ディスコグラフィ

 

ピアニストはおもしろい

■定価:¥2,000+税

■発売日:2015年02月13日

■発売元:春秋社 ※2017年4月5日 第7刷が決定しました!

GOING MY WAY (わがみちいくよ)

ピアニストになるまでの凸凹道。
子育てとピアノとの“一日三日間”生活。
探偵的、音楽探しの日々…。
子連れピアニストの舞台裏を大公開!


【目次】
第一章 ピアノの子[日本編]
第二章 ピアノの子[アメリカ編]
第三章 ピアノの子[ドイツ編]
第四章 子連れピアニストがゆく
第五章 ピアニストと賢者の意思
第六章 社会の中のピアニスト
第七章 ピアニストという生物がいる
第八章 いつも心にピアノ


~この世でいちばん素敵なもの、それはピアノの音~

なぜ、弾くのをやめたくならなかったのか。共通して感じてきたことは、ピアノの音が神聖な、甘酸っぱいような、胸がキュンとなる何かをもたらすものだとうこと。言葉にできない不思議な感覚を与えてくれるということ。ピアノの音と向き合っていると、朝早く神社にいるようなそんな神聖ですがすがしい感覚を持つことができたから……(本文より)