ディスコグラフィ

 

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集[5] 第12番「葬送」・第13番「幻想」・第14番「月光」

Beethoven: Complete Piano Sonatas Vol. 5-Piano Sonatas No. 12, No. 13 & No. 14 “Moonlight”

■収録曲目
ベートーヴェン
1.ピアノ・ソナタ第12番変イ長調Op.26「葬送」
2.ピアノ・ソナタ第13番変ホ長調Op.27-1「幻想」
3.ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調Op.27-2「月光」
創作主題(トルコ行進曲)の主題による変奏曲 ニ長調Op.76

仲道郁代(ピアノ)

■録音:2003年12月9日~13日(第12番~第14番)、2004年12月15日~19日(変奏曲)、彩の国さいたま芸術劇場、音楽ホール

■レーベル:RCA Red Seal

■品番:BVCC-34103

■定価:¥2,400+税

■発売日:2005年03月09日

■発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

仲道郁代による「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」の第5弾は、名曲「月光」「葬送」「幻想」という作曲者壮年期の力作ソナタ3曲。いずれも1800年から翌1801年にかけて作曲されたもので、いずれもソナタ=アレグロ楽章を欠いた(あるいは表立たない)構成となっています。「葬送」ではアンダンテ変奏曲が、「幻想」ではアンダンテ楽章が、「月光」では無窮動のように展開されるアダージョ・ソステヌートの前奏曲風な楽章が、というように、緩やかなテンポの楽章が冒頭に置かれているのが特徴。これら3曲で、30歳のベートーヴェンが「ピアノ・ソナタ」という作品概念に持ちこんだ革新的要素が明らかにされます。仲道は、これまでの5枚と同様に、細部まで緻密な配慮を行き渡らせて構成感を明確に提示しつつ、作品にこめられた深い抒情を汲み尽しています。