プロフィール

仲道郁代(ピアノ)プロフィール詳細

仲道郁代 近影

 金原美津子女史より手ほどきを受け、中学時代はアメリカ・ミシガン州でフィリス・ラパポート氏、桐朋学園高校を経て、桐朋学園大学で中島和彦氏に師事。大学1年在学中に、第51回日本音楽コンクール第一位、あわせて増沢賞を受賞し注目を集めた。その後、文化庁在外研修員としてミュンヘン国立音楽大学に留学し、クラウス・シルデ氏に師事した。
 留学中、ジュネーヴ国際コンクール最高位、メンデルスゾーン・コンクール第一位メンデルスゾーン賞、エリザベート王妃国際コンクール5位と受賞を重ね、以後ヨーロッパと日本で本格的な演奏活動を開始する。これらの活動が評価され、国内でも88年に村松賞、93年にモービル音楽奨励賞を受賞した。
 古典からロマン派までの幅広いレパートリーを持ち、これまでに日本の主要オーケストラと共演した他、海外のオーケストラとの共演も数多く、ユッカ=ペッカ・サラステ指揮フィンランド放送交響楽団、ギュンター・ピヒラー指揮ロンドン・モーツァルト管弦楽団、ロリン・マゼール指揮ピッツバーグ交響楽団、バイエルン放送交響楽団及びフィルハーモニア管弦楽団、小林研一郎指揮ハンガリー国立交響楽団、ピンカス・ズッカーマン指揮イギリス室内管弦楽団(ECO)及びカナダ・ナショナル・オーケストラ、ハインリッヒ・シフ指揮ウィーン放送交響楽団、ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス指揮ベルリン放送交響楽団などのソリストとして迎えられ、その音楽性に高い評価を得ている。他にも、ネロ・サンティ、クラウス・ペーター・フロール、ガジミエシュ・コルト、パーヴォ・ヤルヴィなどの指揮者と共演している。
 さらに、90年には新星日本交響楽団(当時)ヨーロッパ公演、日本フィルハーモニー交響楽団アメリカ公演、翌年には日本フィルハーモニー交響楽団ヨーロッパ公演にソリストとして同行、現地の新聞紙上において「卓越したすばらしい技量とたおやかな詩情との調和が見事であった」「はっきりと冴えた大胆な把握力は、どこをとっても堂々としている」と評された。
 99年にはカーネギーホールでリサイタル・デビュー、2001年にはサンクトペテルブルグ、ベルリン・フィルハーモニーホールでコンチェルト・デビュー。05年には、英国チャールズ皇太子夫妻ご臨席のもとウィンザー城で行われた、イギリス室内管弦楽団(ECO)主催の「結婚祝祭コンサート」に出演し絶賛された。
 一方、室内楽の分野でもハーゲン弦楽四重奏団、ベルリン・ブランディス弦楽四重奏団、ケルビーニ弦楽四重奏団、ショスタコーヴィチ弦楽四重奏団、ベルリン・フィル八重奏団等と共演。また、リチャード・ストルツマン(クラリネット)、ヨセフ・スーク(ヴァイオリン)といった世界的名手とのデュオは各地で絶賛され、海外アーティストからも厚い信頼を寄せられている。

 リサイタルも日本各地で行っており、中でも92年に行った「仲道郁代の新しい世界」と題した5回のコンサートシリーズ、94年から5年間にわたりカザルスホール(東京)で行った3大B(バッハ、ベートーヴェン、ブラームス)のシリーズ、97年から4年間にわたりフィリアホール(横浜)、神戸学院大学で行った「ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ全曲演奏会」は、作品への真摯な取り組みと音楽性の高さが評価された。毎年恒例となったサントリーホールでのコンサートも好評を得ている。
 2002年からは「ベートーヴェンの全32曲のピアノ・ソナタを語り、聴く会」と題し、彩の国さいたま芸術劇場において諸井誠氏との解説・対談・分析を交えながらソナタ全32曲の演奏を行うという、4年間全12回にわたる画期的なプロジェクトに取り組み、「今、もっともベートーヴェン・ソナタの本質的な美しさに近づいたピアニスト」と、大きな賞賛を得た。また、この公演にあわせてベートーヴェン・ピアノ・ソナタ全曲(全11枚)のレコーディングも行っており、これまでにリリースされた作品すべてが、専門誌「レコード芸術」の特選盤に選ばれるなど、充実したスケールの大きな取り組みに賛辞と期待が寄せられている。
 「ベートーヴェン」への取り組みは、2度の「ソナタ連続演奏会」にとどまらず、ピアノ協奏曲、室内楽の分野へも広がっており、2004年からは、フィリアホール(横浜)と神戸学院大学で、それぞれ阪哲朗、ゲルハルト・ボッセの指揮により「ベートーヴェン・ピアノ協奏曲全曲演奏会」を、05年からはJTアートホールで、チェロ・ソナタ、ヴァイオリン・ソナタを毎回異なる共演者を迎え、「仲道郁代のベートーヴェン・ツィクルス」と題する室内楽のコンサートを行っている。特に、ピアノ協奏曲は、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニーとの共演で、全6曲がレコーディングとして結実しており、「ベートーヴェン弾き、仲道郁代」という評価を確固たるものとしている。
 近年では、ショパンの生涯を映像とエピソードで綴る「ショパン鍵盤のミステリー」企画、「モーツァルト・ピアノ・ソナタ全曲演奏会」などのシリーズも大きな反響を呼んでいる。

 リサイタルのみならず、彼女の多彩なアイディアや情熱から生まれた企画も多く、1996年からスタートさせた「仲道郁代の音楽学校」は、前半に演奏を交えた「芝居」、後半に「演奏」という構成による、世界でも初めての企画プログラムとして国内外から大きな注目を集めた。99年にはニューヨークのマンハッタン音楽院で「新しい表現への試み」と題したマスター・クラスを行った他、2000年にはアジア・ツアーを成功させるなど、彼女の重要なライフ・ワークになっている。03年からは、「音楽の世界で心ゆくまで遊んで欲しい」と、名称を「仲道郁代のゴメン!遊ばせクラシック」と変更、05年度に10年目を迎え一旦終了したが、08年3月には、兵庫県立芸術文化センター制作作品「4×4」に参加し、再び演劇と音楽の自由な舞台が話題を呼んだ。
 2000年秋には「子供たちに音楽との素敵な出会いをプレゼントしたい」との意志から、「絵とお話とピアノでつづる“星のどうぶつたち”」、04年からは第2弾「ピアノとスライドでつづる動物たちの詩“光のこどもたち”」、11年からは第3弾「不思議ボール」というスライドを使用したミニ・コンサートをスタートさせ、その温かいピアノと語り口が各地で注目を浴びている。「ピアニストとして、一人の人間として、できることから少しずつ・・」と病院でのコンサートやチャリティーコンサートにも取り組み、2002年及び2006年には、毎日新聞主催「小児がん征圧キャンペーン」に出演した。また、各地の学校を訪問し、土地柄や子供たちの個性に合わせた多様なワークショップや鑑賞教室を行うアウトリーチ活動にも注力している。ホール主催者とともにコンサートの企画段階から携わって魅力的なコンサートを作り上げ、多様な取り組みを行なう豊かな人間性が、ますます多くのファンを魅了している。

 レコーディングはSony Music Japan International と専属契約を結び、クラシック音楽としてはこれまでにないヒットを記録したアルバムなど多数のCDをリリースしている。ベードーヴェン ピアノ・ソナタ第30.31.32番は、2007年度第45回レコード・アカデミー賞(器楽曲部門)を受賞した。
 2013年9月には、「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」に続く大きな企画として、「モーツァルト:ソナタ全集」をリリース。2013年11月号「レコード芸術」で特選盤に選ばれ、「現代のピアノによるモーツァルトの決定盤」と評された。

 著作には『ステージの光の中から』(音楽之友社刊)、編著には、『CDでわかるピアノの名器と名曲』、『ショパン 鍵盤のミステリー』、『ベートーヴェン 鍵盤の宇宙』(ナツメ社刊)等がある。テレビ番組、新聞、雑誌、ラジオなどメディアへの出演も多く、音楽の素晴らしさを広く深く伝える姿勢は多くの共感を集めている。
 2003年からは、地域社会の活性化と音楽文化の発展を目指し、大阪音楽大学特任教授、一般財団法人地域創造理事を務め、2012年からは桐朋学園大学教授としても積極的に活動している。

(2014年2月現在)

仲道郁代オフィシャル・ホームページ
http://www.ikuyo-nakamichi.com
プロフィールにはホームページアドレスを記載していただきますよう、お願い申し上げます。

※プロフィールの一部を使用する場合、日数が経過している場合は、ジャパン・アーツの校正チェックをお受け頂きますようお願い申し上げます。

〒150-8905 東京都渋谷区渋谷2-1-6
株式会社ジャパン・アーツ 担当:肥後、寺沢、野崎
TEL:03-3499-8100 FAX:03-3499-8102