ディスコグラフィ

 

ショパン:バラード&スケルツォ(全曲) 仲道郁代の軌跡[4]

Chopin: Ballades & Scherzos

■収録曲目
ショパン
1.バラード全曲
(1)第1番ト短調Op.23
(2)第2番ヘ長調Op.38
(3)第3番変イ長調 Op.47
(4)第4番ヘ短調Op.52
2.スケルツォ全曲
(1)第1番ロ短調Op.20
(2)第2番変ロ短調 Op.31
(3)第3番嬰ハ短調 Op.39
(4)第4番ホ長調Op.54

仲道郁代(ピアノ)

■録音:1990年4月25日~27日、松本市ザ・ハーモニー・ホール(1)、1993年9月3日~5日、ブリストル、ブランドン・ヒル、セント・ジョージ教会(2)

■レーベル:RCA Red Seal

■品番:BVCC-37519

■定価:¥2,000+税

■発売日:2007年10月24日

■発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

デビュー直後から仲道が積極的に取り組んできたショパンのピアノ曲。1990年録音のバラード全曲は、仲道としては2枚目のショパン・アルバムとなったもの。3年後にイギリスで収録されたスケルツォ全曲とともに、「今でもベートーヴェン、モーツァルトと並ぶ重要な」レパートリーの柱」と語り、楽譜のみならずその生涯をも研究することで、より深い視点から作品を捉えようとする仲道の代表的なショパン演奏といえましょう。