛い兄弟で花束を持ってきてくれました。

館長の志賀野さんと

お花も新聞社、放送社からたくさんいただきました。ありがとうございます。

CDはほぼ売れ切れたのですが、売り方の工夫のおかげと思います。とても見やすい、わかりやすい!

楽屋には一つずつ丁寧に包装されたおいなりさんが恭しく並んでいました。 ありがとうございました!

2017年6月20日 

小諸高校音楽科の生徒さんのためのミニ演奏と、公開レッスン

小諸高校ではワンピースのまま演奏。生徒さんたちや、先生方と記念撮影も!

2017年6月19日 

桐蔭学園にて高校生のためのコンサート

生徒さんたちに、音楽の魅力が伝われば嬉しいです。
ドレス写真は、立派な桐蔭学園メモリアルホールにて。

2017年6月18日 

11月5日東京文化会館でのシューマンリサイタルチラシ出来上がりました!

DMご希望くださっている皆様への送付作業をしています。私も手伝っています。
この透明封筒の封をするのが難しい、、綺麗に封が出来ていないのは、、私です。
オフィスナカミチの白井さん、北川さんが作業したのはとても綺麗。
ウチの娘がしたのは、、まあまあくらいかな。
DMご登録くださっている皆様、あと少し、お待ちくださいね!

2017年6月17日 

岐阜サラマンカホールにてピアノフェスティバル

800本の薔薇の花弁とともにベートーヴェンソナタ達を演奏しました。
フランスのジャコバンピアノフェスが薔薇の音楽祭というのにちなみ、岐阜県大野町から届いた薔薇。
苗のために花を落とす、落とした花達が届いたのです。幸せな公演となりました。
階段のお写真はフェスオープニングセレモニー。岐阜県知事もご出席なさって行われました。
またロビーではフランスの食の屋台たち!楽しそうでした!

2017年6月17日 

ジャコバンピアノ音楽祭in岐阜サラマンカホール

昨日は、ピアノを語る!という会でお話させていただきました。
そして、今日は19時よりベートーベン月光悲愴熱情と演奏いたします!が!なんと!
舞台上に薔薇を敷いてくださる!
世界で最も美しいフェスという薔薇のジャコバン音楽祭にちなんで、同じく薔薇の名所である岐阜県大野町から大量の薔薇が届いています。
昨晩はデザイナーの方が舞台上の薔薇をどのように敷くのか試していらっしゃいました。サラマンカホールのロビーには、由来のスペインのサラマンカの石扉を模したものが設置されていて壮観です。

2017年6月15日 

音楽がヒラク未来、北九州芸術劇場フォーラム終わりました!

音楽の越境がもたらすことをどのように社会に、と、様々な体験、討論を通してヒライタ回路がありました。セレノグラフィカさんとのコラボレーションワークショップ、コラボコンサートも、新しい発見に満ちた実り多いものとなりました。

2017年6月15日 

音楽がヒラク未来

北九州芸術劇場フォーラム始まりました。
北九州芸術劇場は、リバーウオークという川沿い、小倉城の隣に位置するとても素敵な劇場です。音楽の越境性がテーマのフォーラム。音楽を核に、他ジャンルとの越境が生むこと、それをどのように社会に活かしていくことができるのかかんがえています。
こちらフォーラムへは、多数のホール関係者の応募をいただきました。現場の皆様の熱気、問題意識、熱いフォーラムとなっています。

2017年6月13日 

Michael Kofler さんとコンサート

昭和女子大人見記念講堂にてコンサート。ここ、人見記念講堂は30年前にデビューリサイタルで演奏した思い出深いホール。伺うと、あの時の楽屋の7時五分前!という時計の針が目に浮かびます。ここから始まるんだなと思った記憶です。それから30年。ちょうどぴったり同じ11月5日に30周年記念リサイタルを東京文化会館でいたします。
さて、昨日はコンサートのあと、もう人気のない羽田から北九州へ。空港のレストランほとんどすべて閉まっていて、、一つ見つけたお店で食べてしまいました。夜中のラーメン。
NHKで、高橋克典さんに、体調コントロールの秘訣は夜あまり食べないこと、、と伺ったばかりだったのに、!

2017年6月13日 

NHK『ららら♪クラシック』収録

ショパンについて語り、演奏しました。
放映は7月14日21:30〜(7月20日10:25〜再放送)です!すごく中身の濃い回になっていると思います。
ぜひご覧くださいませ!

2017年6月12日 

浜離宮朝日ホールにてMichael Koflerさんとコンサート

フランクのバイオリンソナタをフルートで。またモーツァルトのソナタもフルートで。ボルヌのカルメン幻想曲やドップラーのハンガリー田園幻想曲など。
フランクも、フルートでこんなに表現豊かに奏でることができるのだと驚きです。楽しい公演。Michael と公演してて驚くのは、日本のフルーティストの方がたが、お聴きにいらっしゃること!当然といえば当然なのだと思いますが、、。
明日は昭和女子大人見記念講堂にて6時15分よりコンサートです。

2017年6月10日 

京都コンサートホールにてリサイタル

今日は、シューマンとショパン。シューマン交響的練習曲やショパンのソナタ3番など。
ここ京都コンサートホールでは、毎年リサイタルをさせていただいて、早7年目。毎年いらしてくださるお客様も。本当にありがとうございます。来年もまた伺います!
終演後には、来週、北九州芸術劇場で行われる、音楽がヒラク未来、フォーラムで共演させていただくダンスのセレノグラフィカさんのお二人と打ち合わせ。密度濃いお時間となりました。

2017年6月9日 

長野市芸術館にてMichael Kofler さんとコンサート

Michaelとは30年来の友人。彼は若干二十歳でミュンヘンフィルの首席フルーティストになった才能溢れる人。楽しい公演となりました。
そして、彼は才能溢れるだけでなく、身長も溢れてる!190センチ!舞台の上で私は半分くらい?にしか見えませぬ。

2017年6月7日 

Michael Kofler さんとリハーサル

ミュンヘンフィルのソロフルーティストのMichael。久しぶりに一緒にツアーをします。
今回、神戸のフルートコンクールの審査員で来日していました。明後日から、長野、東京は朝日浜離宮ホール、昭和女子大人見記念講堂と公演が続きます!本当にウマイ!です。楽しみ。

2017年6月3日 

桐朋学園御茶ノ水音楽教室の生徒さんたちと

月末に御茶ノ水音楽教室の生徒さんたちのコンサートにご一緒させていただきます。
そのリハーサルがありました。写真はピアノの生徒さんたち。それぞれ、連弾します!
他にもバイオリンの小学生たちと、ピアノトリオを!チェロは桐朋音大ディプロマコースの水野優也君です。三世代?トリオです!みんな一生懸命で可愛いです!

2017年6月2日 

桐蔭学園の幼稚園、そして小学一年、二年生の生徒さんへの公演

不思議ボールという、お話しと、スライドと音楽の公演です。絵は長谷川義史さん、お話は内藤裕敬さん作、音楽は田中カレンさんの地球という曲集からです。
ファンタジックな、余韻の残る作品です。生徒さんたちの反応がとても良かったです。
桐蔭学園は生徒さんたちへの様々な鑑賞の機会を作っていらして、幅広く豊かです。

2017年6月1日 

音楽がヒラク未来上田フォーラム、二日目終了しました

会場をサントミユーゼから市内の民間スペース、犀の角、ハナラボへ移して。街へ出ました。
コンサート、ピアノとまちが恋をして、は、犀の角にて開催し、窓から往来を眺め、上田の街、自然の写真なども使い、これまでにないコンサート感覚を味わうことができました。
写真は二日間ともご出席下さった母袋上田市長と。犀の角前にて。犀の角でのパネルディスカッションの様子など。
オフィシャル写真が上がってきましたらまた写真載せます!