プロジェクト「i

進行中

不思議ボール

ピアノとスライドが謎を解く不思議ボールの正体を!不思議ボール

<あらすじ>

拾ってしまった!

不思議ボール

野球をするには大きくて、サッカーするには小さいぞ。

不思議ボール

なのに、みんな欲しがる不思議ボール。
守れ、かくせ。
ぼくたちは夜の学校にしのびこんだ…。

すると不思議ボールが!!

不思議ボール
<プログラム>

絵と、おはなしと、ピアノでつづる“不思議ボール”
そして ピアノの名曲を集めたミニ・コンサート

“不思議ボール”
田中カレン:こどものためのピアノ曲集「地球」より

  • モーツァルト:きらきら星変奏曲
  • ドビュッシー:ゴリウォーグのケークウォーク
  • ショパン:エオリアン・ハープ
  • ショパン:レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ
  • ショパン:英雄ポロネーズ
不思議ボール会場の様子
<出演>

仲道郁代(なかみち いくよ)

4歳からピアノをはじめる。
あたたかい音色、豊かな音楽性が評価され、人気、実力ともに日本を代表するピアニストとして活躍中。
国内外のオーケストラとの共演の他、近年は、ショパン、モーツァルト、ベートーヴェンなどの各シリーズ企画、毎年恒例となったサントリーホールでのコンサートなどが好評を得ている。
レコーディングは、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルと専属契約を結び、多数のCDをリリース。
テレビ番組、新聞、雑誌、ラジオなどメディアへの出演も多く、音楽の素晴らしさを広く深く伝える姿勢は多くの共感を集めている。

仲道郁代

<制作スタッフ>

作・演出:内藤裕敬/南河内万歳一座(ないとう ひろのり/みなみかわちばんざいいちざ)

劇作家・演出家。劇団「南河内万歳一座」座長。
2000年『ここからは遠い国』で読売演劇大賞・優秀演出家賞受賞。
http://www.banzai1za.jp/

絵:長谷川義史(はせがわ よしふみ)

絵本作家。「おたまさんのおかいさん」、「かあちゃんかいじゅう」、
「ぼくがラーメンたべてるとき」、「いいからいいから3」で多くの賞を受賞。
http://www.eonet.ne.jp/~mousebbb/hasegawahp/

作曲:田中カレン(たなか かれん)

オランダのガウデアムス作曲賞をはじめ、数多くのコンクールに入賞。
カリフォルニア芸術大学教授。子どものためのピアノ曲集として
「星のどうぶつたち」、「光のこどもたち」がある。

映像デザイン:飯作直哉(いいさく なおや)

映像プロデューサー。株式会社logfilm所属。
CM-MV-TVなど幅広い映像を手がけている。

<メッセージ>

絵と、おはなしと、ピアノでつづる“不思議ボール”にご注目いただき、ありがとうございます。

「不思議ボール」・・・なんて名前のコンサート!これは、一体何なんだ!
と、思われることでしょう。
ある日見つけたボール。それは、何をするものなのか。どんなものなのか・・・と思っていると、コロコロ転がっていきます。それを、追いかけていくと・・・。
正体のわからない不思議なボールを追いかけながら、皆さんに“音”の世界に入っていただけたら嬉しいです。
もともと“音”って、見えませんし、触ることもできません。一体何なのでしょう?
想像することの楽しみが、音を聴く楽しみなのでしょうね。

このコンサートは、普通のクラシック音楽のコンサートでは入場できない未就学児、3歳以上の子どもたちから聴いてもらうことができます。
しかし、このプログラムは子どもたちだけのものではありません。
第一部「不思議ボール」では、大人の皆さんにも、ワクワク胸を躍らせたり、しっとり聴き入り心の中を旅したり、さまざまな気持ちを、ピアノの音色と映像、そして物語とともに味わっていただければと思います。
第二部では、ピアノの名曲を、そのヒミツをお話しながら演奏します。
柔らかな耳で楽しむことができる・・・そんなコンサートです。

どうぞひととき、皆さまで、この不思議で素敵な“音”の世界を楽しんでいただけましたら・・幸いです。