ダイアリー 2019年4月

最新

2019年4月16日 

NHKらららクラシック収録

らららクラシックは5月17日金曜放送予定です。ベートーヴェンの分析について語っています。演奏時のセットが波のようで美しかったです。

2019年4月14日 

朝日カルチャーセンターにて西原稔先生とブラームス講座

朝日カルチャーにて、西原先生からブラームスについて興味深いお話をたくさん伺い充実した講座となりました。

2019年4月13日 

岐阜サラマンカホールにてリサイタルとマスタークラス

ショパン鍵盤のミステリーというこちらサラマンカホールの音楽芸術監督でもいらっしゃる浦久俊彦さんの企画構成のコンサートでした。ショパンの生涯を資料など交えてご紹介しながらお聴きいただくというもの。満席のお客様にいらしていただき、嬉しかったです。リサイタル終演後には、岐阜ゆかりの学生さんたちのショパンの作品のマスタークラスもありました。皆さん、とても素晴らしかったです。ショパン尽くしの一日となりました。

2019年4月12日 

兵庫県立芸術文化センター にてリサイタル

悲哀の力 と題したコンサートでした。
ベートーヴェンの悲愴ソナタ、ブラームスの小品作品76、シューベルトソナタハ短調。5月26日サントリーホールでの公演と同じプログラムです。
阪神淡路大震災の復興のシンボルとしても建てられた西宮のこのホールで”悲哀の力”を演奏することには、特別な思いがありました。多くのお客様に、その思いをお聴きいただけましたこと、感謝いたします。

2019年4月11日 

ファンクラブの方たちとのシークレットライブ!?

ファンクラブの方オンリーのためのコンサート。急遽決定すぎて、ファンクラブの方の中でも、メール登録のある方がたにしかご連絡できなかったくらいでしたが、28名の方が集まってくださいました。30名弱の方の前で演奏するのは、小学校の教室でのアウトリーチくらいしかないように思います。非常に、親密な空間でのコンサートでした。

2019年4月7日 

加東市にて子供さんのためのコンサート

3歳のお子さんから入場できるコンサートでした。前半は、不思議ボールという、スライドの絵とお話しと共に、田中カレンさんの作品”地球”をお聴きいただくプログラム。後半は、ショパンの名曲集です。お子さんたちがアンケートに書いてくれることを読むのも嬉しいです。ホール楽屋入り口は桜が見事。前半では、舞台を下げていたので、登場する時には、落下注意の注意書きも。

2019年4月5日 

海をバックにコンサート

夕焼けの海に浮かぶ富士山をバックにご覧いただける会場にてのコンサートでした。富士山のシルエットが美しく浮かび上がり、独特の雰囲気がありました。演奏していても、この風景を見ることが出来て幸せな時間でした。

2019年4月3日 

NHKらららクラシック撮影

らららクラシックの撮影がありました。ベートーヴェンの回です。スタジオ収録は、また別の日に行われます。今日は、ベートーヴェンも使用していたモデルと近いモデルであるシュタインのフォルテピアノと、現代のスタインウェイとの比較を撮影しました。放送は、5月半ばです。5月26日のサントリーホールでのリサイタルでも演奏する悲愴ソナタの分析もお話しいたします。らららクラシックは、プロデューサーの方がとても丁寧に番組を構成なさるので、内容の密度が濃くなって収録が楽しみになります。