ダイアリー 2021年1月

過去

2021年1月31日 

福島県伊達市にてリサイタル

三井住友海上文化財団のきらめくひとときコンサートでした。
三井住友海上文化財団は、全国のホールへさまざまなアーティストのさまざまな公演を届けることをなさっています。
伊達市のホールの皆様のあたたかなお気持ちの詰まったコンサートでした。
久しぶりにショパンの革命のエチュードを弾きました。
ショパンは20歳の時に祖国を離れ
一生故郷へ帰ることが叶わなかった、、、、
痛烈に哀しいことに、それは、そういう思いは、、遠い国の遥か昔の人々だけのお話ではない、、、、ということ、、、
(C)noriyukisoga

2021年1月21日 

旭川大雪クリスタルホールにてリサイタル

南国沖縄から今度は雪国北海道へ。
旭川は、一面美しい雪、雪、雪世界。
会場の客席は半数としていましたが、完売とのこと。
ずっとコンサートを心待ちにしていた、とおっしゃってくださった主催の方々のお言葉の重みが、深く心に響きました。(c)noriyukisoga

2021年1月17日 

沖縄県南城市シュガーホールにてリサイタル

沖縄の海を見ていると、今起きている大変なことは遠いことのような錯覚に陥ります。
自然とは、かくも泰然とそこにあるものなのですね。
コンサートへは、たくさんのお客様がいらしてくださいました。心より感謝申し上げます。

2021年1月4日 

兵庫県立芸術文化センターにてモーツァルト20番

大ホール2000名完売という本当に嬉しい新春のコンサートとなりました。
大友直人さん指揮のこのオーケストラは、日本のオーケストラの首席の方がほとんどというオールスター!?オーケストラ。座る場所は、どうやって決めたのかしら、、と思うほどのメンバー揃いでした。
緊急事態宣言が発令されることになるという、これからコンサートがどのようになっていくのかという不安を感じながらの公演でもありました。演奏しながら、モーツァルトの一音一音が、愛おしく、哀しく、美しく感じられました。(c)noriyukisoga